11月8日は「いい歯」の日
正しいオーラルケアのポイント

お口の健康を保つには毎日のケアが欠かせません。自分に合ったアイテムや磨き方のポイントを知り、毎日の習慣にしましょう。

ブラッシングのポイント

磨き残しやすいところに注意!

1本1本意識して、ていねいに磨きましょう。歯ブラシが届きにくいところは磨き残しやすいので、注意して下さい。

歯と歯の間

歯と歯肉の境目

奥歯のみぞ

就寝前は念入りに!

毎日2回以上は歯を磨きましょう。とくに就寝中は唾液の分泌が減り、細菌が繁殖しやすいので、時間をかけて磨いて下さい。

Point!

鏡で自分の口の中を見てみましょう。歯並びの悪いところや奥歯の奥、詰め物のすき間などは歯ブラシが届きにくいので、意識して磨くようにして下さい。

さまざまなオーラルケア用品

お口の状態や目的に合ったオーラルケア用品を使って、効果的な歯磨きをしましょう。

歯ブラシ

お口の大きさに合うヘッドを選びましょう。磨く力が弱いお年寄りやお子さまはかため、出血しやすい人は柔らかめがおススメです。

歯間ブラシ

歯の間にブラシを差し込み、往復させながら歯垢を絡め取ります。

デンタルフロス

ナイロンなどの繊維で、歯の間に溜まった歯垢を取り除きます。

液体歯みがき

口に含んで20~30秒ほどブクブクうがいをした後、歯を磨くと消臭や殺菌効果があります。

オーラルケア関連商品については、DRUGユタカの従業員へご相談下さい。

この記事を読んだ方におススメ

冬の手荒れにご注意!
ハンドケアで…

ハンドクリームの正しい選び方と使い方で、乾燥する冬に起こりがちな手肌のト…

2017.10.26  健康と美容

細菌性食中毒の潜伏期間について

食中毒の原因には、細菌からウイルス・化学物質・自然毒と、様々なものがあり…

2017.5.26  健康と美容

水虫について

水虫は白癬菌はくせんきんというカビの一種が、皮膚の角質層に寄生することに…

2018.5.26  健康と美容

蓄膿ちくのう

「風邪が長引いているのか、鼻づまりがなかなか治らない」、「睡眠時に鼻がつ…

2018.2.26  健康と美容

ロコモを予防しよう

ロコモとはロコモティブシンドロームの略です。骨や関節、筋肉など運動器の衰…

2019.2.26  健康と美容

Ranking

介護情報

2018.8.26  介護情報

蓄膿ちくのう<…

「風邪が長引いているのか、鼻づまりがなかなか治らない」、「睡眠時に鼻がつ…

2018.2.26  健康と美容

ストレスと胃痛について

通常、消化に必要な「胃酸」と、胃粘膜を守る「胃粘液」の分泌量はバランスよ…

2018.3.26  健康と美容

女性の健康について
女性ホルモンとPM…

生理前になると、イライラ・肌荒れ・便秘など、心や体に不調があらわれません…

2017.2.26  健康と美容

皮膚掻痒そうよう

皮膚に赤みや湿疹などの症状はみられないのに、かゆみだけが起きる皮膚の病気…

2017.1.26  健康と美容

2~3月は花粉飛散のピークです!
つら…

花粉症のピークは春だと思っている方は多いと思いますが、実はスギ花粉の飛散…

2017.1.26  健康と美容

Category

Keyword Search

Service

LINE@
公式アプリ