楽しくお酒を飲むために!
お酒と上手に付き合う方法

お酒を飲む機会が増える季節。二日酔いに悩まされないよう、健康的な飲み方を覚えておきましょう。

飲酒運転や20歳未満の飲酒は、法律で禁止されています。妊娠中・授乳中の飲酒は胎児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

お酒を飲む前に二日酔い予防!

二日酔いは、アルコールを大量摂取して肝臓が有害物質のアセトアルデヒドを十分に処理できなくなることで起こります。そのため、事前に肝臓の働きを助ける成分を含んだドリンクやサプリメントを飲んでおくのがおススメです。

肝臓の働きを助ける成分

クルクミン

胆汁の分泌を促し、肝臓の働きをサポートします。

タウリン

肝臓を守る働きがあります。

L-システイン

アルコールを分解する働きを助けます。

お酒と一緒に摂りたい栄養素

たんぱく質

アルコールの分解を助けるアミノ酸を多く含みます。
 
例:えだまめ・豆腐・焼き鳥など

ビタミン

お酒を飲む前に摂取すると、アセトアルデヒドの分解を促進します。
例:キャベツ・トマト・おひたしなど

脂 質

胃の粘膜を保護して、アルコールの吸収を抑えます。
 
例:チーズ・ナッツなど
 

お酒を飲むときのNG行動

お酒だけを飲む

お酒には利尿作用があり体が脱水状態になります。一緒に同量程度の水を飲みましょう。

空腹で飲む

空腹時はアルコールを吸収しやすいので、食事をとりながら飲むようにしましょう。
 

飲酒後に入浴する

飲酒後すぐに入浴すると血流がよくなり酔いが回りやすくなるため、ぬるめのシャワーで済ませて下さい。

飲み過ぎた翌日はスポーツドリンクで水分補給!

お酒を飲み過ぎた翌日は、体内が水分不足になっているため、水分補給が第一です。スポーツドリンクには、水分だけでなく尿の排出によって不足しがちな糖分も含まれ、体への吸収も良いのでおススメです。

飲み過ぎた翌日はスポーツドリンクで水分補給!

お酒を飲み過ぎた翌日は、体内が水分不足になっているため、水分補給が第一です。スポーツドリンクには、水分だけでなく尿の排出によって不足しがちな糖分も含まれ、体への吸収も良いのでおススメです。

二日酔い対策関連商品については、DRUGユタカの従業員へご相談下さい。

この記事を読んだ方におススメ

若年性更年期障害について

更年期障害とは、閉経を境に卵巣の働きが鈍くなることで、主に卵巣で分泌され…

2017.2.26  健康と美容

汗疱状湿疹について

春先から夏にかけて、手のひらや足の裏、手足の指の側面に、かゆみを伴う水疱…

2020.4.26  健康と美容

めまいと耳鳴りについて

めまい・耳鳴りの症状を、同時に訴える方がしばしばいます。これは、めまいも…

2017.12.26  健康と美容

6月4日~10日は「歯と口の健康週間」<…

歯と口の健康のために、正しい歯磨き習慣を身につけましょう。 歯と口の健康…

2017.5.26  健康と美容

黄ばみ・泥汚れもスッキリ!
夏場の…

夏場は洗濯物が増える季節。汚れやニオイをスッキリ落とすお洗濯方法を覚えて…

2018.7.26  健康と美容

Ranking

介護情報

2018.8.26  介護情報

蓄膿ちくのう<…

「風邪が長引いているのか、鼻づまりがなかなか治らない」、「睡眠時に鼻がつ…

2018.2.26  健康と美容

ストレスと胃痛について

通常、消化に必要な「胃酸」と、胃粘膜を守る「胃粘液」の分泌量はバランスよ…

2018.3.26  健康と美容

女性の健康について
女性ホルモンとPM…

生理前になると、イライラ・肌荒れ・便秘など、心や体に不調があらわれません…

2017.2.26  健康と美容

皮膚掻痒そうよう

皮膚に赤みや湿疹などの症状はみられないのに、かゆみだけが起きる皮膚の病気…

2017.1.26  健康と美容

2~3月は花粉飛散のピークです!
つら…

花粉症のピークは春だと思っている方は多いと思いますが、実はスギ花粉の飛散…

2017.1.26  健康と美容

Category

Keyword Search

Service

LINE
公式アプリ