体調変化の見極め方

今回は、高齢者の体調変化に対してどのようなケアが適切かをご紹介します。

監修:岡田 真見
大王製紙株式会社
介護福祉士/認知症サポーター

岡田 真見

介護関連情報については、DRUGユタカの従業員へご相談下さい。

高齢者は体調が変化しやすい

高齢者は、身体の機能低下により日常生活の中でも体調を崩しやすくなります。しかしそれは自覚しにくく、病気を見逃して重症化する場合もあるため、体調を慎重に観察して早く変化に気づくことが大切です。

季節の変わり目には注意!

高齢になると、気温に合わせて血圧や心拍を調整したり、汗をかいて体温をコントロールする「自律神経」の働きが不安定になります。寒暖差が激しい時期はさらに体温調節がうまくできなくなり、体に不調が現れやすくなります。

自律神経の乱れで起こる症状

食欲不振・微熱・倦怠感・不眠・便秘・憂うつ・無気力など、さまざまな症状があらわれます。中でも、体温調節ができなくなることにより、熱中症や低体温症を引き起こしたり、ウイルス性の感染症にかかりやすくなるので、注意して下さい。

注意したい変化と対処法

●食欲

食欲不振が続くと脱水を起こしやすくなります。少しでも食べられるよう、食事の回数や内容を工夫して下さい。

高齢者は栄養バランスよりも脱水対策の方が重要になるため、アイスクリームやジュース、ゼリーなど、食べたいと感じるものを与えることをおススメします。

●体温

普段から定期的に体温を測りましょう。発熱したら解熱剤などを使用する前に医療機関に相談して下さい。

体温の計測は、体温が比較的低くなる起床後、高くなる食後や入浴後は避けましょう。平熱より1℃以上高い場合は「発熱」と考えて、他の症状がないか確認して下さい。

●皮膚

湿疹・傷・かゆみ・痛み・乾燥など、肌の状態を観察し、常に清潔に保ちましょう。

異常を見つけた場合は、熱いお湯での入浴を避けたり、肌着を綿100%のものに変えるなど、肌にストレスを与えないようにしましょう。肌トラブルがあった箇所は、その大きさや深さ、出血や滲出液、臭いの有無などをメモしておき、医師に相談して下さい。

●便・尿

回数や量の変化、血液の混入などに注意し、下痢や便秘が続く場合は医療機関に相談して下さい。

自宅で簡単に尿検査ができるアイテムもあります。尿中の成分を検査することで、体の変化や異常をチェックできるので、健康管理や医療機関への相談に役立ちます。


この記事を読んだ方におススメ

冬の血圧管理について

今回は、寒い時期に注意が必要な血圧について、その危険性や気をつけたいポイ…

2020.12.26  介護情報

高齢者の肌トラブルをケアしよう

今回は、今の季節に起こりやすい乾燥・かゆみなどの肌トラブルをケアする方法…

2018.12.26  介護情報

介護にいくらお金が必要なのか

もし介護が必要になったら、どれだけのお金が必要になるのでしょうか?気にな…

2019.3.1  介護情報

高齢者の脱水症について

高齢者の脱水症は、生命に危険を及ぼす可能性があるので、十分な注意が必要で…

2020.6.26  介護情報

介護に関わる皆様を応援!
介護保険制度…

介護保険は、介護が必要になった際にサポートしてくれる心強い存在です。いざ…

2018.10.1  介護情報

Ranking

介護情報

2018.8.26  介護情報

蓄膿ちくのう<…

「風邪が長引いているのか、鼻づまりがなかなか治らない」、「睡眠時に鼻がつ…

2018.2.26  健康と美容

ストレスと胃痛について

通常、消化に必要な「胃酸」と、胃粘膜を守る「胃粘液」の分泌量はバランスよ…

2018.3.26  健康と美容

女性の健康について
女性ホルモンとPM…

生理前になると、イライラ・肌荒れ・便秘など、心や体に不調があらわれません…

2017.2.26  健康と美容

汗疱状湿疹について

春先から夏にかけて、手のひらや足の裏、手足の指の側面に、かゆみを伴う水疱…

2020.4.26  健康と美容

皮膚掻痒そうよう

皮膚に赤みや湿疹などの症状はみられないのに、かゆみだけが起きる皮膚の病気…

2017.1.26  健康と美容

Category

Keyword Search

Service

LINE
公式アプリ