介護保険で利用できるサービス

介護保険で利用できるサービスには、自宅に住みながら介護を受ける「在宅介護サービス」と、施設に入居して介護を受ける「施設介護サービス」の大きく2つに分けられます。

「在宅介護サービス」の種類

在宅介護サービスとは、要介護・要支援者が自宅に住みながら、自宅への訪問や、施設に通うことで受けられる介護サービスです。

・訪問サービス(自宅に訪問)

訪問介護 ホームヘルパーが自宅に訪問し、買い物や掃除、食事や排泄などの介助を行う。
訪問入浴介護 看護師を含めた専門スタッフが自宅を訪問し、移動式浴槽などを用いて入浴などを行う。
訪問リハビリ 理学療法士や作業療法士などの専門スタッフが自宅を訪問し、リハビリテーションの指導・支援などを行う。

・通所サービス(施設に通う)

通所介護
(デイサービス)
デイサービスセンターや特別養護老人ホームなどの福祉施設に通い、食事や入浴、排泄、レクリエーションなどを行う。
通所リハビリ
(デイケア)
病院や介護老人保健施設などの医療施設に通い、理学療法士や作業療法士などの専門スタッフがリハビリテーションの指導・支援などを行う。

・短期入所サービス(短期間の宿泊)
※最大30日間まで

普段は同居している家族が家を空けなければならなくなったとき、家族が病気になって介護ができないときなど短期間の利用に適します。

短期入所
生活介護
(ショートステイ)
数日~1週間くらいの短期間、福祉施設に入所し、食事や入浴、排泄、レクリエーションなどの福祉サービスを行う。
短期入所
療養介護
数日~1週間くらいの短期間、医療施設に入所し、リハビリテーションや医療ケアなどの医療サービスを行う。

「施設介護サービス」の種類

施設介護サービスとは、老人ホームなどの施設に入所して介護を受けるサービスです。施設には、「介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)」「介護老人保健施設」「介護療養型医療施設」の3つがあり、要介護レベルにより入所できる施設が異なります。

介護老人
福祉施設
(特別養護老人ホーム)
「要介護3」以上の方が対象で、長期間入所できる施設。食事や入浴、排泄、機能訓練や健康管理などの介助を行う。
介護老人
保健施設
「要介護1」の方が対象。理学療法士や作業療法士によるリハビリテーションを重点に、在宅復帰を目的とする施設。
介護療養型
医療施設
「要介護1」の方が対象。治療を終え病状が安定しているものの、引き続き長期間療養を必要とする方が入所する医療施設で、医療や看護、日常生活の介護を行う。

その他のサービス(福祉用具のレンタル・介護リフォームなど)

自宅で介護をしやすい環境に整えるために必要な費用にも、介護保険サービスが利用できます。住宅を改修したり、福祉用具を借りたり、購入したりするには、まとまった費用が必要です。介護保険サービスをうまく活用して、自宅での介護体制を整えましょう。

介護保険でレンタル・購入できるもの

車いすや特殊寝台(介護ベッド)などのように、他の利用者と共有できる用具はレンタルができ、便座や入浴用具などのように共有しにくい用具は購入できます。

介護保険でレンタルできる福祉用具は、全部で13種類です。レンタル料金は原則として月額設定になっており、利用者は費用の1割~3割(所得に応じて変動)の自己負担で用具を借りることができます。

(例)月額5,000円の車いすをレンタルする場合
1割負担の自己負担額 → 500円/月
2割負担の自己負担額 → 1,000円/月

レンタルの対象となる福祉用具<13種類>
  • 手すり(工事が伴わないもの)
  • スロープ(工事が伴わないもの)
  • 歩行器
  • 歩行補助杖(松葉つえ、多点つえ等)
  • 車いす
  • 車いす付属品(クッション、電動補助装置等)
  • 特殊寝台(介護用ベット)
  • 特殊寝台付属品(サイドレール、マットレス、スライディングボード、入浴用でない介助用ベルト等)
  • 床ずれ防止用具
  • 体位変換器(起き上がり補助装置を含む)
  • 認知症老人徘徊感知機器(離床センサーを含む)
  • 移動用リフト(立ち上がりいす、入浴用リフト、段差解消機、階段移動用リフトを含む)
  • 自動排せつ処理装置

介護保険を利用して借りられる福祉用具は、市区町村の指定を受けた「福祉用具貸与事業者」のみです。事業者を選ぶ際は、まずケアマネジャーや地域包括支援センターに相談し、利用者の状態に応じて、医師・看護師・理学療法士などのアドバイスも受けながら、適切な用具を選びましょう。

介護保険でリフォームできるもの

介護に必要なリフォームを行った際は、工事費用の9~7割が介護保険から支給され、自己負担額は1~3割(所得に応じて変動)となります。ただし、利用限度額は要介護区分に関係なく、20万円が限度となり原則1回限りの支給となります。

(例)20万円のリフォームを行った場合
1割負担の自己負担額 → 2万円
2割負担の自己負担額 → 4万円

介護保険の対象となる主なリフォーム
  • 手すりの取り付け
  • 段差や傾斜の解消(付帯する工事として転落防止柵の設置)
  • 滑りにくい床材・移動しやすい床材への変更
  • 開き戸から引き戸等への扉の取り換え、扉の撤去
  • 和式から洋式への便器の取り換え


この記事を読んだ方におススメ

とろみ調整食材の上手な使い方

今回は、介護食の基本ともいえる「とろみ調整食材」の選び方や使い方のポイン…

2019.1.26  介護情報

介護を応援!
口腔ケアで感染症を予防し…

今回は、高齢者の口腔ケアの方法とポイントについてご紹介します。正しいケア…

2018.11.26  介護情報

医療費控除について

1年間に10万円以上の医療費を支払った場合は、納めた税金の一部が還付金と…

2018.8.24  介護情報

地域包括ケアシステムとは?

地域包括ケアシステムとは、高齢者が住み慣れた地域で自分らしい人生を全うで…

2019.4.1  介護情報

介護保険サービスを利用するには?

介護保険では、要介護度に応じて受けられるサービスが決まっています。また、…

2018.11.1  介護情報

Ranking

介護情報

2018.8.26  介護情報

蓄膿ちくのう<…

「風邪が長引いているのか、鼻づまりがなかなか治らない」、「睡眠時に鼻がつ…

2018.2.26  健康と美容

ストレスと胃痛について

通常、消化に必要な「胃酸」と、胃粘膜を守る「胃粘液」の分泌量はバランスよ…

2018.3.26  健康と美容

女性の健康について
女性ホルモンとPM…

生理前になると、イライラ・肌荒れ・便秘など、心や体に不調があらわれません…

2017.2.26  健康と美容

皮膚掻痒そうよう

皮膚に赤みや湿疹などの症状はみられないのに、かゆみだけが起きる皮膚の病気…

2017.1.26  健康と美容

2~3月は花粉飛散のピークです!
つら…

花粉症のピークは春だと思っている方は多いと思いますが、実はスギ花粉の飛散…

2017.1.26  健康と美容

Category

Keyword Search

Service

LINE@
公式アプリ