認知症について

ご家族や身近な方で、物忘れが目立って変だなと感じることはありませんか?もしかしたら、それは「認知症」のサインかもしれません。認知症は年々増加傾向にあり、高齢化社会が進む今後、認知症対策が重要な課題となっています。

認知症とは?

認知症とは、脳の細胞が死滅したり働きが悪くなることで、記憶力・判断力などが低下し、生活する上で支障が出ている状態のことをさす症候群です。認知症は、かつて「痴呆症」と呼ばれていましたが、2004年に「認知症」という呼び名で統一されるようになりました。

「老化」と「認知症」の物忘れの違いは?

老化による物忘れは、体験したことの一部や、事柄の一部を忘れてしまうのに対して、認知症は、体験したことそのものを忘れ、物忘れをしている自覚がないのが特徴です。忘れる度合も徐々にひどくなります。

老化による物忘れ

  • 体験の一部分を忘れる
  • ヒントを与えられると思い出せる
  • 時間・場所などの見当がつく
  • 物忘れに対して自覚がある

認知症

  • 体験全体を忘れる
  • 新しい出来事を記憶できない
  • ヒントを与えられても思い出せない
  • 時間・場所などの見当がつかない
  • 物忘れに対して自覚がない

例えば、「朝ごはんで食べたものを思い出せない」のは老化による物忘れ。「朝ごはんを食べたことを忘れている」のが認知症です。

認知症の種類と割合は?

認知症の全体の約85%を占めるのが「アルツハイマー型認知症」「レビー小体型認知症」「脳血管性認知症」の3大認知症です。特に日本人の場合は、60%以上がアルツハイマー型認知症で、約20%は脳血管性認知症です。これらの病気にはまだ治療法がありませんが、アルツハイマー型認知症とレビー小体型認知症は、抗認知症薬で進行を遅らせることが可能です。

3大認知症のそれぞれの特徴

アルツハイマー型 レビー小体型 脳血管性
発症年齢 20代で発症することもあり、女性に多い。 60代以上の男性に多い。 50代以上の男性に多い。
主な原因 脳に異常なたんぱく質が蓄積し、神経細胞の死滅と脳の委縮が引き起こされる。 神経細胞にレビー小体ができることで、神経細胞の死滅が引き起こされる。 脳梗塞・脳出血などが原因で、脳の血液循環が悪くなり、脳の一部が壊死する。

ご家族や身近な方で助け合おう!

認知症は周囲の方が気づいて、早期の段階で専門医に診断していただくことが重要です。「もしかして認知症かも?」と思ったら、「認知症 自己診断テスト」でチェックしてみましょう。認知症予防協会のホームページにありますので、利用してみて下さい。

この記事を読んだ方におススメ

デキる男の基本!
身だしなみで男の…

身だしなみに気を使っている人は、ビジネスシーンでも相手に好印象を与えます…

2018.5.26  健康と美容

スッキリボディに変身!
夏のむくみ…

夏は冷房や冷たい飲み物が原因で体は意外とむくみがちに。上手にむくみをケア…

2018.7.26  健康と美容

ダイエットと冷え性について

女性に多くみられる冷え性。その原因のひとつに、誤った自己流ダイエットがあ…

2016.12.26  健康と美容

代謝アップで脂肪燃焼!

サーキットトレーニングとは、有酸素運動と無酸素運動を交互に行うことで代謝…

2019.7.26  健康と美容

清潔感で印象アップ!
男性の身だし…

相手に好感を持たれるような身だしなみには清潔感がポイント。男性向けの正し…

2019.5.26  健康と美容

Ranking

介護情報

2018.8.26  介護情報

蓄膿ちくのう<…

「風邪が長引いているのか、鼻づまりがなかなか治らない」、「睡眠時に鼻がつ…

2018.2.26  健康と美容

ストレスと胃痛について

通常、消化に必要な「胃酸」と、胃粘膜を守る「胃粘液」の分泌量はバランスよ…

2018.3.26  健康と美容

2~3月は花粉飛散のピークです!
つら…

花粉症のピークは春だと思っている方は多いと思いますが、実はスギ花粉の飛散…

2017.1.26  健康と美容

女性の健康について
女性ホルモンとPM…

生理前になると、イライラ・肌荒れ・便秘など、心や体に不調があらわれません…

2017.2.26  健康と美容

皮膚掻痒そうよう

皮膚に赤みや湿疹などの症状はみられないのに、かゆみだけが起きる皮膚の病気…

2017.1.26  健康と美容

Category

Keyword Search

Service

LINE@
公式アプリ