とろみ調整食材の上手な使い方

今回は、介護食の基本ともいえる「とろみ調整食材」の選び方や使い方のポイントについてご紹介します。

監修:岡田 真見
大王製紙株式会社
介護福祉士/認知症サポーター

岡田 真見

01 とろみ調整食品とは?

とろみ調整食品とは、飲み物や食べ物に加えることで適度なとろみをつけ、飲み込みやすくすることができる粉末状の食品です。ミキサー食が分離してしまうのをおさえたり、水にとろみをつけることで、薬を飲み込みやすくするといった利用方法もあります。

02 とろみ調整食品の
上手な使い方

とろみ調整食品は、飲み物などの種類によって、とろみがつくまでの時間が異なります。例えば、お茶や水などの混ざり物の少ない飲み物であれば、すぐにとろみがつきますが、みそ汁やスープ、ジュース・牛乳などはとろみがつくのに時間がかかる場合があります。また、とろみ調整食品の種類によっては10分ほど経ってから適度な硬さになるタイプもあるので、追加しすぎて硬くなりすぎないように注意しましょう。

<ダマになりにくい混ぜ方のポイント>

  • 小さい泡だて器や3~4本の箸を使う。
  • 30秒間しっかりかき混ぜること。
  • 流れをとめないように混ぜること。
  • 「縦・横」と切るように混ぜる。

03 とろみをつけるのは
片栗粉ではダメ?

片栗粉でもとろみを付けることはできますが、片栗粉は口の中に入れると、唾液のアミラーゼという酵素で分解されて、サラサラの状態に戻ってしまいます。介護食にとろみをつける場合は、とろみ調整食品を使いましょう。

嚥下体操で誤嚥予防!

嚥下体操は顔の運動を行い、嚥下を行いやすくするための体操です。誤飲は食べ始めに起こりやすいので、食べる前に嚥下運動を行うと効果があります。

  • 嚥下体操の前後に、深呼吸をしましょう。体操は無理のない範囲で行って下さい。
  • 嚥下体操の後は、「パ・ピ・プ・ペ・ポ」と声を出して発声練習をしましょう。

<頬の体操>

口を閉じたまま、頬を膨らませたりすぼめたりします。5秒×2セット繰り返します。

<舌の体操>

  1. 舌を思い切り前に突出したり、奥へ引っ込めたりします。5回繰り返します。

  2. 舌の先を左右いっぱいに動かします。5回繰り返します。

  3. 舌の先を上下に動かします。5回繰り返します。


この記事を読んだ方におススメ

便秘の予防と解消法

今回は、高齢者の便秘を防ぐポイントや、自然な排便を促す方法をご紹介します…

2019.10.26  介護情報

とろみ調整食材の上手な使い方

今回は、介護食の基本ともいえる「とろみ調整食材」の選び方や使い方のポイン…

2019.1.26  介護情報

家族が認知症になったら

認知症の症状は、性格・環境・体験などが絡み合って現れる場合が多いといわれ…

2019.8.1  介護情報

介護を応援!
口腔ケアで感染症を予防し…

今回は、高齢者の口腔ケアの方法とポイントについてご紹介します。正しいケア…

2018.11.26  介護情報

認知症による徘徊の対処法

今回は、認知症が引き起こす「徘徊」の原因とその対処法についてご紹介します…

2019.5.26  介護情報

Ranking

介護情報

2018.8.26  介護情報

蓄膿ちくのう<…

「風邪が長引いているのか、鼻づまりがなかなか治らない」、「睡眠時に鼻がつ…

2018.2.26  健康と美容

ストレスと胃痛について

通常、消化に必要な「胃酸」と、胃粘膜を守る「胃粘液」の分泌量はバランスよ…

2018.3.26  健康と美容

女性の健康について
女性ホルモンとPM…

生理前になると、イライラ・肌荒れ・便秘など、心や体に不調があらわれません…

2017.2.26  健康と美容

皮膚掻痒そうよう

皮膚に赤みや湿疹などの症状はみられないのに、かゆみだけが起きる皮膚の病気…

2017.1.26  健康と美容

2~3月は花粉飛散のピークです!
つら…

花粉症のピークは春だと思っている方は多いと思いますが、実はスギ花粉の飛散…

2017.1.26  健康と美容

Category

Keyword Search

Service

LINE@
公式アプリ