梅雨の時期の服装が難しいです。この時期は半袖か長袖、どちらがよいのでしょうか?(月齢7ヶ月、女児)

梅雨の時期はジメジメ蒸し暑かったり、外出時はエアコンが効いていて寒かったり、と調節が難しいですよね。
半袖に羽織物やブランケットを用意しておき、着脱で簡単に体温を調節できるようにしてあげましょう。また、梅雨は洗濯物が乾きづらいですので、こまめに洗濯をし、乾燥機なども活用して、肌着やタオルはストックしておくとよいですよ。

離乳食が足りないといって規定量よりも多く食べてしまいます。そんなに食べさせて大丈夫なのでしょうか?(月齢9ヶ月、男児)

大人にも大食い、少食の方がいるように赤ちゃんも様々です。体重が短期間で急激に増加していたりしなければ心配ないですよ。あくまでも規定量なのであまり神経質にならなくても大丈夫です。1歳頃を過ぎると満腹中枢ができてくるので食べる量が落ち着く子が多いです。
満腹中枢を刺激するためにいまのうちから柔らかい食材を大きく切ったものや、かみごたえのある食材などでよく噛む練習をしておきましょう。

お昼寝をすると離乳食の時間がズレてしまい悩んでいます。起こして離乳食を食べさせた方がよいのでしょうか?(月齢8ヶ月、女児)

お昼寝をしたり、機嫌が悪かったりすると離乳食の時間がズレてしまいますよね。しかし、多少離乳食の時間や回数がズレても気にしなくても大丈夫ですよ。このくらいの月齢の場合は、お昼寝では無理に起こす必要はなく、睡眠を優先させてあげてください。
ただ、遅い時間の夕寝はおやすみ時間に影響するため、15分くらいで起こしてあげましょう。

離乳食をあげてみましたが、口が開かずなかなか最初の一口が進みません。離乳食のスタートはもう少し時間を置いた方がよいのでしょうか?(月齢5ヶ月、男児)

赤ちゃんには口の中に入ってきたものを押し返そうとする「原始反射」が備わっています。5ヶ月頃だとまだ反射が残っている場合があるため、上手に食べられないことがあります。
反射はだんだん消えていくため、焦らず2~3日経ってから再度トライしてみましょう。なかなか口をあけてくれないときは、スプーンで下唇をつついて刺激してみるとよいですよ。

お散歩はしないといけませんか?何かよいことがあるのでしょうか。(月齢2ヶ月、女児)

お散歩をしないと赤ちゃんに悪影響があるというわけではありません。しかし、お散歩をすることのメリットはあります。

  1. 日光を浴びることでビタミンDが生成され、赤ちゃんが健康に育つ
  2. 風、香りなどで好奇心や五感が刺激される
  3. 太陽の光を浴びることで、生活リズムが整う
  4. 親子のコミュニケーションがとれる
  5. 親子の気分転換になる

お天気や赤ちゃんの様子を見ながら、お散歩ができるとよいですね。

お散歩はいつからしてもよいのですか?(月齢1ヶ月、男児)

一般的に「1ヶ月健診」を目安にお散歩を始める方が多いです。
最初はお家の窓を開けるだけでも十分なので、短めの外気浴から始めましょう。
お散歩を開始したら、最初は10分、20分・・・とだんだん時間を増やして、少しずつ慣れさせてあげてくださいね。

春から保育園へ通うことになったので卒乳を考えているのですが、どのようにはじめたらよいでしょうか?(月齢12ヶ月、女児)

まずは日中のおっぱいの回数を減らすことから始めるのがおすすめです。外へ遊びに行く、おやつの時間、絵本の読み聞かせなど、おっぱいの時間よりも楽しいと思えることをさせてみると自然と卒乳できることが多いです。
また、「この日までにおっぱいとばいばいしようね」とおっぱいを卒業する目標日を決めて、繰り返し声掛けするのも良い方法の一つです。

周りの子に比べて、よだれの量が多い気がします。服もべとべとになるのですが大丈夫でしょうか?(月齢5ヶ月、男児)

よだれの量には個人差があり、量が多い子もいれば少ない子もいます。生後3ヶ月くらいからよだれが増え、離乳食開始、乳歯が生える時期に、さらに増えます。口を閉じる筋肉も未発達なので垂れてしまうのは普通のことです。
また、よだれには消化酵素が含まれていて、うどんやパンなど炭水化物を消化できるようになった証拠です。1歳、2歳くらいからは、よだれの垂れも少なくなるようです。この時期は大変ですが、口周りや首元など肌荒れにならないよう、こまめにふいたり着替えるなどして清潔にしてあげてください。

