糖尿病について

厚生労働省が行った「平成28年国民健康・栄養調査」によると、国内の成人(20歳以上)のうち糖尿病が強く疑われる人は約1000万人、糖尿病予備軍の人は約1000万人と推定されています。また、国際糖尿病連合(IDF)によると、2016年の世界の糖尿病患者数は4.2億人近くとなっており、とくに日本を含む西太平洋地域で最も多くなっています。

糖尿病と合併症

糖尿病は自覚症状がほとんどないため、たまたま病院で血液検査をしたら、実は糖尿病だったということがよくあります。また、糖尿病によるさまざまな合併症があわられてから、初めて糖尿病と診断されることもあります。糖尿病の合併症には、血糖値が高い状態が長年続くことでゆっくり進行する「慢性合併症」と、食後の異常な高血糖が原因で脱水症状や意識障害(昏睡)を起こす「急性合併症」があります。

慢性合併症にはどんなものがある?

血糖値が高い状態が長年続くと、血液中の過剰なブドウ糖と、体内のたんぱく質が結合することによって、異常な糖化たんぱく質「AGEs(終末糖化産物)」が大量に産生され、人体の機能にさまざまな障害を生じさせます。最も影響を受けやすいのが血管で、血管が傷ついたり詰まったりして血流が滞り、全身に栄養を届けることができず、臓器にさまざまな機能障害が起こります。とくに細い血管が集中している目・腎臓・神経系で合併症が発症しやすく、糖尿病網膜症・糖尿病腎症・糖尿病神経障害といった合併症があります。

HbA1c(ヘモグロビン エーワンシー)とは?

血糖コントロールの指標「HbA1c」とは、赤血球の中で酸素を運ぶ「ヘモグロビン」と血液中の「ブドウ糖」が結合した「グリコヘモグロビン」と呼ばれる糖化たんぱく質の一種です。血糖値が高いほど、グリコヘモグロビンが増えるため、その割合(%)で過去1~2ヶ月間の平均血糖状態がわかります。したがって、急に変動する値ではないため、高い値を示した場合は、少しずつでも、基準値範囲内4.6~6.2%まで下げていくことが理想です。

糖尿病を早期発見するには?

まずは、毎年健康診断を受けることが大切です。ただし、普段の生活で「尿の回数・量が増えた」「のどがやたら渇く」「食べているのに痩せる」「体がだるい、疲れやすい」といった症状を感じたら、早めに検査を受けることが必要です。DRUGユタカでは、HbA1cや中性脂肪値を数分で測定できる店舗もありますので、ぜひ積極的に活用して下さい。

血液検査実施店舗はこちらのページから
「血液検査」にチェックをいれて検索ください。

この記事を読んだ方におススメ

肩こり・腰痛改善におススメ!
○○…

今回は、誰でも気軽にできる6種類のストレッチをご紹介します。運動不足にな…

2018.1.26  健康と美容

こまめなケアがポイント
疲れた目の…

疲れ目や頭痛・肩こり・吐き気などの症状が出る眼精疲労。自分でできるケア方…

2019.11.26  健康と美容

キレイなヒップを目指そう

お尻の筋肉を鍛えることは、ヒップアップだけでなく歩行や腰痛・ひざ痛の改善…

2018.6.26  健康と美容

寒い季節は悪化に注意!
肩こり解消…

肩こりは冷える時期に多い体の悩みのひとつ。正しい姿勢や簡単ストレッチで、…

2020.1.26  健康と美容

ニコチン依存症について

「禁煙しよう」と決意してもなかなかできないのは、ニコチンの持つ強い依存性…

2020.3.26  健康と美容

Ranking

介護情報

2018.8.26  介護情報

蓄膿ちくのう<…

「風邪が長引いているのか、鼻づまりがなかなか治らない」、「睡眠時に鼻がつ…

2018.2.26  健康と美容

ストレスと胃痛について

通常、消化に必要な「胃酸」と、胃粘膜を守る「胃粘液」の分泌量はバランスよ…

2018.3.26  健康と美容

女性の健康について
女性ホルモンとPM…

生理前になると、イライラ・肌荒れ・便秘など、心や体に不調があらわれません…

2017.2.26  健康と美容

皮膚掻痒そうよう

皮膚に赤みや湿疹などの症状はみられないのに、かゆみだけが起きる皮膚の病気…

2017.1.26  健康と美容

2~3月は花粉飛散のピークです!
つら…

花粉症のピークは春だと思っている方は多いと思いますが、実はスギ花粉の飛散…

2017.1.26  健康と美容

Category

Keyword Search

Service

LINE
公式アプリ