「新しい時代での、専門性の追求と従業員の幸福をめざして」

株式会社ユタカファーマシー
代表取締役
浅井 家康

ユタカファーマシーの理念

一人ひとりのお客様に対して、より健康的に、より美しくなって頂くことをテーマに地域社会に貢献できる企業になることだと考えています。
そのためには商品の品ぞろえや安い価格の追究だけではなく、お客様のこころをユタカにするための社員の接客や専門性を高める教育に力を入れています。

社是へ込める想い

『おかげさま』という言葉を社是にしております。
自分が働けるのは、ユタカをご利用して下さるお客様のおかげ、一緒に頑張ってくれる従業員のおかげ、商品を届けてくれる取引先様のおかげ、そして自身や従業員を支えてくれるご家族様がいるおかげであるという事を忘れないでほしい。この「感謝」の想いを非常に大切にしています。
中でも、従業員が幸せでなければ、本当の意味でお客様を幸せにすることはできません。従業員の幸福の追求をサポートできるような取組、人財育成を行っております。

目指していくもの

「売上NO.1」でも「店舗数NO.1」でもなく地域に圧倒的に支持される『地域支持率NO.1』のドラッグストアになることが最終目標になります。
「健康」と「美容」の専門家(薬剤師・※HCC・BCC・NCC)が一丸となって 1人のお客様・患者様をサポートすること、それがユタカの「専門性」の強みです。『あの人がいるからユタカに行く』と言って頂ける方を増やしていきたいと思います。地域のお客様が、『気軽に利用でき、気軽に相談できるドラッグストア』になれるように目指しています。
また、富士薬品グループ(「配置薬」「医薬品研究」「医薬品開発」「医薬品販売」「調剤薬局・ドラッグストア」という5つの事業を併せ持つ複合型医薬品企業)のメリットを活かし、超高品質な医薬品の提供や販売網の確保により、お客様・患者様の身近な存在であり続けるための施策を考え、実行していきます。

※HCC:ヘルスケアカウンセラー、BCC:ビューティケアカウンセラー、NCC:管理栄養士

求める人財

AIの発達や新型コロナウイルスの影響でお客様の生活スタイルは劇的に変動しております。人と人との関係性が薄れていく社会の中で、よりお客様の立場になり、親身になって提案できるスタッフがいる、そういうドラッグストアをお客様は間違いなく求めています。
良い商品や良いサービスを提供することは当たり前の時代で、健康や美容に関する情報もあふれております。
その中で正しい知識や高度な専門性を発信できるように職務能力を高めてもらうとともに、人としての魅力を最大限に高めてもらいたいのです。
お客様の為に親身になれる「人間力」と高い知識と専門性を併せ持った人財、そうなりたいと努力をする人財を求めています。