着替えの介助ついて

今回は、高齢者の着替えの重要性やコツ、衣類を選ぶポイントについてご紹介します。

監修:岡田 真見
大王製紙株式会社
介護福祉士/認知症サポーター

岡田 真見

介護関連情報については、DRUGユタカの従業員へご相談下さい。

着替えの重要性

食事や排泄、寝汗などにより高齢者の衣類は汚れやすいため、こまめな着替えが欠かせません。体の清潔さを保つことはもちろん、気分転換にもつながり、心身ともに重要な役割があります。

脱健着患だっけんちゃっかん」とは?

体に半身麻痺まひ拘縮こうしゅくがある場合、衣服を脱ぐときは健側(=問題のない方)から、着るときは患側(=問題のある方)から着替える方法を脱健着患といいます。着替えの際の体への負担を減らすことができます。
※拘縮…長期間動かしていないことなどが原因で、関節が動かしづらくなる状態。

衣類を選ぶポイント

●上着(上衣)

上着は、前開きの服や開閉しやすい大きいボタンが付いた服を選びましょう。また袖穴・肩幅が広い服は、服自体を大きく動かせて腕を通しやすいのでスムーズに着替えができます。

●ズボン

側面がファスナーになっているタイプのズボンは、横になったままでも楽に着替えができ、さらに診察時にも便利です。裾がリブになっているタイプは、裾口のずり上がり防止になるのでおススメです。

●下着

ゆったり履けるサイズで、排泄時などに上げ下げしやすいものを選びましょう。汚れてしまうことも考慮して、通気性のいい素材がおススメです。

●靴下

ゴムがきついとかゆみや痛みが生じる可能性があるので、よく確認して選びましょう。安全に歩行できるよう、足の裏に滑り止めがついているタイプもあります。

<素材について>

①伸縮性

関節の可動域が狭くなる高齢者には、ジャージーのように適度な伸縮性のある素材の衣類を選ぶと良いでしょう。

②低刺激

化学繊維だけではチクチクとした肌触りになるため、天然繊維を使った素材がおススメです。ガーゼ、麻、綿など、柔らかく肌にやさしい素材を選びます。

③通気性・保温性

自分で体を動かせないと、体温調節もうまくできません。そこで通気性・保温性のよさにも注意しましょう。綿の下着にニットの上着など、重ね着でカバーする方法もあります。

④扱いやすい

日頃からお手入れしやすくシワになりにくい、丈夫で長持ちするような生地の介護用衣類を選ぶと便利です。

着替えなど日常生活の中で体を動かすことは、高齢者にとって身体機能の低下を防ぐ効果があります。自分でできる範囲のことはなるべく行ってもらい、介助が必要な場合はサポートするとよいでしょう。


この記事を読んだ方におススメ

介護に関わる皆様を応援!
介護・高齢者…

介護についての疑問や悩みは、市区町村の介護保険の担当窓口をはじめ、さまざ…

2018.10.1  介護情報

睡眠に関する悩みについて

今回は、高齢者の3人に1人が悩みを抱えているといわれる、睡眠トラブルとそ…

2020.8.26  介護情報

とろみ調整食材の上手な使い方

今回は、介護食の基本ともいえる「とろみ調整食材」の選び方や使い方のポイン…

2019.1.26  介護情報

介護費用が軽減できる公共の制度

公的介護保険を利用する際、一定の要件に当てはまる場合は、介護費用が払戻し…

2019.6.1  介護情報

介護保険施設と民間運営施設

介護施設や老人ホームにはさまざまな種類があり、運営主体・目的・入居条件な…

2019.5.1  介護情報

Ranking

介護情報

2018.8.26  介護情報

蓄膿ちくのう<…

「風邪が長引いているのか、鼻づまりがなかなか治らない」、「睡眠時に鼻がつ…

2018.2.26  健康と美容

ストレスと胃痛について

通常、消化に必要な「胃酸」と、胃粘膜を守る「胃粘液」の分泌量はバランスよ…

2018.3.26  健康と美容

女性の健康について
女性ホルモンとPM…

生理前になると、イライラ・肌荒れ・便秘など、心や体に不調があらわれません…

2017.2.26  健康と美容

汗疱状湿疹について

春先から夏にかけて、手のひらや足の裏、手足の指の側面に、かゆみを伴う水疱…

2020.4.26  健康と美容

皮膚掻痒そうよう

皮膚に赤みや湿疹などの症状はみられないのに、かゆみだけが起きる皮膚の病気…

2017.1.26  健康と美容

Category

Keyword Search

Service

LINE
公式アプリ