夏のダメージを回復!
髪をいたわる秋のヘアケア

体や肌と同じように、髪も夏の疲れを抱えています。乾燥する季節を迎える前にしっかりケアしておきましょう。

ヘアケアの基本をチェック!

夏の強い紫外線やエアコンによる乾燥は、髪のキューティクルを傷つけてパサつき・切れ毛・枝毛などを引き起こすため、正しいケアが大切です。
※キューティクル…髪の表面を覆っているウロコ状の細胞の層。外部の刺激から髪の内部をガードし、艶を与える役割があります。

●正しいシャンプーの手順

1ブラッシング

ブラシで髪のもつれや、髪についたほこり、ゴミを取り除きます。

2予洗い

ぬるま湯で髪をしっかり濡らし、汚れを落とします。
※お湯が熱いと髪に必要な油分まで落としてしまうので注意!

3シャンプー

手のひらでシャンプーをよく泡立てて頭皮を洗い、根元から毛先に向かって泡をなじませます。
※うまく泡立たない場合は、泡立てネットを使ってみましょう。

4マッサージ

前髪の生え際から頭頂部にかけて、指の腹で頭皮をマッサージします。

5すすぎ

襟足や耳周りなどにすすぎ残しがないよう、しっかりすすぎます。

6トリートメント

ダメージケア用トリートメントを髪に揉み込んで、5分ほどおいてからすすぎます。

●正しい髪の乾かし方

1タオルで髪を包み込むように、やさしく水分を拭き取ります。
※頭皮→毛先の順に。

2髪を根元から持ち上げるように指を入れ、温風を当てて乾かします。
※左右交互に風を当てて、髪の分け目をぼかすように乾かすのがポイント!

3指で髪を軽く引っ張りながら、上から下に向かって温風を当てます。

4髪が乾いたら、冷風で髪と頭皮をクールダウンします。

髪のお悩みQ&A

Q秋に抜け毛が目立つのはなぜ?

夏の間に頭皮がダメージを受けると、髪が生えかわる周期が乱れて抜け毛が増えます。髪にやさしいアミノ酸シャンプーを使うなど、頭皮環境を整えることが大切です。

Q朝のシャンプーは髪によくない?

朝、髪を洗うことは問題ありません。しかし夜に髪が汚れたまま寝るのは禁物。髪や頭皮に負担がかかるため、髪を洗ってから就寝する習慣をつけて下さい。

Q髪のパサつきを改善するには?

パサつきの原因は紫外線ダメージによる乾燥が考えられます。保湿力の高いシャンプーや洗い流さないトリートメントを使い、日中は帽子や日傘で紫外線を防ぎましょう。

Q濡れた髪にヘアアイロンを使ってもいい?

髪が濡れてキューティクルが開いた状態でヘアアイロンを当てると必要な水分まで一気に奪われ、切れ毛や枝毛の原因になります。よく乾かしてから使用しましょう。

秋のヘアケア関連商品については、DRUGユタカの従業員へご相談下さい。

この記事を読んだ方におススメ

頭痛について

頭痛は、他の病気が原因でない「一次性頭痛」と、なんらかの病気が原因で起こ…

2017.11.26  健康と美容

冬のカサカサを予防!
うるおい肌を…

肌が乾燥すると、かゆみや痛みを引き起こす肌荒れにつながります。冬の乾燥肌…

2019.10.26  健康と美容

寒い季節は悪化に注意!
肩こり解消…

肩こりは冷える時期に多い体の悩みのひとつ。正しい姿勢や簡単ストレッチで、…

2020.1.26  健康と美容

しっかり予防と対策を
気をつけよう…

気温が上がるにつれて熱中症になる人が増えていきます。日頃から意識をして、…

2019.6.26  健康と美容

腰痛予防のストレッチ

お尻と太ももは、腰を下から支える役割を担っており、常に負担がかかるため、…

2019.5.26  健康と美容

.

Ranking

介護情報

2018.8.26  介護情報

蓄膿ちくのう<…

「風邪が長引いているのか、鼻づまりがなかなか治らない」、「睡眠時に鼻がつ…

2018.2.26  健康と美容

ストレスと胃痛について

通常、消化に必要な「胃酸」と、胃粘膜を守る「胃粘液」の分泌量はバランスよ…

2018.3.26  健康と美容

女性の健康について
女性ホルモンとPM…

生理前になると、イライラ・肌荒れ・便秘など、心や体に不調があらわれません…

2017.2.26  健康と美容

汗疱状湿疹について

春先から夏にかけて、手のひらや足の裏、手足の指の側面に、かゆみを伴う水疱…

2020.4.26  健康と美容

皮膚掻痒そうよう

皮膚に赤みや湿疹などの症状はみられないのに、かゆみだけが起きる皮膚の病気…

2017.1.26  健康と美容

Category

Keyword Search

Service

LINE
公式アプリ