薬剤師と共に目指す姿

ドラッグストアに併設されている調剤薬局だからこそできること。それは、「お客様・患者様の健康を継続的に、且つ総合的にサポートできる」ということ。 ドラッグストアは、良い意味で敷居が低く、病院よりも行きやすく健康について相談しやすい場所です。誰でも気軽に訪れることができ、そして薬局も併設されていることで薬剤師をとても身近に感じて頂けます。医療用医薬品、OTC医薬品、健康食品等幅広い知識が必要とされる薬剤師だからこそ、お客様・患者様の信頼を得られるのではないでしょうか。検体測定も実施し、病気になる前の対策も提案しており、人々のセルフメディケーションの一番の相談役が薬剤師となることを願っています。

「健康」と「美容」を維持するためには、医薬品だけでは足りません。「栄養」「運動」「化粧品」等の様々なものの組み合わせで維持できるものです。ユタカファーマシーには薬剤師以外に、登録販売者・ビューティスタッフ・管理栄養士という職種があり、それぞれの専門性を持ち合わせています。 患者様の相談から、ビューティスタッフに引き継いだり、管理栄養士と一緒に栄養のご提案をしたり、薬剤師だけではできないことがたくさんあります。それぞれの専門性を集結させることで、総合的なご提案ができお客様・患者様の満足に繋がります。

安全を第一に考え、最新の調剤システムを導入しております。画面を進める度に指紋認証でログインしたり、前日の動いた薬品をチェックする「毎日棚卸」を実施。患者様の安全・安心を考えたシステムとなっています。また、薬歴を入力する時間を短縮し、さらに内容を充実化させるため、音声入力システムを導入。様々なところで工夫がこなされ、効率よく調剤業務ができる環境があるからこそ、OTC医薬品の接客等も実施できます。