最近肌が乾燥しているような気がします。どのようにケアしてあげればよいのでしょうか?(月齢6ヶ月、女児)

赤ちゃんも大人と同じで、スキンケアが大切です。汚れを洗い流し清潔を保ちましょう。
まずは保湿を心がけ、足りなければ油分で皮膚を保護しましょう。
体を洗った後は、ベビーローションで保湿をし、カサつくようでしたらベビーオイルかクリームを塗ってあげましょう。

もうすぐ離乳食デビューなのですが、アレルギーが心配です。前もってアレルギー検査をしたほうがよいのでしょうか?(月齢5ヶ月、女児)

医師からの指導があるなど特別な場合を除いて、離乳食が始まる前にアレルギー検査をする必要はありません。ただし湿疹やアトピー性皮膚炎などのお肌のトラブルを経験した赤ちゃんは、離乳食でアレルギーを起こす可能性がありますのでかかりつけの医師に相談してみてもよいでしょう。
自己判断で離乳食の開始時期を遅らせたり、月齢毎にあげる食材を遅らせることはアレルギー予防に効果はなく発育の妨げになる可能性があるので注意が必要です。初めて食べる食材は、しっかりと加熱して少量を与える、小児科が空いている時間帯に与える、赤ちゃんの体調・機嫌が良い日にすることが大切です。

好き嫌いがあるみたいで、なかなか食事が進みません。バランスが悪くなるのではないかと心配です。(月齢12ヶ月、男児)

この時期の好き嫌いは固定したものではなく、その日の体調や気分によって変わることが多いです。同じものを食べたがったり、急に食べなくなったりすることもあるかと思います。しかし、食べないからといって嫌いだと決めつけるのではなく、あげる日を変えてみたり、調理法や切り方、盛り付け方など変化をつけてあげたりすると食べることもあります。
また、一緒に食事を楽しむことや、少しでも食べることが出来たらたくさんほめてあげることで、食べる意欲を引き出してあげましょう!

食べ散らかしがひどいです。どのように対処すればいいのでしょうか?(月齢12ヶ月、女児)

1歳児の食べ散らかしはなかなか厄介ですよね。1歳の頃は食べ物を投げたり、指でぐちゃぐちゃにしたりすることで、体いっぱいに食べ物を知ろうとしています。
遊んでいると勘違いし叱ってしまいがちですが、スプーンの使い方の練習や一口の量を調節するための練習なのです。汚くてお行儀悪いと思ってしまう食べ散らかしも、成長のためにみんなが通る大事なプロセスです。床にしいた新聞紙の上で食べたり、汚れてもよい服で食べさせるなどの対策を行い、心を広くして見守ってあげてくださいね。

冬の季節にどんな服装をさせたら良いか分かりません。(月齢6ヶ月、女児)

赤ちゃんの平熱は37度前後と言われ、大人より高めです。「風邪を引かないように」と必要以上に厚着をさせてしまうと、逆に汗をかいて体を冷やしてしまうことになります。そのため、赤ちゃんの表情を観察したり、背中に手を入れて汗をかいていないかこまめにチェックしましょう。
目安は空調のきいた室内なら半袖の肌着に厚めのトレーナーやズボンでよいでしょう。冬は室内と外の気温差が激しいため、外出時はカーディガンなど羽織れる小物があれば安心です。

大人の食事を取り分けて離乳食を作りたいのですが、どのようにしたらよいですか?(月齢10ヶ月、男児)

取り分け食をするには、赤ちゃんの発達に合わせた食材を使用するのがおすすめです。食材の大きさや固さは、赤ちゃんの分だけ取り分けてから、レンジで加熱して柔らかくしたり、細かく切ったりしてあげましょう。
他にも、大人の料理の味付けをする前に取り分けたり、味付け後のものなら出汁などで薄めるなどすると離乳食を作る手間が減りますよ。
取り分け食を行うことで、みんなで食卓を囲み食事の楽しさを感じることができ、赤ちゃんにとって食事の時間が楽しみになるのでおすすめです。

毎日同じ時間に離乳食を食べなくて、時間がまちまちになり困っています。(月齢8ヶ月、男児)

