について

日本人の3人に1人がかかっているといわれている痔。命に関わる病気ではありませんが、重症化すると手術の対象になる場合もあります。恥ずかしいからと放置せず、心配な症状があるときは早めに受診しましょう。

痔ってどんな病気?

痔とは、肛門や肛門周辺に起こる病気の総称で、以下の3種類が三大疾患といわれています。

①いぼ痔(痔核ぢかく

肛門にいぼのような腫れができる。排便時などに肛門に負荷がかかり、肛門付近がうっ血して起こる。いぼが肛門の内側にできる内痔核と、外側にできる外痔核がある。

対処法

出血が止まりにくい場合はティッシュなどで肛門を圧迫するように抑えましょう。入浴時に湯船で患部を温めると痛みが和らぎます。

②切れ痔(裂肛れっこう

肛門の出口付近の皮膚が切れた状態。硬くなった便の排出や下痢便の勢いなどで肛門の外壁を傷つけることで起こる。出血は少ないが、強い痛みを感じることが多い。

対処法

患部を温めることで痛みが和らぎますが、入浴できないほど激しい痛みの場合は下着の上から使い捨てカイロを当てましょう。

③痔ろう

肛門に細菌が入って肛門内が化膿し、直腸と肛門周辺の皮膚に膿のトンネルができる。腫れてズキズキと痛み、発熱することもある。

対処法

うつぶせの状態で患部にタオルを置き、冷やすと痛みが和らぎます。市販薬で治すことはできないため、医療機関で治療しましょう。

日頃からできる予防法は?

●便秘・下痢を防ぐ

便秘の場合は1日3食栄養バランスのとれた食事を心がけ、とくに食物繊維を多く摂取しましょう。下痢の場合は冷たい飲み物を控え、体を冷やし過ぎないよう注意して下さい。

●排便の仕方に注意

便意を感じたときだけトイレに行くようにし、排便は短時間で自然にするよう心がけて下さい。いきんで無理に出しきろうとするのは禁物です。

●肛門に負担をかけない

長時間座りっぱなしでいることは避け、ときどき立ち上がって軽い体操などをしましょう。アルコールやタバコも控えて下さい。

妊娠・出産によるトラブル

妊娠中や出産後はおしりのトラブルが多いといわれています。妊娠中、子宮が大きくなるにつれて周りの血管や腸を圧迫し便秘になりやすくなります。また出産時のいきみでおしり周辺にかかる負担が痔の原因となる場合もあります。
「もしかして痔かな?」と感じたら、一人で悩まず早めに医療機関を受診して下さいね。

この記事を読んだ方におススメ

冬バテについて

気温がぐんと下がり、寒さが厳しい季節になると、毎年のように体調がすぐれな…

2019.12.26  健康と美容

骨盤のゆがみを改善しよう

骨盤がゆがむと、体全体のバランスが崩れてしまい、むくみ・冷え性・生理不順…

2018.8.26  健康と美容

あなたの便秘はどんなタイプ?
つら…

便秘にもさまざまなタイプがあります。まずは自分の便秘タイプを知り、正しい…

2021.2.26  健康と美容

セルフでツルツル美肌に!

ボディケア関連商品については、DRUGユタカの従業員へご相談下さい。 自…

2023.6.26  健康と美容

認知症について

ご家族や身近な方で、物忘れが目立って変だなと感じることはありませんか?も…

2018.8.26  健康と美容

.

Ranking

介護情報

2018.8.26  介護情報

蓄膿ちくのう<…

「風邪が長引いているのか、鼻づまりがなかなか治らない」、「睡眠時に鼻がつ…

2018.2.26  健康と美容

汗疱状湿疹について

春先から夏にかけて、手のひらや足の裏、手足の指の側面に、かゆみを伴う水疱…

2020.4.26  健康と美容

ストレスと胃痛について

通常、消化に必要な「胃酸」と、胃粘膜を守る「胃粘液」の分泌量はバランスよ…

2018.3.26  健康と美容

胃もたれについて

胃もたれの原因は? 脂っこいものをたくさん食べたり、お酒を飲み過ぎたりし…

2023.11.26  健康と美容

眼精疲労と肩こりについて

眼精疲労ってどんな症状? 目の使い過ぎによって、目の痛み・かすみ・充血と…

2024.3.26  健康と美容

Category

Keyword Search

Service

LINE
公式アプリ