睡眠に関する悩みについて

今回は、高齢者の3人に1人が悩みを抱えているといわれる、睡眠トラブルとその対処法をご紹介します。

監修:岡田 真見
大王製紙株式会社
介護福祉士/認知症サポーター

岡田 真見

介護関連情報については、DRUGユタカの従業員へご相談下さい。

高齢者の睡眠トラブル

1日の睡眠や起床のリズムをつくる体内時計は、加齢による影響を受けやすいものです。そのため、寝つきが悪くなる入眠障害や、眠りが浅くて夜中に目が覚めてしまう途中覚醒などの睡眠トラブルが起こりやすくなります。

薬を服用している場合、その中に睡眠を妨げる成分が含まれるものがあり、不眠の原因になる場合があります。気になる場合は、かかりつけの医師・薬剤師に相談して下さい。

認知症と睡眠障害

認知症になると、不安感によって睡眠が妨げられ、昼夜が逆転してしまうことがあります。また、時間や場所が分からなくなる見当識障害けんとうしきしょうがいも、夜中の徘徊など睡眠の妨げになります。ただし、周りの人がそうした行動を否定すると混乱を助長してさらに眠れなくなる場合もあるので、注意が必要です。

認知症の症状によって眠れない高齢者に対しては、強く寝るように促すことは逆効果になる可能性があります。家族の態度がストレスになって睡眠のリズムに悪影響を及ぼすこともあるため、強引に寝かせようとせず、本人の気持ちやペースに寄り添うようにしましょう。

睡眠トラブルの対処法

●日中は活動と日光浴を

日中は、散歩などで活動量を増やしましょう。午前中の日光浴は昼夜逆転の予防に効果的です。

●眠りやすい環境に

寝室の温度や明るさ、快適な寝具・寝間着など安眠ができる環境を整えます。また入浴は、寝る1~2時間前にすませましょう。

就寝前にマッサージをしたり、安心できる香りのアロマを使用するなど、心を落ち着かせる工夫も有効です。

●昼寝は15時まで

昼寝をしたいときは15時までにしましょう。寝る時間は20~30分程度に留めて下さい。

●かかりつけ医に相談も

睡眠に影響を及ぼさない薬の調整や、適切な睡眠薬の使用などを相談してみましょう。

毎日の睡眠時間や睡眠前・日中の様子などを簡単に記録しておくと、医師の相談時に原因解明や改善の一助になります。


この記事を読んだ方におススメ

口腔ケアでお口を清潔に!

今回は、体の健康や生活の質に深く関わる口腔ケアの大切さやその方法をご紹介…

2019.9.26  介護情報

誤嚥ごえん

今回は、誤嚥を防ぐために気をつけたいポイントや飲み込みやすい食事法を紹介…

2019.7.26  介護情報

家族が認知症になったら

認知症の症状は、性格・環境・体験などが絡み合って現れる場合が多いといわれ…

2019.8.1  介護情報

介護保険で利用できるサービス

介護保険で利用できるサービスには、自宅に住みながら介護を受ける「在宅介護…

2018.12.1  介護情報

着替えの介助ついて

今回は、高齢者の着替えの重要性やコツ、衣類を選ぶポイントについてご紹介し…

2020.3.26  介護情報

Ranking

介護情報

2018.8.26  介護情報

蓄膿ちくのう<…

「風邪が長引いているのか、鼻づまりがなかなか治らない」、「睡眠時に鼻がつ…

2018.2.26  健康と美容

ストレスと胃痛について

通常、消化に必要な「胃酸」と、胃粘膜を守る「胃粘液」の分泌量はバランスよ…

2018.3.26  健康と美容

女性の健康について
女性ホルモンとPM…

生理前になると、イライラ・肌荒れ・便秘など、心や体に不調があらわれません…

2017.2.26  健康と美容

汗疱状湿疹について

春先から夏にかけて、手のひらや足の裏、手足の指の側面に、かゆみを伴う水疱…

2020.4.26  健康と美容

皮膚掻痒そうよう

皮膚に赤みや湿疹などの症状はみられないのに、かゆみだけが起きる皮膚の病気…

2017.1.26  健康と美容

Category

Keyword Search

Service

LINE
公式アプリ