年末年始も体重を増やさない!
お正月太りを防ぐポイント

おいしいものを食べる機会が多いお正月。食べ過ぎて後悔しないよう、太りにくいライフスタイルを心がけましょう!

お正月太りの原因は?

1.食べ過ぎ

飲食を楽しむ機会が多く、ダラダラと食べ続けてしまったり、間食が増えてしまいます。

2.アルコール

アルコールには食欲を増進させる作用があります。またビール・カクテル・日本酒などの酒類には糖質が多く含まれています。

3.運動不足

寒さで外出や運動をする機会が減り、食べた分のカロリーを消費しづらくなります。

4.不規則な生活

夜更かしなどで生活リズムが崩れると、体内時計が乱れて代謝が落ち、太りやすくなります。

5.冷え

体が冷えると血液の流れが悪くなり、皮下脂肪を溜め込みやすくなります。

予防ポイント1 食事

テレビを見ながら、スマートフォンを触りながらなど、他事をしながら食事するながら食いは、食事量を把握できず満腹感が得られません。食事に集中し、よく噛んで食べましょう。

お餅の食べ方

お餅はGI値(食後血糖値の上昇度を示す指標)が高いため、お餅だけ食べると太りやすくなります。食物繊維が豊富な食べ物や酢の物、乳製品などと一緒に食べると、血糖値の上昇が緩やかになり、太りにくくなります。

※血糖値が急激に上昇するとインスリンが過剰分泌されます。インスリンには血中の糖を脂肪として溜め込む働きがあるため、太りやすくなります。

野菜たっぷりのお雑煮

磯辺焼き

大根おろし餅

おせちの食べ方

おせち料理は糖分や塩分が多く使われているものが多く、注意が必要です。食べる順番に気を付けて急激な血糖値の上昇を防ぎましょう。

◆食べる順番

①食物繊維

(例)なます、たたきごぼう、竹の子煮、煮しめの野菜など

②たんぱく質

(例)昆布巻き、数の子、かまぼこ、肉魚類など

③炭水化物

(例)黒豆、栗きんとん、雑煮など

予防ポイント2 生活習慣

毎日、規則正しい生活習慣を心がけると、代謝が高まり痩せやすい体をつくることができます。

生活習慣改善のポイント

①運動の習慣をつける

ウォーキングやストレッチなどの軽い運動を毎日の習慣にしましょう。

②入浴で体を温める

毎日湯船に浸かって血行を促すと、代謝が高まります。

③睡眠の質を高める

睡眠不足は基礎代謝の低下につながるため、しっかり睡眠をとりましょう。

④毎日体重を量る

体の状態を把握するため、毎日体重を量ってチェックしましょう。

お正月太り予防に!イスに座って簡単ストレッチ

「DRUGユタカの健康体操」でもお正月太り解消トレーニングをご紹介!

もも裏とヒップのストレッチ

①右ひざに左足をのせ、左ひざを両手で抱える。

②胸に引き寄せて10秒間キープ。(反対も同様に)

ももの内側ストレッチ

①足を開き、左足を伸ばしてつま先を上げる。

②右足の太ももに手を置いて息を吐きながら体を前に倒す。(反対も同様に)

お正月太り予防に!
イスに座って簡単ストレッチ

「DRUGユタカの健康体操」でもお正月太り解消トレーニングをご紹介!

もも裏とヒップのストレッチ

①右ひざに左足をのせ、左ひざを両手で抱える。

②胸に引き寄せて10秒間キープ。(反対も同様に)

ももの内側ストレッチ

①足を開き、左足を伸ばしてつま先を上げる。

②右足の太ももに手を置いて息を吐きながら体を前に倒す。(反対も同様に)

予防ポイント3 冷え対策

冷えからくるむくみが、体重増加の原因になる場合もあります。冬は血行が悪くなりむくみやすいので、こまめな冷え対策が必要です。

◆体の内側から温める

こまめに温かい飲み物を飲みましょう。ショウガやトウガラシなど、発汗作用があるものを食べるのも有効です。

◆適度な運動を行う

1時間に1回、足踏みをしたり足首を回したりすると血行が改善し、むくみの解消になります。
 

お正月太り対策関連商品については、DRUGユタカの従業員へご相談下さい。

この記事を読んだ方におススメ

膀胱炎ぼうこうえん<…

排尿時に不快な感じがあったり、排尿後にしみるような痛みを感じたり、トイレ…

2020.11.26  健康と美容

季節の変わり目は要注意
風邪の予防…

秋から冬にかけての季節の変わり目は、朝晩の気温の変化などから体調を崩し風…

2016.10.26  健康と美容

代謝アップで脂肪燃焼!

サーキットトレーニングとは、有酸素運動と無酸素運動を交互に行うことで代謝…

2019.7.26  健康と美容

ゲーム障害について

「ゲーム障害」とは、オンラインゲームなどパソコンやスマートフォンを利用し…

2019.3.26  健康と美容

こまめなケアがポイント
疲れた目の…

疲れ目や頭痛・肩こり・吐き気などの症状が出る眼精疲労。自分でできるケア方…

2019.11.26  健康と美容

Ranking

介護情報

2018.8.26  介護情報

蓄膿ちくのう<…

「風邪が長引いているのか、鼻づまりがなかなか治らない」、「睡眠時に鼻がつ…

2018.2.26  健康と美容

ストレスと胃痛について

通常、消化に必要な「胃酸」と、胃粘膜を守る「胃粘液」の分泌量はバランスよ…

2018.3.26  健康と美容

女性の健康について
女性ホルモンとPM…

生理前になると、イライラ・肌荒れ・便秘など、心や体に不調があらわれません…

2017.2.26  健康と美容

皮膚掻痒そうよう

皮膚に赤みや湿疹などの症状はみられないのに、かゆみだけが起きる皮膚の病気…

2017.1.26  健康と美容

2~3月は花粉飛散のピークです!
つら…

花粉症のピークは春だと思っている方は多いと思いますが、実はスギ花粉の飛散…

2017.1.26  健康と美容

Category

Keyword Search

Service

LINE
公式アプリ