為になる子育て豆知識

2018年12月03日 更新
Q.骨を丈夫にするために何かできることはありますか?今はまだ歩けないのですが。(月齢14ヵ月、男児)

骨の健康のためには、まずは骨の材料になるカルシウムを積極的に摂ることが大切です。しらすや大豆製品、小松菜などの青菜はカルシウムが豊富な食材です。また少しでいいので日光に当たることも必要です。日光に当たると体内で骨を丈夫にする働きのあるビタミンDが作られます。季節や時間によって日差しの強弱がありますが、日中に少し手を出して30分程度のさんぽ(ベビーカーや抱っこでも)がおすすめです。天気の良い日は外出して日に当たる習慣を作ると良いでしょう。また歩く時期は個人差が大きいものです。歩く前の時期には、ずりばいやハイハイを積極的にさせてあげてください。足腰の骨や筋肉の発達に繋がり、丈夫な体を作るのに役立ちますよ。

2018年12月03日 更新
Q.母乳を飲んだ後、口からではなく、鼻からたらりと母乳が出ます。(月齢2ヵ月、男児)

これは溢乳と言って、口からたらりと母乳が出るのと同じものです。赤ちゃんの胃の噴門という胃の入口の閉まりが、未発達のため起こってしまいます。鼻でも起こりうるため、鼻から少量出ていても機嫌がよければ、問題ありません。また、鼻から出る量がドバっとでたら、これも吐乳と言って胃に圧力がかかって出てしまうものですので、出た後に機嫌が良ければ、さほど心配はありません。もし、ドバっと出て機嫌が悪かったり、出る量や頻度が多い、母乳以外の色(ピンクや緑)が混ざっていたら、一度病院を受診してください。

2018年11月01日 更新
Q.成長曲線からはみ出すくらい太ってきました。ダイエットさせた方がいいですか?また、外に出かけようとしても靴を履かない為困ってます。(月齢16ヵ月、男児)

まだまだ成長中のお子様にダイエットはオススメできません。出来れば活動量を増やしてみてはいかがでしょうか。ベビーカーではなく靴を履かせ公園にでかけ追いかける遊びや、散歩する際も歩いたり走ったりさせてみましょう。靴が嫌いで履かない場合はお子様が好きなキャラクターのシールを半分に切って靴の上に貼り付け、靴を履くとキャラクターがキレイに合わさるようにすると喜ぶ場合もあります。またはピッピッと音のなる靴を履かせて興味を引いてみるのも良いでしょう。

2018年11月01日 更新
Q.新しい食材に挑戦しても、慣れてくれず、レパートリーが増えません。どうしたら増やせますか?(月齢9ヵ月、女児)

新しい食材を嫌がる理由は、味が濃い、食感が嫌い、食べづらいなどさまざまです。理由を知るためにも、調理法、味付けを少しずつ変化させていくことがポイントです。お気に入りの食材に混ぜたり、慣れ親しんだ味付けにしたりして違和感の無いように調理しましょう。

2018年10月01日 更新
Q.ねんねや起きるリズムが中々安定せず、おっぱい含め夜中も何度も起きるのですが、大体いつごろから安定しますか?(月齢3ヵ月、男児)

個人差はありますが4ヶ月頃からだんだん安定してきますよ。明るくなったら起きる、暗くなったら寝ると言う習慣をこれからつけるためにも、朝起きたらカーテンを開けて光を取り入れて、日の光を浴びせてあげましょう。体内時計もリセットされますよ。