冬季うつ病について

冬季うつ病とは、季節の変化が原因となる季節性うつ病のひとつです。秋から冬に症状があらわれ、春先になると自然に回復していきます。成人前後から徐々に発症し、男性よりも女性に多くみられます。一度発症すると毎年繰り返すことが多いため、原因と特徴をよく理解して対処することが重要です。

冬季うつ病の原因と特徴は?

冬季うつ病の原因は、日照量不足であるといわれています。緯度が高く日照時間の短い北国ほど、冬季うつ病の発症率が高いことがわかっています。一般的なうつ病と大きく異なるのは、過食・眠気といった症状があらわれやすいことです。人類の祖先が冬に備えて栄養を蓄え、静かに過ごす準備をしたことや、それよりずっと以前の進化過程にあった冬眠習性の名残かもしれません。

冬季うつ病の代表的な症状

  • 睡眠時間が長くなり、日中でも眠気がある。
  • 食欲が旺盛で、とくに甘いものや炭水化物が欲しくなる。
  • 気分が落ち込み、無気力となる。自己否定的になる。
  • 集中力が著しく低下し、日常の家事・仕事ができない。
  • 人づきあいがおっくうになり、出不精になり活動量が低下する。

栄養面での対処法は?

日照量の不足により、必須アミノ酸のトリプトファンから生成される神経伝達物質「セロトニン」の合成速度が落ちると、セロトニン神経機能が低下し、冬季うつ病を発症しやすくなります。栄養面ではトリプトファンの摂取を心がけましょう。また、トリプトファンを効率よく吸収するには、糖分も必要とされるため、甘いものや炭水化物を多量に食べたくなる傾向にありますが、糖分の摂り過ぎには注意しましょう。

トリプトファンを多く含む食物

  • バナナ
    バナナ
  • カボチャ
    カボチャ
  • チーズ
    チーズ
  • 豆乳 など
    豆乳

セロトニンは目から入る光によって合成が促進されます。この場合の日照量の不足とは、目から取り込まれる光量の不足のことです。

冬季うつ病に効果的な高照度光照射療法

高照度光照射療法とは特殊なライトを使用して、太陽光に近い光を目から取り込ませ、生体リズムを整える治療法です。保険適用外となりますが、睡眠障害外来などで受けることができます。また、専用の照射装置も市販されており、基本的には30分程度強い光を浴びる仕様になっています。ただし1番良いのは、朝起きたらカーテンを開けて太陽の光を浴びるという、規則正しい生活を送ることです。

この記事を読んだ方におススメ

意外と知らない?歯磨きの基本
正し…

毎日正しい歯磨きはできていますか?いつまでも自分の歯でおいしいものを食べ…

2018.2.26  健康と美容

認知症について

ご家族や身近な方で、物忘れが目立って変だなと感じることはありませんか?も…

2018.8.26  健康と美容

むくみを予防しよう

夏は冬よりもむくみやすいことをご存知ですか?冷房が効いた室内で過ごしたり…

2018.7.26  健康と美容

花粉症と口腔アレルギー症候群について

日本で花粉症といえば、まずスギ花粉が連想されますが、ヨーロッパではイネ科…

2017.8.26  健康と美容

手洗いと水分補給がポイント!
風邪…

風邪・インフルエンザが猛威を振るう季節です。しっかり予防・対策をして感染…

2017.10.26  健康と美容

Ranking

介護情報

2018.8.26  介護情報

蓄膿ちくのう<…

「風邪が長引いているのか、鼻づまりがなかなか治らない」、「睡眠時に鼻がつ…

2018.2.26  健康と美容

ストレスと胃痛について

通常、消化に必要な「胃酸」と、胃粘膜を守る「胃粘液」の分泌量はバランスよ…

2018.3.26  健康と美容

女性の健康について
女性ホルモンとPM…

生理前になると、イライラ・肌荒れ・便秘など、心や体に不調があらわれません…

2017.2.26  健康と美容

2~3月は花粉飛散のピークです!
つら…

花粉症のピークは春だと思っている方は多いと思いますが、実はスギ花粉の飛散…

2017.1.26  健康と美容

皮膚掻痒そうよう

皮膚に赤みや湿疹などの症状はみられないのに、かゆみだけが起きる皮膚の病気…

2017.1.26  健康と美容

Category

Keyword Search

Service

LINE@
公式アプリ