冬の血圧管理について

今回は、寒い時期に注意が必要な血圧について、その危険性や気をつけたいポイントなどをご紹介します。

監修:岡田 真見
大王製紙株式会社
介護福祉士/認知症サポーター

岡田 真見

介護関連情報については、DRUGユタカの従業員へご相談下さい。

冬は血圧が上がりやすい

寒くなると体温を逃がさないよう血管が収縮して細くなり、血流が悪くなります。すると、血液を送るのに大きな力が必要となり、血圧が上がります。また、食事での塩分の摂りすぎも高血圧につながります。

とくに「モーニングサージ」に注意!

冬の朝はとくに血圧が上がりやすく、目覚める前後に起こる急激な血圧上昇を「モーニングサージ」といいます。昼間は血圧が安定していても、朝に心筋梗塞や脳卒中などを引き起こすこともあるため、注意が必要です。また、朝風呂は避けるようにしましょう。

高血圧が引き起こす病気

●脳

脳の血管が詰まる脳梗塞、血管が破れて出血する脳出血・くも膜下出血などのリスクがあります。

●心臓

心臓の冠動脈の血流が悪化する狭心症・心筋梗塞などにつながります。

●腎臓

血液をろ過して老廃物を取り除く機能が低下する腎不全になり、悪化すると人工透析が必要になります。

日常でできる高血圧予防

●毎日血圧を測定する

高血圧は自覚症状がなく進行します。毎日起床後と就寝前の2回、血圧測定を習慣にしましょう。

<血圧測定のポイント>

  • 朝、起床して1時間以内、食事を食べる前・トイレを済ませた後に測りましょう。
  • 夜の測定は、入浴や飲酒の後を避けましょう。
  • 家庭での測定では、上が135mmHg、下が85mmHgを高血圧の基準にしましょう。
    できれば2~3回測定し、平均値で判断するのが理想です。

●体を温める

体温が下がると血圧が上がるので、朝起きたら1杯の白湯を飲む・上着を羽織るなど、体を冷やさない工夫が大切です。

●ヒートショックを防ぐ

入浴時の急な温度変化を防ぐため、浴室や脱衣所に暖房を入れて温度差をなくしましょう。

※浴室の中に暖房を入れることが難しい場合は、熱いシャワーを浴室内にかけ、温かい蒸気で満たしてから入りましょう。

●ぬるめのお湯で

お風呂のお湯は40度を目安にし、かけ湯をした後、5~10分で出るようにしましょう。

※肩までお湯に浸かると水圧が心臓に負担を与えるため、半身浴がおススメです。食後や飲酒後すぐに入浴するのは避け、またお風呂上がりには水分補給をして下さい。


この記事を読んだ方におススメ

冬の血圧管理について

今回は、寒い時期に注意が必要な血圧について、その危険性や気をつけたいポイ…

2020.12.26  介護情報

便秘の予防と解消法

今回は、高齢者の便秘を防ぐポイントや、自然な排便を促す方法をご紹介します…

2019.10.26  介護情報

介護保険サービスを利用するには?

介護保険では、要介護度に応じて受けられるサービスが決まっています。また、…

2018.11.1  介護情報

秋も食中毒に注意!

今回は、下痢や嘔吐おうと、発熱を引き起こし、重症化の危険もある食中毒の予…

2019.8.26  介護情報

介護に関わる皆様を応援!
介護食の種類…

高齢になると、かむ力・飲み込む力が徐々に衰えてきます。体の状態に合わせた…

2018.8.26  介護情報

Ranking

介護情報

2018.8.26  介護情報

蓄膿ちくのう<…

「風邪が長引いているのか、鼻づまりがなかなか治らない」、「睡眠時に鼻がつ…

2018.2.26  健康と美容

ストレスと胃痛について

通常、消化に必要な「胃酸」と、胃粘膜を守る「胃粘液」の分泌量はバランスよ…

2018.3.26  健康と美容

女性の健康について
女性ホルモンとPM…

生理前になると、イライラ・肌荒れ・便秘など、心や体に不調があらわれません…

2017.2.26  健康と美容

皮膚掻痒そうよう

皮膚に赤みや湿疹などの症状はみられないのに、かゆみだけが起きる皮膚の病気…

2017.1.26  健康と美容

2~3月は花粉飛散のピークです!
つら…

花粉症のピークは春だと思っている方は多いと思いますが、実はスギ花粉の飛散…

2017.1.26  健康と美容

Category

Keyword Search

Service

LINE
公式アプリ