知らないと後悔するかも!
早めのUVケアで美肌をつくろう

紫外線が急激に増え始める5月。正しいUVケアの方法をチェックして日焼けを予防しましょう。

日焼け止めの選び方

日焼け止めにはSPF・PAという数値があります。それぞれ数値が高いほど紫外線の防止効果は高まりますが、それと同時に肌への負担も大きくなるので注意が必要です。

SPF

シミ・そばかすの原因となる紫外線B波(UVB)の防止力を示します。数値が大きいほど防止時間が長くなります。

SPF10の場合
20分×10=200分(3時間20分)

SPF1=約20分の日焼け止め効果

PA

シワやたるみの原因となる紫外線A波(UVA)の防止効果を示します。「+」の数が多いほど防止効果が高まります。



日焼け止めの塗り方

化粧水・乳液で肌を整えた後、日焼け止めを手のひらにとり、顔の5ヶ所にのせます。顔の内側から外側に向かってなじませましょう。とくに鼻や頬の高い部分は焼けやすいので念入りに塗りましょう。

からだ

容器から直接肌へたっぷり出して、大きく円を描くようになじませます。とくに肩から胸にかけては焼けやすいので念入りに塗りましょう。

UVケア Q&A

Q. 日焼け止めはたくさん種類があるけど、どうやって選べばいいの?

A日焼け止めにはさまざまなタイプがあり、それぞれ特徴があります。自分の肌質や使用シーンにあわせて選びましょう。

クリームタイプ

保湿効果が高いので乾燥肌の方におススメ。

乳液(ミルク)タイプ

伸ばしやすい質感で、体にも塗りやすい。

ジェルタイプ

サラッとした付け心地。ベタつきが苦手な方におススメ。

スプレータイプ

背中など手が届きにくい部分に便利。

ローションタイプ

肌に優しく、敏感肌の方におススメ。

パウダータイプ

メイクの上から使用OK。外出先での塗り直しに。

Q. 日焼け止めの正しい落とし方は?

Aウォータープルーフなどの落としにくい日焼け止めは、オイルクレンジングをたっぷり手にとり、優しくなでるように落とします。クレンジング後は保湿効果の高い化粧水・乳液でしっかりケアしましょう。

Q. 日焼けをしてしまったときのアフターケアは?

A日焼けをするとヒリヒリ傷んだり赤くなったりしますが、これは肌が軽度のやけどをしたような状態になっているからです。なるべく早く、水に浸した冷たいタオルを当てて冷やしましょう。ほてりが治まったらたっぷり保湿も忘れずにしましょう。

Q. 赤ちゃんもUVケアをした方がいいの?

A赤ちゃんの肌は大人よりも薄く、紫外線のダメージを受けやすいので要注意です。赤ちゃんにも使える日焼け止めを選んで、しっかりケアしてあげましょう。

※初めて使うときはパッチテストを行い、赤ちゃんの肌に合っているか確認しましょう。

体の内側からUVケア

  • 飲む日焼け止めサプリメントは、肌のシミ・そばかすの原因となるメラニンの排出を促す効果があります。塗るタイプの日焼け止めと併用して使うことで、より効果的なUVケアができます。
  • トマトに多く含まれるリコピンは抗酸化作用が強く、UVケアにとてもよい食材です。生のトマトより加工品のジュースなどで摂取すると、より高い効果が期待できます。

UVケア関連商品については、DRUGユタカのビューティスタッフへご相談下さい。

この記事を読んだ方におススメ

痔について

痔とは、肛門と肛門周辺の病気の総称です。「日本人の3人に1人は痔に悩んだ…

2019.1.26  健康と美容

暑くて元気が出ない方必見!
運動と…

暑い日が続くと、体がだるくなったり食欲がなくなったり、疲れが取れない日々…

2017.7.26  健康と美容

健康診断における基準値について

健康診断の結果の多くは、検査値と基準値を比較し、正常と異常ありに大別され…

2017.4.26  健康と美容

冬の乾燥対策に!
パーツ別しっとり…

冬になるとカサカサの乾燥肌でお悩みの方も多いのでは?今回は、お肌の乾燥を…

2016.10.26  健康と美容

股関節を柔軟に保とう

股関節は歩いたり、階段を上ったり、イスから立ち上がったりするために大切な…

2018.3.26  健康と美容

Ranking

第20回 劇団こぐま座『ももたろう』公演 …

2019.3.26  イベント情報

介護情報

2018.8.26  介護情報

蓄膿ちくのう<…

「風邪が長引いているのか、鼻づまりがなかなか治らない」、「睡眠時に鼻がつ…

2018.2.26  健康と美容

2~3月は花粉飛散のピークです!
つら…

花粉症のピークは春だと思っている方は多いと思いますが、実はスギ花粉の飛散…

2017.1.26  健康と美容

ストレスと胃痛について

通常、消化に必要な「胃酸」と、胃粘膜を守る「胃粘液」の分泌量はバランスよ…

2018.3.26  健康と美容

女性の健康について
女性ホルモンとPM…

生理前になると、イライラ・肌荒れ・便秘など、心や体に不調があらわれません…

2017.2.26  健康と美容

皮膚掻痒そうよう

皮膚に赤みや湿疹などの症状はみられないのに、かゆみだけが起きる皮膚の病気…

2017.1.26  健康と美容

Category

Keyword Search

Service

LINE@
公式アプリ