細菌性食中毒の潜伏期間について

食中毒の原因には、細菌からウイルス・化学物質・自然毒と、様々なものがあります。今回は、夏場に多く発生する「細菌性食中毒」の原因菌の種類と潜伏期間についてご説明します。食中毒を疑われた際、思い当たる食材と潜伏期間を覚えておくと、早めの対処が可能となり、感染拡大を防ぐことができます。

細菌性食中毒にはどんな種類があるの?

細菌性食中毒には「感染型」「毒素型」があります。

感染型

食中毒菌に汚染された食品を摂取し、さらにそれらが体内で増殖することで発症します。特に魚介類や食肉、鶏卵などの生食は要注意です。代表的な菌に、ウェルシュ菌・腸炎ビブリオ菌・カンピロバクター菌などがあります。

感染型

毒素型

食品内で細菌が産生した毒素を摂取することで発症します。加熱殺菌・低温保存等で毒素の繁殖を防ぐことが重要ですが、食品を加熱しても、熱に強い毒素が食品内に残ると食中毒が起こります。代表的な菌に、セレウス菌・黄色ブドウ球菌などがあります。

毒素型

食中毒は食べてから何時間で発症するの?

「感染型」の場合は、菌の種類により、数時間~1週間程度と、潜伏期間にかなり差があります。

※表を右にスライドしてください

菌の種類 特 徴 潜伏期間
ウェルシュ菌 作り置きカレー等の加熱不足で感染。 6〜18時間
腸炎ビブリオ菌 主に刺身などの魚介類から感染。 10〜20時間
カンピロバクター菌 鶏肉の生食や加熱不足で感染。 1〜7日間
腸管出血性大腸菌
(O157など)
出血をともなう下痢があり、時に重症化による死亡例がある。 3〜9日間

「毒素型」の場合は、体内で菌が増殖していく「感染型」よりも早く発症する傾向があります。

※表を右にスライドしてください

菌の種類 特 徴 潜伏期間
セレウス菌 パスタ類、食肉を使ったスープ類などから感染。 30分〜6時間
黄色ブドウ球菌 作り置きのおにぎりやサンドイッチ、弁当が発生源になることが多い。 2〜4時間
ボツリヌス菌 食肉・魚肉・発酵食品の他、缶詰やレトルト食品から感染することも多い。 4〜36時間

ご家庭で食中毒を出さないために

細菌性食中毒は、原因菌の増殖を防ぐ心がけ次第で、予防が可能です。食中毒菌はあらゆる場所に存在するため、ご家庭では、手洗いの徹底、食品の適切な管理と十分な加熱、リスクのある生食は避ける等を十分心がけて、食中毒を予防しましょう。

この記事を読んだ方におススメ

ヘルペスについて

口・唇・皮膚・性器などに違和感やかゆみを感じる…。それは、ヘルペスによる…

2021.1.26  健康と美容

寒い季節は悪化に注意!
肩こり解消…

肩こりは冷える時期に多い体の悩みのひとつ。正しい姿勢や簡単ストレッチで、…

2020.1.26  健康と美容

筋トレで美尻をゲット!

お尻の筋肉を鍛えるメリットはヒップアップだけではありません。実はスポーツ…

2019.8.26  健康と美容

毛孔性苔癬もうこうせ…

二の腕や背中などにできたブツブツ・ザラザラが気になる…と感じたことはあり…

2021.2.26  健康と美容

アルコール依存症について

アルコール依存症とは、お酒の飲み方(飲む量、飲むタイミング、飲む状況)を…

2016.11.26  健康と美容

.

Ranking

介護情報

2018.8.26  介護情報

蓄膿ちくのう<…

「風邪が長引いているのか、鼻づまりがなかなか治らない」、「睡眠時に鼻がつ…

2018.2.26  健康と美容

ストレスと胃痛について

通常、消化に必要な「胃酸」と、胃粘膜を守る「胃粘液」の分泌量はバランスよ…

2018.3.26  健康と美容

女性の健康について
女性ホルモンとPM…

生理前になると、イライラ・肌荒れ・便秘など、心や体に不調があらわれません…

2017.2.26  健康と美容

汗疱状湿疹について

春先から夏にかけて、手のひらや足の裏、手足の指の側面に、かゆみを伴う水疱…

2020.4.26  健康と美容

皮膚掻痒そうよう

皮膚に赤みや湿疹などの症状はみられないのに、かゆみだけが起きる皮膚の病気…

2017.1.26  健康と美容

Category

Keyword Search

Service

LINE
公式アプリ