糖尿病について

厚生労働省が行った「平成28年国民健康・栄養調査」によると、国内の成人(20歳以上)のうち糖尿病が強く疑われる人は約1000万人、糖尿病予備軍の人は約1000万人と推定されています。また、国際糖尿病連合(IDF)によると、2016年の世界の糖尿病患者数は4.2億人近くとなっており、とくに日本を含む西太平洋地域で最も多くなっています。

糖尿病と合併症

糖尿病は自覚症状がほとんどないため、たまたま病院で血液検査をしたら、実は糖尿病だったということがよくあります。また、糖尿病によるさまざまな合併症があわられてから、初めて糖尿病と診断されることもあります。糖尿病の合併症には、血糖値が高い状態が長年続くことでゆっくり進行する「慢性合併症」と、食後の異常な高血糖が原因で脱水症状や意識障害(昏睡)を起こす「急性合併症」があります。

慢性合併症にはどんなものがある?

血糖値が高い状態が長年続くと、血液中の過剰なブドウ糖と、体内のたんぱく質が結合することによって、異常な糖化たんぱく質「AGEs(終末糖化産物)」が大量に産生され、人体の機能にさまざまな障害を生じさせます。最も影響を受けやすいのが血管で、血管が傷ついたり詰まったりして血流が滞り、全身に栄養を届けることができず、臓器にさまざまな機能障害が起こります。とくに細い血管が集中している目・腎臓・神経系で合併症が発症しやすく、糖尿病網膜症・糖尿病腎症・糖尿病神経障害といった合併症があります。

HbA1c(ヘモグロビン エーワンシー)とは?

血糖コントロールの指標「HbA1c」とは、赤血球の中で酸素を運ぶ「ヘモグロビン」と血液中の「ブドウ糖」が結合した「グリコヘモグロビン」と呼ばれる糖化たんぱく質の一種です。血糖値が高いほど、グリコヘモグロビンが増えるため、その割合(%)で過去1~2ヶ月間の平均血糖状態がわかります。したがって、急に変動する値ではないため、高い値を示した場合は、少しずつでも、基準値範囲内4.6~6.2%まで下げていくことが理想です。

糖尿病を早期発見するには?

まずは、毎年健康診断を受けることが大切です。ただし、普段の生活で「尿の回数・量が増えた」「のどがやたら渇く」「食べているのに痩せる」「体がだるい、疲れやすい」といった症状を感じたら、早めに検査を受けることが必要です。DRUGユタカでは、HbA1cや中性脂肪値を数分で測定できる店舗もありますので、ぜひ積極的に活用して下さい。

血液検査実施店舗はこちらのページから
「血液検査」にチェックをいれて検索ください。

この記事を読んだ方におススメ

本格的な花粉シーズンの前に!
花粉…

花粉対策は万全ですか?今回は定番から話題の商品まで、おススメの花粉対策ア…

2018.12.26  健康と美容

関節炎について

加齢や肥満、過度な運動による関節への負担が原因で、関節部が変形したり腫れ…

2019.10.26  健康と美容

家族みんなで気をつけよう!
ウイル…

寒くなってくるこれからの季節は、風邪やインフルエンザが流行しやすくなりま…

2018.10.26  健康と美容

忘年会シーズンに覚えておきたい
二…

年末年始にお酒を楽しく飲んでいただくために、二日酔いを防ぐ飲み方や、二日…

2017.11.26  健康と美容

冬でもメイク崩れしない!
つや肌ベ…

肌が乾燥しやすい冬にぴったりの、手軽に取り入れられるベースメイクテクニッ…

2018.12.26  健康と美容

Ranking

介護情報

2018.8.26  介護情報

蓄膿ちくのう<…

「風邪が長引いているのか、鼻づまりがなかなか治らない」、「睡眠時に鼻がつ…

2018.2.26  健康と美容

ストレスと胃痛について

通常、消化に必要な「胃酸」と、胃粘膜を守る「胃粘液」の分泌量はバランスよ…

2018.3.26  健康と美容

女性の健康について
女性ホルモンとPM…

生理前になると、イライラ・肌荒れ・便秘など、心や体に不調があらわれません…

2017.2.26  健康と美容

皮膚掻痒そうよう

皮膚に赤みや湿疹などの症状はみられないのに、かゆみだけが起きる皮膚の病気…

2017.1.26  健康と美容

2~3月は花粉飛散のピークです!
つら…

花粉症のピークは春だと思っている方は多いと思いますが、実はスギ花粉の飛散…

2017.1.26  健康と美容

Category

Keyword Search

Service

LINE@
公式アプリ