意外と知らない?歯磨きの基本
正しい歯磨きとハブラシ選び

毎日正しい歯磨きはできていますか?いつまでも自分の歯でおいしいものを食べられるように、上手にハブラシを使って歯の健康を保ちましょう。

ハブラシの使い方とブラッシング方法

口の中の状態は一人ひとり異なります。磨き残しのないように、きちんと歯垢(プラーク)を落とすハブラシの使い方を覚えましょう。

*歯垢(プラーク)とは、歯に付着している白い物質で、食べかすではなく細菌が増殖したかたまりです。この歯垢が、虫歯や歯周病の原因となります。

ハブラシの基本の使い方

1.毛先を歯の表面にあてる

ハブラシの毛先をきちんと歯の表面にあてる。

2.毛先が広がらない力で

力を入れすぎないよう150~200gの軽い力で磨く。

3.小刻みに動かす

5~10mmの幅を小刻みに動かし、1本ずつ磨く。

ブラッシングのテクニック

歯と歯の間

ハブラシの「つま先」で磨きます。

歯と歯ぐきの境目

ハブラシの「わき」で磨きます。

前歯の裏側

ハブラシの「かかと」で磨きます。

歯磨き後のすすぎは少ない水で!

歯磨きの後に口の中を水でしっかりすすいでしまうと、歯磨き剤に含まれるフッ素などの有効成分まで洗い流されてしまいます。10ml程度の少ない水で1回すすぐ程度にしましょう。

ハブラシ選びのポイント

ハブラシは歯ぐきの状態や歯並びなど、口の中の状態に合わせて選びましょう。

ヘッドの大きさについて

歯の大きさや口の大きさで選びます。口や歯が大きい方は大きめのヘッド、口や歯が小さめ、歯並びの悪い方は小さめのヘッドが適しています。

毛先のかたさについて

かため

ご年配の方やお子さまなど、ブラッシングの力が弱い方におススメです。

ふつう

一般的なかたさ。歯ぐきを傷つけずに歯垢を効率よく除去できます。

やわらかめ

歯ぐきから出血があるときや、力が入り過ぎてしまう方におススメです。

Point!

ハブラシの寿命は約1ヶ月です。ハブラシを衛生的に使うために、毛先が開いていなくても、1ヶ月を過ぎたら交換しましょう。

オーラルケア関連商品については、DRUGユタカの従業員へご相談下さい。

この記事を読んだ方におススメ

股関節体操でロコモ予防

ロコモティブシンドローム(通称:ロコモ)とは、筋力や骨が衰えて、立つ・歩…

2019.9.26  健康と美容

ぽっこりお腹対策に!

今回は、体幹トレーニングのひとつである「お腹体操」をご紹介します。今回の…

2018.10.26  健康と美容

運動後のストレッチ

運動後はしっかりとストレッチを行って、血液や疲労物質を全身に流すことが大…

2020.8.26  健康と美容

マスクの着用で危険度アップ!
今年…

感染対策でマスクの着用が欠かせない中、夏本番を迎えます。熱中症にならない…

2021.6.26  健康と美容

ドローイングでお腹痩せ!

ドローイングとは、腹式呼吸を使ったお腹周りの筋肉を鍛えるトレーニング。ぽ…

2020.6.26  健康と美容

.

Ranking

介護情報

2018.8.26  介護情報

蓄膿ちくのう<…

「風邪が長引いているのか、鼻づまりがなかなか治らない」、「睡眠時に鼻がつ…

2018.2.26  健康と美容

ストレスと胃痛について

通常、消化に必要な「胃酸」と、胃粘膜を守る「胃粘液」の分泌量はバランスよ…

2018.3.26  健康と美容

女性の健康について
女性ホルモンとPM…

生理前になると、イライラ・肌荒れ・便秘など、心や体に不調があらわれません…

2017.2.26  健康と美容

汗疱状湿疹について

春先から夏にかけて、手のひらや足の裏、手足の指の側面に、かゆみを伴う水疱…

2020.4.26  健康と美容

皮膚掻痒そうよう

皮膚に赤みや湿疹などの症状はみられないのに、かゆみだけが起きる皮膚の病気…

2017.1.26  健康と美容

Category

Keyword Search

Service

LINE
公式アプリ