二日酔いも怖くない!
お酒の上手な飲み方

年末年始はお酒を飲む機会も増えますね。飲み過ぎに注意して楽しくお酒を飲みましょう。

飲み過ぎ・二日酔い関連商品については、DRUGユタカの従業員へご相談下さい。

!
飲酒運転、20歳未満の飲酒は法律で禁止されています。
妊娠中・授乳期の飲酒は胎児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

日本人はお酒に弱い!?

日本人に多いモンゴロイド(黄色人種)の過半数は遺伝的に「お酒に弱い」体質であるといわれています。お酒に弱い人は、強くなろうと無理をせず、体質に応じた飲み方をしましょう。

二日酔いになりにくいお酒の飲み方

お酒を飲む前

空腹で飲まない
空腹でお酒を飲むとアルコールの吸収が早くなり酔いやすくなるため、必ず何か食べものを口にしてからお酒を飲みましょう。

お酒を飲む前におススメの食品

牛乳、チーズ、梅干し、ウコン飲料 など

お酒を飲んでいる最中

水割りで飲む
アルコール度数の強いお酒は肝臓に過度な負担を与え、酔いやすくなります。体のためにも水で薄めて飲みましょう。
※炭酸で割るとアルコールの吸収を良くし酔いやすくなるので気をつけましょう。

おつまみを食べる
良質なタンパク質と一緒にお酒を飲むと肝臓の働きを助け、二日酔いになりにくいといわれています。

おつまみにおススメの食品

ひややっこ、揚げ出し豆腐、レバーペースト など

お酒を飲んだ後

多めに水分補給をする
お酒を飲むと、抗利尿ホルモンの分泌が抑えられ、尿が出やすくなり、脱水症状を起こす場合があります。

二日酔いになってしまった時の対処法

柑橘類の果物を食べる

ビタミンCを含む柑橘類などの果物は、二日酔いの原因となるアセトアルデヒドの分解を助けるといわれています。

胃腸薬を飲む

胃が痛むとき、吐き気があるときは胃腸薬を飲むことも効果的です。

Point!

しじみの味噌汁・梅干し・柿・チョコレート・チーズ・トマトなども二日酔いに効果があるといわれています。

この記事を読んだ方におススメ

関節炎について

加齢や肥満、過度な運動による関節への負担が原因で、関節部が変形したり腫れ…

2019.10.26  健康と美容

夏本番!
熱中症にご用心!

熱中症はいつ起こるかわかりません。正しい水分補給と暑さ対策で熱中症を予防…

2018.6.26  健康と美容

今年もそろそろ花粉シーズンです
早…

止まらないくしゃみ・鼻水…その症状、花粉症かもしれません!早めの花粉症対…

2016.12.26  健康と美容

スポーツの秋到来!
ランニングを始…

9月12日は「マラソンの日」。体力づくりや健康のために、あなたも秋からラ…

2018.8.26  健康と美容

むくみを予防しよう

夏は冬よりもむくみやすいことをご存知ですか?冷房が効いた室内で過ごしたり…

2018.7.26  健康と美容

Ranking

介護情報

2018.8.26  介護情報

蓄膿ちくのう<…

「風邪が長引いているのか、鼻づまりがなかなか治らない」、「睡眠時に鼻がつ…

2018.2.26  健康と美容

ストレスと胃痛について

通常、消化に必要な「胃酸」と、胃粘膜を守る「胃粘液」の分泌量はバランスよ…

2018.3.26  健康と美容

女性の健康について
女性ホルモンとPM…

生理前になると、イライラ・肌荒れ・便秘など、心や体に不調があらわれません…

2017.2.26  健康と美容

2~3月は花粉飛散のピークです!
つら…

花粉症のピークは春だと思っている方は多いと思いますが、実はスギ花粉の飛散…

2017.1.26  健康と美容

皮膚掻痒そうよう

皮膚に赤みや湿疹などの症状はみられないのに、かゆみだけが起きる皮膚の病気…

2017.1.26  健康と美容

Category

Keyword Search

Service

LINE
公式アプリ