ナルコレプシーについて

日中、眠気に襲われることは誰にでもあります。しかし、時間や場所に関係なく強烈な眠気が繰り返し起こる「ナルコレプシー」という病気があります。本人の意思に関わらず眠ってしまうので日常生活に支障をきたし、事故のリスクもあります。改善には、薬での治療と生活習慣の見直しがポイントです。

ナルコレプシーって?

はっきりとした原因はわかっていませんが、脳内のオレキシンという神経細胞が働かなくなることによって起こると考えられています。
オレキシンは、脳の覚醒状態を維持する作用があります。しかし何らかの原因で、日中にオレキシンが分泌されなくなったり不足することで脳が覚醒を維持できなくなり、強烈な眠気が起こります。10代~20代の発症が多いのが特徴です。

ナルコレプシーの症状

睡眠発作

食事中など通常では考えられないような状況でも眠気に襲われ、自覚なく眠ってしまう。

情動性脱力発作

感情が高ぶったとき、急に全身の力が抜け、その場に倒れこんでしまうこともある。

睡眠麻痺

金縛りとも呼ばれ、眠りがけや起きがけに、目はあけられるのに体が動かなくなる。

入眠時幻覚

就床後まもなく、鮮明で現実感のある怖い夢をみてしまう。(人の気配を感じるなど)

熟眠障害

目が覚めやすく深い眠りが少ないため、熟眠感が得られない。

ナルコレプシーの治療のポイント

根本的な治療法は見つかっていませんが、薬の服用などにより症状を改善することは可能です。治療には、中枢神経刺激薬や抗うつ薬など、症状に合わせた薬を服用します。眠気が強くて心配な方は、精神科や睡眠障害専門の医療機関に相談しましょう。

生活習慣の見直しも大切です。以下の点に注意しましょう。

  • 夜間の睡眠時間を十分にとり、規則的な生活を心がける。
  • 昼休みなどに短時間の昼寝をする。
    (可能であればいつも決まった時間に15分程度)
  • カフェインを適宜摂取する。

周囲からの理解も大切です

ナルコレプシーは日中に眠気を引き起こす病気なので、「怠け者」「やる気がない」など誤解されるケースや、思わぬ事故につながる危険性もあります。しかし適切な診断と治療を受けることで、日常生活をほとんど支障なく送ることができます。家族・友人・先生・同僚など、周囲の人に病気について説明し、理解してもらいましょう。

この記事を読んだ方におススメ

自律神経失調症について

自律神経失調症とは正式な病名ではなく、交感神経と副交感神経の2つから成り…

2017.7.26  健康と美容

年末年始も体重を増やさない!
お正…

おいしいものを食べる機会が多いお正月。食べ過ぎて後悔しないよう、太りにく…

2020.12.26  健康と美容

女性の健康について
女性ホルモンと…

生理前になると、イライラ・肌荒れ・便秘など、心や体に不調があらわれません…

2017.2.26  健康と美容

冷えに負けないカラダをつくる
衣・…

寒さが増すこの季節、健康管理に冷えは大敵。毎日の生活で内側から体を温める…

2019.11.26  健康と美容

運動不足や夏バテ解消に
この夏はL…

夏の暑さに負けないように、体を動かして気持ちよく汗を流しましょう!気軽に…

2021.6.26  健康と美容

.

Ranking

介護情報

2018.8.26  介護情報

蓄膿ちくのう<…

「風邪が長引いているのか、鼻づまりがなかなか治らない」、「睡眠時に鼻がつ…

2018.2.26  健康と美容

ストレスと胃痛について

通常、消化に必要な「胃酸」と、胃粘膜を守る「胃粘液」の分泌量はバランスよ…

2018.3.26  健康と美容

女性の健康について
女性ホルモンとPM…

生理前になると、イライラ・肌荒れ・便秘など、心や体に不調があらわれません…

2017.2.26  健康と美容

汗疱状湿疹について

春先から夏にかけて、手のひらや足の裏、手足の指の側面に、かゆみを伴う水疱…

2020.4.26  健康と美容

皮膚掻痒そうよう

皮膚に赤みや湿疹などの症状はみられないのに、かゆみだけが起きる皮膚の病気…

2017.1.26  健康と美容

Category

Keyword Search

Service

LINE
公式アプリ