高齢者の脱水症について

高齢者の脱水症は、生命に危険を及ぼす可能性があるので、十分な注意が必要です。

監修:岡田 真見
大王製紙株式会社
介護福祉士/認知症サポーター

岡田 真見

介護関連情報については、DRUGユタカの従業員へご相談下さい。

「隠れ脱水」に注意

高齢者は体内の水分量が少なく脱水症になりやすいため、早めの予防が重要です。脱水症の一歩手前の状態を「隠れ脱水」といい、本人も周囲も気付かないうちに重症化して命にかかわることもあります。

脱水症のサインと確認方法

●サイン

  • 唇が乾燥している
  • 脇の下が乾燥している
  • 指先が冷たい
  • 便秘・下痢になる
  • 食欲がない

など

●確認方法

手の甲を指先でつまんで、つまんだ跡が消えるまでに3秒以上かかると、隠れ脱水の可能性があります。

脱水状態になると皮膚の水分が少なくなり、弾力性がなくなるためです。

手の親指の爪を押す→離して赤みが戻るまでに3秒以上かかると、隠れ脱水の可能性があります。

脱水状態のときには血流が悪く、赤みが戻るのに時間がかかります。

脱水症を予防する環境づくり

●快適な室内温度・湿度を保つ

夏場は、室内を温度24~28℃、湿度45~55%を目安に調整しましょう。扇風機やサーキュレーターで空気を循環させると、体感温度が2~3℃下がり、さらに快適に過ごせます。

●飲み物はすぐ手が届く場所に

いつでも水や麦茶などの飲み物が飲める状態にしておき、こまめな水分補給を心がけて下さい。起床時や就寝前など、1日のうちで水分を摂るタイミングを習慣づけることも大切です。

1日に必要な水分量の目安

水・お茶以外での水分補給について

水や麦茶がなかなか飲めない高齢者の方には、好みの飲み物を用意しましょう。またフルーツやゼリーでも水分補給が可能です。味噌汁は、水分と塩分が摂取でき、熱中症予防にも最適です。


この記事を読んだ方におススメ

介護保険サービスを利用するには?

介護保険では、要介護度に応じて受けられるサービスが決まっています。また、…

2018.11.1  介護情報

上手な清拭せいしき

今回は、入浴ができないときに体を拭いて清潔を保つ「清拭」のポイントについ…

2019.2.26  介護情報

家族が認知症になったら

認知症の症状は、性格・環境・体験などが絡み合って現れる場合が多いといわれ…

2019.8.1  介護情報

脱水症の予防と対処法

今回は、高齢者が脱水症になりやすい理由や早期発見のポイント、予防法などを…

2019.6.26  介護情報

秋も食中毒に注意!

今回は、下痢や嘔吐おうと、発熱を引き起こし、重症化の危険もある食中毒の予…

2019.8.26  介護情報

Ranking

介護情報

2018.8.26  介護情報

蓄膿ちくのう<…

「風邪が長引いているのか、鼻づまりがなかなか治らない」、「睡眠時に鼻がつ…

2018.2.26  健康と美容

ストレスと胃痛について

通常、消化に必要な「胃酸」と、胃粘膜を守る「胃粘液」の分泌量はバランスよ…

2018.3.26  健康と美容

女性の健康について
女性ホルモンとPM…

生理前になると、イライラ・肌荒れ・便秘など、心や体に不調があらわれません…

2017.2.26  健康と美容

汗疱状湿疹について

春先から夏にかけて、手のひらや足の裏、手足の指の側面に、かゆみを伴う水疱…

2020.4.26  健康と美容

皮膚掻痒そうよう

皮膚に赤みや湿疹などの症状はみられないのに、かゆみだけが起きる皮膚の病気…

2017.1.26  健康と美容

Category

Keyword Search

Service

LINE
公式アプリ