金属アレルギーについて

「ピアスで耳がかゆくなる」「ネックレスで首が赤くただれる」「手足の湿疹がなかなか治らない」これらは金属アレルギーが原因かもしれません。金属アレルギーは日本人の10人に1人が発症しているといわれるほど一般的な皮膚疾患で、大人になってから突然発症する場合もあります。

なぜ金属でアレルギー反応が起こるの?

金属から溶出した金属イオンが、体内のたんぱく質と結合し、その結果、新たなたんぱく質に変性します。体がそれを「異物」とみなすことによって、アレルギー反応が生じます。

金属アレルギーの原因となりやすい金属は?

私たちが日常的に使っている物の中にも、金属アレルギーの原因になる物があります。身につける物に注意しましょう。

金属アレルギーを起こしやすい素材

ニッケル・コバルト・クロム・パラジウム・アマルガム・スズ

金属アレルギーを起こしにくい素材

金・プラチナ・鉄・亜鉛・マンガン
(合金の場合、他の金属よりアレルギーが生じることがある。)

金属アレルギーには2種類ある?

金属アレルギーには、症状や原因によって2種類に分けられます。

接触皮膚炎

金属が直接肌に触れた部位に起こる金属アレルギー。アクセサリーなどの金属を身につけたとき、触れた部位やその周辺に赤み・かゆみが生じる。

全身性金属皮膚炎

歯科治療で使用された銀歯などの金属や、食品に含まれる金属が、口の中の粘膜や消化管を経由して、全身に起こる金属アレルギー。症状には、手足にウミが出る掌蹠膿疱症しょうせきのうほうしょうや、手足に水ぶくれができる汗疱状湿疹かんぽうじょうしっしんなどがある。

自分でできる対策法

金属アレルギーは、原因金属を含むアクセサリー類を避けることで発症を防ぐことができます。原因金属を突き止めるには、皮膚科でパッチテストを受けましょう。歯科金属でもアレルギーが出る可能性があるため、原因が歯科金属であると判明していたら、歯科医に相談することも重要です。また、豆類やチョコレートなど、多くの食品には金属が含まれています。ニッケル・コバルト・クロム等を多く含む食品は可能な限り避けましょう。

この記事を読んだ方におススメ

糖尿病について

厚生労働省が行った「平成28年国民健康・栄養調査」によると、国内の成人(…

2018.1.26  健康と美容

体幹を鍛えよう

動きの軸である体幹を鍛えておくと、転倒防止にも役立ちます。また、体幹トレ…

2018.9.26  健康と美容

レジャーの季節に備えて
夏のケガ・…

これからの季節は海や山へおでかけする機会も増えると思います。楽しい計画と…

2018.6.26  健康と美容

若々しい肌を保つために!
エイジン…

シミ・シワ・たるみなどのエイジングは、正しいお手入れで遅らせることが可能…

2019.1.26  健康と美容

肌のお悩み別
秋のスキンケア

秋は老化が加速する季節です。夏のダメージは秋の間にリセットして、肌老化を…

2017.8.26  健康と美容

Ranking

介護情報

2018.8.26  介護情報

蓄膿ちくのう<…

「風邪が長引いているのか、鼻づまりがなかなか治らない」、「睡眠時に鼻がつ…

2018.2.26  健康と美容

2~3月は花粉飛散のピークです!
つら…

花粉症のピークは春だと思っている方は多いと思いますが、実はスギ花粉の飛散…

2017.1.26  健康と美容

ストレスと胃痛について

通常、消化に必要な「胃酸」と、胃粘膜を守る「胃粘液」の分泌量はバランスよ…

2018.3.26  健康と美容

女性の健康について
女性ホルモンとPM…

生理前になると、イライラ・肌荒れ・便秘など、心や体に不調があらわれません…

2017.2.26  健康と美容

皮膚掻痒そうよう

皮膚に赤みや湿疹などの症状はみられないのに、かゆみだけが起きる皮膚の病気…

2017.1.26  健康と美容

Category

Keyword Search

Service

LINE@
公式アプリ