汗疱状湿疹について

春先から夏にかけて、手のひらや足の裏、手足の指の側面に、かゆみを伴う水疱(水ぶくれ)ができたことはありませんか?水虫に似た症状ですが、実は汗が原因で発症する「汗疱かんぽう」かもしれません。そして水疱が破れて皮膚が炎症を起こすと「汗疱状湿疹かんぽうじょうしっしん」という病気になります。

汗疱状湿疹ってどんな病気?

汗を多量にかくと汗腺が詰まり、出口をふさがれます。分泌されず皮膚内にたまった汗が炎症を起こし、水疱ができるのです。さらにそれが破れて炎症を起こすことで激しいかゆみや痛みが生じます。多汗症や金属アレルギーの人によくみられる病気ですが、ストレスや自律神経の失調も関係しているといわれています。水虫のように菌による病気ではないので、他人に感染する心配はありません。

どうやって治療するの?

有効な治療法は見つかっていませんが、患部をかきむしるとかゆみがますます激しくなるため、早めに皮膚科を受診しましょう。ステロイド外用剤で症状を改善しながら、角質層を整えるためにローションやクリームで保湿していきます。かゆみが強い場合は、抗アレルギー薬が処方されることもあります。

水虫と勘違いして水虫用の市販薬を使い、症状が悪化するケースがあるので注意が必要です!

汗疱状湿疹の予防法は?

  • こまめに手足の汗を拭きとり、清潔に保ちましょう。
  • シャンプーや洗剤はノンシリコンタイプや天然由来の洗浄成分を使用したものを選びましょう。
  • 水仕事をするときはゴム手袋をつけましょう。
  • 刺激物や油分・糖分の摂取を控えましょう。

手汗を抑制する「小指湿布」

両手の小指に冷感タイプのパップ剤を貼ることで、緊張性の手汗を抑える効果があります。

「イッチ・スクラッチサイクル」に注意!

この悪循環でどんどん皮膚の炎症が進み、皮膚のダメージが大きくなることを 「イッチ・スクラッチサイクル」 といいます。このような状態になると治るまでの時間も長引くため、肌の保湿や保護など日頃からこまめに肌ケアすることが大切です。

この記事を読んだ方におススメ

しっかり予防と対策を
気をつけよう…

気温が上がるにつれて熱中症になる人が増えていきます。日頃から意識をして、…

2019.6.26  健康と美容

レジャーの季節に備えて
夏のケガ・…

これからの季節は海や山へおでかけする機会も増えると思います。楽しい計画と…

2018.6.26  健康と美容

自己流は肌トラブルのもと!?
日焼…

日焼け止めを正しく使用して、日焼け知らずの白肌を目指しましょう。 紫外線…

2017.3.26  健康と美容

スポーツの秋に覚えておきたい!
筋…

慣れない運動の後で起こる筋肉痛。今回は、誰でも一度は経験のある筋肉痛の原…

2020.8.26  健康と美容

1年健康に過ごしましょう!
新年か…

毎日の運動・睡眠・食事は健康な体づくりの基本です。新年の始まりとともに、…

2018.12.26  健康と美容

.

Ranking

介護情報

2018.8.26  介護情報

蓄膿ちくのう<…

「風邪が長引いているのか、鼻づまりがなかなか治らない」、「睡眠時に鼻がつ…

2018.2.26  健康と美容

ストレスと胃痛について

通常、消化に必要な「胃酸」と、胃粘膜を守る「胃粘液」の分泌量はバランスよ…

2018.3.26  健康と美容

女性の健康について
女性ホルモンとPM…

生理前になると、イライラ・肌荒れ・便秘など、心や体に不調があらわれません…

2017.2.26  健康と美容

汗疱状湿疹について

春先から夏にかけて、手のひらや足の裏、手足の指の側面に、かゆみを伴う水疱…

2020.4.26  健康と美容

皮膚掻痒そうよう

皮膚に赤みや湿疹などの症状はみられないのに、かゆみだけが起きる皮膚の病気…

2017.1.26  健康と美容

Category

Keyword Search

Service

LINE
公式アプリ