蓄膿ちくのう症について

「風邪が長引いているのか、鼻づまりがなかなか治らない」、「睡眠時に鼻がつまって呼吸がしづらい」、「ドロッとした鼻水が出る」、そんな症状が続くのは、蓄膿症かもしれません。蓄膿症は、風邪やアレルギー性鼻炎とも間違いやすい紛らわしい症状ですが、一体どのような病気なのでしょうか。

蓄膿症とは?

蓄膿症とは、「慢性副鼻腔炎ふくびくうえん」のことです。副鼻腔に膿がたまることが原因で、鼻がつまったり、イヤなニオイがしたりといった不快な症状が起こる病気です。副鼻腔炎は、ほとんどの場合「急性鼻炎(鼻かぜと呼ばれるもの)」が長引くことで起こります。細菌やウイルスによって副鼻腔の粘膜に炎症が起こると、細菌などを鼻水と一緒に体外へ排出する力が弱まり、副鼻腔に膿がたまってしまいます。そして、副鼻腔にたまった鼻水・膿や細菌などが、副鼻腔の粘膜を傷つけ炎症を起こします。それが原因となって、さらに病原体も増え、炎症が治りにくくなる悪循環に陥ってしまうのです。

副鼻腔

蓄膿症の主な症状

鼻がつまって息苦しい

鼻の粘膜の腫れが続くと、ひどい鼻づまりになり、口呼吸をするようになります。

ドロっとした黄色い鼻水が出る

粘度のある黄色~黄緑色の鼻水が特徴。鼻水がのどの方に流れ不快に感じることもあります。

鼻や口からイヤなニオイがする

膿によるニオイと、鼻づまりによって口呼吸になることが原因で口臭を感じることがあります。

頭痛・頭重感がある

頭がぼーっとして集中力が低下したり、疲れやすくなったりと日常生活に支障をきたすこともあります。

蓄膿症のきっかけ

1.風邪

風邪の症状が長引くことで、鼻の粘膜が腫れて分泌物が体外へ出にくくなり、副鼻腔に膿や菌がたまりやすくなります。

2.カビ

体の抵抗力が弱っていると、カビに感染しやすくなり、副鼻腔に菌が増殖して、炎症の原因になります。

3.虫歯

副鼻腔の頬の左右にある空洞と歯の根元が近くにあるため、歯の炎症が副鼻腔に移りやすくなります。

アレルギー性鼻炎との違い

蓄膿症とアレルギー性鼻炎との1番の違いは、鼻水の粘性です。蓄膿症の鼻水はドロッとしていますが、アレルギー性鼻炎の鼻水はサラッとしています。さらにアレルギー性鼻炎では、くしゃみ・鼻水・鼻づまりの症状に加えて、目・のどのかゆみなど、鼻以外の症状がみられます。「蓄膿症かも」と思ったら、まずは鼻うがいで鼻の中を洗浄したり、市販の点鼻薬や内服薬で対処することが効果的です。それでも症状が改善されない場合は、早めに耳鼻科を受診しましょう。

この記事を読んだ方におススメ

しっかり予防と対策を
気をつけよう…

気温が上がるにつれて熱中症になる人が増えていきます。日頃から意識をして、…

2019.6.26  健康と美容

運動中のケガを予防しよう

冬に運動不足だった人が、春になって急に体を動かすと、ケガをしてしまうこと…

2019.3.26  健康と美容

脂肪つかみマッサージでサイズダウン!

そろそろ肌の露出が気になる季節。お風呂上がりのマッサージで、スッキリとし…

2018.3.26  健康と美容

汗ばむ夏の困りごと!
体のニオイを…

汗をかきやすい夏は「体臭が心配」という人も多いはず。すぐに実践できる体の…

2019.7.26  健康と美容

痛風について

突然、足の親指の付け根が赤く腫れて猛烈な痛みに襲われたことはありませんか…

2019.4.26  健康と美容

Ranking

介護情報

2018.8.26  介護情報

蓄膿ちくのう<…

「風邪が長引いているのか、鼻づまりがなかなか治らない」、「睡眠時に鼻がつ…

2018.2.26  健康と美容

ストレスと胃痛について

通常、消化に必要な「胃酸」と、胃粘膜を守る「胃粘液」の分泌量はバランスよ…

2018.3.26  健康と美容

女性の健康について
女性ホルモンとPM…

生理前になると、イライラ・肌荒れ・便秘など、心や体に不調があらわれません…

2017.2.26  健康と美容

2~3月は花粉飛散のピークです!
つら…

花粉症のピークは春だと思っている方は多いと思いますが、実はスギ花粉の飛散…

2017.1.26  健康と美容

皮膚掻痒そうよう

皮膚に赤みや湿疹などの症状はみられないのに、かゆみだけが起きる皮膚の病気…

2017.1.26  健康と美容

Category

Keyword Search

Service

LINE@
公式アプリ