口腔ケアでお口を清潔に!

今回は、体の健康や生活の質に深く関わる口腔ケアの大切さやその方法をご紹介します。

監修:岡田 真見
大王製紙株式会社
介護福祉士/認知症サポーター

岡田 真見

介護関連情報については、DRUGユタカの従業員へご相談下さい。

口腔ケアの重要性

歳を重ねるにつれて唾液の分泌量が減り、口腔内の自浄作用が低下します。口腔ケアで口の中を清潔に保つことで、虫歯・歯周病・口腔内の菌による感染症や肺炎を防ぎ、「話す」「食べる」などの機能低下も予防できます。

<口腔と誤嚥性肺炎ごえんせいはいえんの密接な関係>

口腔内には、さまざまな細菌が付着しています。とくに歯周ポケットには、細菌の塊やプラークが溜まり、炎症を起こして歯周病を発症させます。歯周病菌が血液に入って体内へ運ばれると、誤嚥性肺炎の原因になります。
また体内や抵抗力が低下すると、口腔内の細菌が呼吸によって肺に運ばれ、誤嚥性肺炎にかかりやすくなるので、注意が必要です。

口腔ケアの方法

  • 歯みがき
    歯ブラシで歯を1本1本ていねいにブラッシングします。
  • うがい
    歯と歯の間を洗浄するように、口をブクブクと動かしましょう。
  • 口腔清拭
    専用のウェットティッシュやガーゼで口腔内の汚れを拭き取ります。

<入れ歯のお手入れ方法>

入れ歯はヌメリが出やすく細菌が溜まりやすいため、こまめに洗って清潔に保ちましょう。歯みがき粉を使う際は、入れ歯専用のものを使用しましょう。

  1. 口の中を傷つけないように、入れ歯を口の中から取り出す。
  2. 入れ歯についたヌメリや汚れを流水で洗う。
  3. 入れ歯用ブラシで細かい部分を磨く。
  4. 入れ歯の保管容器に水と入れ歯洗浄剤を入れ、入れ歯を浸す。
  5. 入れ歯洗浄剤とヌメリがとれるまで、流水を当てながらブラシで磨く。

口腔ケアグッズ(一例)

保湿剤

乾燥による細菌の増殖を防ぐため、
保湿ケアをします。

口腔ケアウェットティッシュ

ブラシや指に巻き付けて、
口腔内の汚れを拭き取ります。

スポンジブラシ

粘膜の上でスポンジ状のブラシを動かし、
汚れを除去します。

舌ブラシ

舌に溜まった舌苔ぜったい
除去します。

歯間ブラシ

歯の間にある歯垢を取り除きます。


この記事を読んだ方におススメ

高齢者の肌トラブルをケアしよう

今回は、今の季節に起こりやすい乾燥・かゆみなどの肌トラブルをケアする方法…

2018.12.26  介護情報

冬に気をつけたい感染症

今回は、冬に蔓延しやすい感染症に対して、注意したいポイントや予防法をご紹…

2020.10.26  介護情報

高齢者の脱水症について

高齢者の脱水症は、生命に危険を及ぼす可能性があるので、十分な注意が必要で…

2020.6.26  介護情報

睡眠に関する悩みについて

今回は、高齢者の3人に1人が悩みを抱えているといわれる、睡眠トラブルとそ…

2020.8.26  介護情報

介護を応援!
口腔ケアで感染症を予防し…

今回は、高齢者の口腔ケアの方法とポイントについてご紹介します。正しいケア…

2018.11.26  介護情報

Ranking

介護情報

2018.8.26  介護情報

蓄膿ちくのう<…

「風邪が長引いているのか、鼻づまりがなかなか治らない」、「睡眠時に鼻がつ…

2018.2.26  健康と美容

ストレスと胃痛について

通常、消化に必要な「胃酸」と、胃粘膜を守る「胃粘液」の分泌量はバランスよ…

2018.3.26  健康と美容

女性の健康について
女性ホルモンとPM…

生理前になると、イライラ・肌荒れ・便秘など、心や体に不調があらわれません…

2017.2.26  健康と美容

汗疱状湿疹について

春先から夏にかけて、手のひらや足の裏、手足の指の側面に、かゆみを伴う水疱…

2020.4.26  健康と美容

皮膚掻痒そうよう

皮膚に赤みや湿疹などの症状はみられないのに、かゆみだけが起きる皮膚の病気…

2017.1.26  健康と美容

Category

Keyword Search

Service

LINE
公式アプリ