栄養補助食品について

高齢者は食事量が減り、栄養状態が悪くなりがちです。そこで、今回は高齢者の上手な栄養の摂り方についてご紹介します。

監修:岡田 真見
大王製紙株式会社
介護福祉士/認知症サポーター

岡田 真見

介護関連商品については、DRUGユタカの従業員へご相談下さい。

高齢者と低栄養について

厚生労働省の調査によると、65歳以上の6人に1人は低栄養状態にあるといわれています。高齢になると、食事量が減る、噛む力が弱くなる、消化・吸収機能が弱くなるといったさまざまな理由で栄養状態が低下し、栄養不足から感染症や要介護状態になることも心配されています。

低栄養の症状

  • 体重減少
  • 骨格筋の筋肉量や筋力の低下
  • 元気がない
  • 風邪など感染症にかかりやすく、治りにくい
  • 傷や褥瘡(じょくそう:床ずれ)が治りにくい
  • 下半身や腹部がむくみやすい

!注意
食事量が減ると水分の摂取量も減るため、脱水症状がみられることもあります。

高齢者に不足しがちな栄養素は?

高齢者にとくに不足しがちなのは、エネルギー・たんぱく質・ビタミン・ミネラルです。これらは体を動かすために必要な栄養素ですが、毎日の食事から十分に摂れない場合は、栄養補助食品を活用することがおススメです。

栄養補助食品とは?

栄養補助食品は、食事がうまくとれない場合や不足している場合の「補助」的な役割を持っています。目的や用途に応じて種類が豊富にあり、味も飽きがこないように1つのゼリーで5~6種類の風味があるなど、工夫されています。

<栄養補助食品を活用しよう!>

  • 少量で高カロリーの流動食
  • 水分補給を目的とする水分補給ゼリー
  • デザート感覚で補給できるゼリー・プリン
  • ビタミン・ミネラルを強化した飲料
  • 食事に混ぜられる粉末タイプ

栄養補助食品の選び方

栄養補助食品は、ドラッグストアやスーパーなどで販売しています。ご自分で選ぶよりも、専門家のアドバイスをもとに、利用される方の体の状態などを伝えて、おススメの商品を選んでもらうとよいでしょう。

<低栄養を防ぐ食生活を目指そう!>

  • 食事は1日に3回、バランスよく摂りましょう。
  • 動物性たんぱく質を積極的に摂りましょう。
  • 野菜は多くの種類を食べましょう。加熱調理をすると摂取量を増やすことができます。
  • 食欲がないときは、おかずを先に食べてご飯を残すようにしましょう。
  • 味付けを工夫し、おいしく食べられるようにしましょう。
  • 食器や盛り付け方を変えてみましょう。
  • 和風・洋風・中華など、レパートリーを増やし飽きのこないようにしましょう。
  • 家族や友人と会食する機会を増やしましょう。
  • 噛む力を維持するため、歯科健診を定期的に受けましょう。

この記事を読んだ方におススメ

秋も食中毒に注意!

今回は、下痢や嘔吐おうと、発熱を引き起こし、重症化の危険もある食中毒の予…

2019.8.26  介護情報

とろみ調整食材の上手な使い方

今回は、介護食の基本ともいえる「とろみ調整食材」の選び方や使い方のポイン…

2019.1.26  介護情報

介護の税金控除について

介護において受けられる税金の控除には、「医療費控除」「障害者控除」「社会…

2019.2.1  介護情報

地域包括ケアシステムとは?

地域包括ケアシステムとは、高齢者が住み慣れた地域で自分らしい人生を全うで…

2019.4.1  介護情報

栄養補助食品について

高齢者は食事量が減り、栄養状態が悪くなりがちです。そこで、今回は高齢者の…

2019.3.26  介護情報

Ranking

介護情報

2018.8.26  介護情報

蓄膿ちくのう<…

「風邪が長引いているのか、鼻づまりがなかなか治らない」、「睡眠時に鼻がつ…

2018.2.26  健康と美容

ストレスと胃痛について

通常、消化に必要な「胃酸」と、胃粘膜を守る「胃粘液」の分泌量はバランスよ…

2018.3.26  健康と美容

女性の健康について
女性ホルモンとPM…

生理前になると、イライラ・肌荒れ・便秘など、心や体に不調があらわれません…

2017.2.26  健康と美容

皮膚掻痒そうよう

皮膚に赤みや湿疹などの症状はみられないのに、かゆみだけが起きる皮膚の病気…

2017.1.26  健康と美容

2~3月は花粉飛散のピークです!
つら…

花粉症のピークは春だと思っている方は多いと思いますが、実はスギ花粉の飛散…

2017.1.26  健康と美容

Category

Keyword Search

Service

LINE@
公式アプリ