更年期障害について

誰もが迎える「更年期」。この時期は、体内の性ホルモンが減少することにより、体にさまざまな変化があらわれます。従来、更年期といえば女性の話でしたが、最近では男性の更年期も話題になっています。

女性の更年期障害の症状は?

女性の更年期障害は、閉経が近くなって卵巣の機能が低下し、エストロゲンという女性ホルモンが減少することによって、急激に引き起こされるとされています。日本人女性の平均閉経年齢は50歳前後なので、更年期は45~55歳頃となります。月経異常・のぼせ・ほてり・倦怠感・めまい・不眠などの症状があらわれます。

男性の更年期障害の症状は?

男性の更年期障害の原因とされるテストステロンは、70歳頃までゆるやかに下降していく傾向にあります。そのため、発症する年齢には個人差がありますが、早い人で40歳頃から始まります。憂うつ・イライラ・不眠といった精神症状のほか、疲労感・ほてり・発汗・しびれなどがあげられます。また、性機能の低下を伴う場合も多くあります。

「更年期障害」は、加齢女性における一連の体調変化に対する正式な診断名ですが、男性の場合は「加齢男性性腺機能低下症候群」という、ちょっと長い名前が正式名称です。

更年期障害の治療法は?

更年期障害の治療方法として、最も一般的な方法が「ホルモン補充療法」です。女性の場合は必要最低限のエストロゲンを補充します。また、男性の場合は、テストステロンを補充します。補充方法としては、エストロゲンは飲み薬が中心に、テストステロンは注射剤が中心になりますが、塗り薬・貼り薬などもあります。また、場合によっては、抗うつ剤や漢方薬、男性の場合は勃起障害治療薬なども用いられます。


※女性ホルモンは男性体内にも、男性ホルモンは女性体内にも存在します。

自分でできる対策法

大切なことは、更年期をマイナスイメージでとらえないことです。次のライフステージに向けて、ゆっくりと準備をするよい機会と考えて下さい。また、ご自身の体の変化を知ることはもちろんですが、パートナーの体についても関心を持って下さい。更年期のつらい症状も、パートナーの支えがあれば乗り越えやすくなるものです。

この記事を読んだ方におススメ

運動中のケガを予防しよう

冬に運動不足だった人が、春になって急に体を動かすと、ケガをしてしまうこと…

2019.3.26  健康と美容

10月10日は「目の愛護デー」
覚…

近年、パソコンやスマートフォンなどの影響で、目の疲れを感じる人が多くなっ…

2016.9.26  健康と美容

アルコール依存症について

夏に向けて、お酒を飲む機会が増える人も多いのではないでしょうか。正しく飲…

2020.5.26  健康と美容

アルコール依存症について

アルコール依存症とは、お酒の飲み方(飲む量、飲むタイミング、飲む状況)を…

2016.11.26  健康と美容

清潔感で印象アップ!
男性の身だし…

相手に好感を持たれるような身だしなみには清潔感がポイント。男性向けの正し…

2019.5.26  健康と美容

Ranking

介護情報

2018.8.26  介護情報

蓄膿ちくのう<…

「風邪が長引いているのか、鼻づまりがなかなか治らない」、「睡眠時に鼻がつ…

2018.2.26  健康と美容

ストレスと胃痛について

通常、消化に必要な「胃酸」と、胃粘膜を守る「胃粘液」の分泌量はバランスよ…

2018.3.26  健康と美容

女性の健康について
女性ホルモンとPM…

生理前になると、イライラ・肌荒れ・便秘など、心や体に不調があらわれません…

2017.2.26  健康と美容

皮膚掻痒そうよう

皮膚に赤みや湿疹などの症状はみられないのに、かゆみだけが起きる皮膚の病気…

2017.1.26  健康と美容

2~3月は花粉飛散のピークです!
つら…

花粉症のピークは春だと思っている方は多いと思いますが、実はスギ花粉の飛散…

2017.1.26  健康と美容

Category

Keyword Search

Service

LINE
公式アプリ