寒暖差アレルギーについて

季節の変わり目で寒暖差が大きくなってくると、温度差によって咳や鼻水が出る、体がだるくなる・・・といった経験はありませんか?その症状は寒暖差アレルギーによるものかもしれません。1日の温度差が7℃以上になると起こりやすく、大きな気温変化による自律神経の乱れが原因だといわれています。

寒暖差アレルギーってどんな症状?

主な症状
鼻水・鼻づまり くしゃみ 咳 頭痛 じんましん 食欲減少 など

症状だけみると風邪や花粉症によく似ていますが、風邪との違いは、「発熱がない」「透明な鼻水が出る」ことです。花粉症との違いは、「目のかゆみや充血がない」ことです。また自律神経の乱れによる症状として、イライラしやすい・食欲減少・胃腸の乱れ・不眠・倦怠感などがあります。

寒暖差アレルギーの治療法は?

花粉症などの一般的なアレルギーはアレルゲンに反応して起こりますが、寒暖差アレルギーはアレルゲンやウイルスによる発症ではないので、これといった治療法がなく、症状を和らげる対処療法が中心となります。症状が長引くようなら、まずは耳鼻咽喉科を受診しましょう。

  • アレルギー性鼻炎と同様に、抗ヒスタミン剤やステロイド点鼻薬が用いられます。
  • 冷え性や自律神経失調症の対策として漢方薬や鍼灸が有効となる場合もあります。

効果的な予防法は?

1. 体を温めてリラックス

  • マスク・カーディガン・膝かけなどで冷気から体を守る。とくに手首・足首・首を温めて血流をよくする。
  • 40℃程度のお風呂でリラックスし、十分な睡眠をとる。

2. 適度な運動

  • 基礎代謝を上げる=筋肉量を増やして抵抗力をつける。
  • ストレッチなどで体の緊張感をほぐして自律神経を整える。

3. バランスのよい食事

  • しょうが・にんにくなど、体を温める食材や発酵食品を取り入れる。
  • タンパク質・ミネラル・ビタミンなどの栄養分をバランスよく摂る。

自律神経と寒暖差アレルギーの関係

自律神経は、体の活動時や昼間に活発になる交感神経と、安静時や夜に活発になる副交感神経があり、この2つの神経が内臓や血管の働きをコントロールすることで体の状態を整えています。
血管は寒いと縮み、暑いと広がりますが、寒暖差が大きいと血管の収縮が環境に対応できなくなり、自律神経の誤作動を起こして寒暖差アレルギーが生じてしまうのです。

この記事を読んだ方におススメ

手洗いと水分補給がポイント!
風邪…

風邪・インフルエンザが猛威を振るう季節です。しっかり予防・対策をして感染…

2017.10.26  健康と美容

乾燥ケア&紫外線ケアがポイント!

冬が終わり春に近づくこの季節。意外と油断しがちな春のヘアケアのポイントに…

2019.2.26  健康と美容

運動後のストレッチ

運動後はしっかりとストレッチを行って、血液や疲労物質を全身に流すことが大…

2020.8.26  健康と美容

痛風について

突然、足の親指の付け根が赤く腫れて猛烈な痛みに襲われたことはありませんか…

2019.4.26  健康と美容

夏の体調管理に要注意!
暑さに負け…

本格的な夏の到来とともに注意したい熱中症。症状が進むと命にかかわることも…

2020.6.26  健康と美容

.

Ranking

介護情報

2018.8.26  介護情報

蓄膿ちくのう<…

「風邪が長引いているのか、鼻づまりがなかなか治らない」、「睡眠時に鼻がつ…

2018.2.26  健康と美容

ストレスと胃痛について

通常、消化に必要な「胃酸」と、胃粘膜を守る「胃粘液」の分泌量はバランスよ…

2018.3.26  健康と美容

女性の健康について
女性ホルモンとPM…

生理前になると、イライラ・肌荒れ・便秘など、心や体に不調があらわれません…

2017.2.26  健康と美容

2~3月は花粉飛散のピークです!
つら…

花粉症のピークは春だと思っている方は多いと思いますが、実はスギ花粉の飛散…

2017.1.26  健康と美容

皮膚掻痒そうよう

皮膚に赤みや湿疹などの症状はみられないのに、かゆみだけが起きる皮膚の病気…

2017.1.26  健康と美容

Category

Keyword Search

Service

LINE
公式アプリ