離乳食を規則正しく食べるには、生活リズムを整えて、おなかがすくリズムをつくってあげることが大切です。しかし、赤ちゃんの機嫌やお昼寝のタイミングなどでなかなか決まった時間に離乳食を食べさせることが難しいですよね。
毎日決まった時間に起こしてあげ、カーテンを開けて太陽を浴びさせる、午前中にお散歩する、など生活にメリハリをつけることで、離乳食も徐々に一定の時間に食べられるようになるでしょう。あまり神経質になりすぎず、赤ちゃんのペースに合わせて離乳食を進めてあげてくださいね。

離乳食をスプーンであげると、舌で押し返したり、食べてくれたかと思ったら出してしまいます・・・。何かよい方法はありますか?(月齢6ヶ月、男児)

まだスプーンに慣れていなかったり、口をうまく閉じることができないので、この頃の赤ちゃんではよくあることです。食べさせるときに、一緒に「あーん」と自分も口を開けてお手本を見せることで、真似をさせて、スプーンに徐々に慣らしてあげましょう。
口から出して嫌がるようなら、離乳食にかたまりがないかを確かめましょう。赤ちゃんは、口の中やのどが敏感で、少しのざらつきも嫌がることもあります。完全になめらかなベビーフードで一度試してみるのも良いですね。

両親の歯並びが悪いので遺伝しないか心配です。(月齢4ヶ月、女児)

顎の大きさなど骨格の遺伝による歯並びへの影響は考えられます。ですが、生活習慣や癖などによる後天的な要因も歯並びに大きく影響しています。
乳歯が生えたころから、かかりつけの歯科をみつけておかれるのがおすすめです。正しい口腔ケアの仕方も教えてもらえるので虫歯予防にもなり安心ですよ。

指しゃぶりをずっとしています。やめさせた方がいいでしょうか?(月齢3ヶ月、男児)

赤ちゃんの指しゃぶりは生後2~3か月ごろから始まります。自分の口の周りにあるものを吸うことで、遊びながら形や味を学習しています。
1歳を過ぎると手を使う遊びが増えたり、つかまり立ちが始まったり、いろいろなことに興味が広がるため、指しゃぶりをする回数は自然と減っていきますよ。
4歳を過ぎても指しゃぶりが続く場合は、歯並びに影響する場合があるため注意が必要です。無理やりやめさせるのではなく、外でエネルギーを発散させる遊びをしたり、手をつないで安心させてあげることで親子ともにストレスを抱えずに指しゃぶりを卒業することが大切です。

「お食い初め」という行事とはどんなものか教えてください。(月齢3ヶ月、女児)

お食い初めは、赤ちゃんが生まれて100日目頃に行う日本古来の儀式です。赤ちゃんの健やかな成長と長寿を願って行います。
長寿や健康にまつわる縁起の良い食材を使ってお祝い膳を用意し、赤ちゃんの口元に箸で料理を運んで食べさせるマネをします。1から手作りして自宅で行う方もいれば、「お食い初めコース」として料理を提供しているお店を利用する方もいます。おめでたい生後100日の記念日は、パパ・ママにとっても思い出にになりますから、ぜひ楽しみながら明るくお祝いしてあげてくださいね。

真っ赤な顔をしてうなることがあるのですが、ほうっておいて大丈夫ですか?(月齢2ヶ月、女児)

突然うなり始めるためビックリされる方が多いですが、この時期によくあるしぐさのため珍しいことではありません。
顔を真っ赤にしてうなっている場合は、排便の前触れの可能性もあります。腹筋が未発達な赤ちゃんは、うんちを出そうとうなってしまうことがあります。力んでもうんちが出ていない場合には、おなかを「の」の字にマッサージしたり、綿棒で肛門を刺激してあげましょう。

Ranking

介護情報

2018.8.26  介護情報

蓄膿ちくのう<…

「風邪が長引いているのか、鼻づまりがなかなか治らない」、「睡眠時に鼻がつ…

2018.2.26  健康と美容

汗疱状湿疹について

春先から夏にかけて、手のひらや足の裏、手足の指の側面に、かゆみを伴う水疱…

2020.4.26  健康と美容

ストレスと胃痛について

通常、消化に必要な「胃酸」と、胃粘膜を守る「胃粘液」の分泌量はバランスよ…

2018.3.26  健康と美容

胃もたれについて

胃もたれの原因は? 脂っこいものをたくさん食べたり、お酒を飲み過ぎたりし…

2023.11.26  健康と美容

眼精疲労と肩こりについて

眼精疲労ってどんな症状? 目の使い過ぎによって、目の痛み・かすみ・充血と…

2024.3.26  健康と美容

Category

Keyword Search

Service

LINE
公式アプリ