夏バテ対策レシピ(滋養強壮)
緑黄色野菜のさっぱり肉巻き
~みょうがソースかけ~

夏は屋内と屋外の温度変化に体が対応できなかったり、冷たいものを摂り過ぎて内臓を冷やしてしまったりと、体の疲れや胃腸の不調があらわれやすい季節です。疲労回復や体を温める食材を取り入れて、夏バテを予防していきましょう!

調理時間20

栄養価(1人分)

エネルギー・・・・・・・298kcal
たんぱく質・・・・・・・14.5g
脂質・・・・・・・・・・20.6g
糖質・・・・・・・・・・10.0g
食物繊維・・・・・・・・1.5g
食塩・・・・・・・・・・1.0g

材料(2人分)

豚肉(薄切りロース)・・・150g
かぼちゃ・・・・・・・・・50g
ニラ・・・・・・・・・・・30g(1/3束)
塩・・・・・・・・・・・・少々
黒コショウ(粗挽き)・・・少々
片栗粉・・・・・・・・・・適量
油・・・・・・・・・・・・大さじ1
サラダ菜・・・・・・・・・2枚
【みょうがソース】
みょうが・・・・・・・・・1/2個
めんつゆ(3倍濃縮)・・・大さじ1
穀物酢・・・・・・・・・・小さじ1

つくり方

1. みょうがはみじん切りに、かぼちゃは2mmの薄切りに、ニラは5cmのざく切りにする。
2. みょうが・めんつゆ・穀物酢を混ぜ合わせ、みょうがソースをつくる。
3. 豚肉に塩・黒コショウを振り、ニラ・かぼちゃをのせて巻き、片栗粉をまぶす。
4. フライパンに油をひいて中火にかけ、豚肉の巻き終わりを下にして並べる。
5. 軽くきつね色になったら、フタをして弱火で5分間蒸し焼きにする。
6. サラダ菜と一緒に皿に盛り、みょうがソースをかけたら完成♪

ユタカ管理栄養士のひとことメモ

ビタミンB1

夏バテを予防し、疲労回復に効果的です。
(豚肉・豆類・玄米など)

ビタミンE

血行を促進し、冷え性や肩こり改善にも。
(かぼちゃ・ナッツ・魚介類など)

アリシン

エネルギー代謝を高め、スタミナ増進効果も。
(ニラ・ニンニクなど)

作成者 三縞 佳奈(管理栄養士)

この記事を読んだ方におススメ

むくみを予防しよう

夏は冬よりもむくみやすいことをご存知ですか?冷房が効いた室内で過ごしたり…

2018.7.26  健康と美容

意外と知らない?歯磨きの基本
正し…

毎日正しい歯磨きはできていますか?いつまでも自分の歯でおいしいものを食べ…

2018.2.26  おススメ商品

10月10日は「目の愛護デー」
覚…

近年、パソコンやスマートフォンなどの影響で、目の疲れを感じる人が多くなっ…

2016.9.26  おススメ商品

夏を元気に過ごすために
熱中症から…

熱中症になる方は年々増加しているといわれています。一人ひとりが熱中症に関…

2017.6.26  おススメ商品

健康・美肌・ダイエットにおススメ!

わずかな体温低下を防ぐだけでも体内の細胞の働きが活発になり、病気を防いだ…

2017.10.26  おススメ商品

Ranking

介護情報

2018.8.26  介護情報

女性の健康について
女性ホルモンとPM…

生理前になると、イライラ・肌荒れ・便秘など、心や体に不調があらわれません…

2017.2.26  おススメ商品

蓄膿ちくのう<…

「風邪が長引いているのか、鼻づまりがなかなか治らない」、「睡眠時に鼻がつ…

2018.2.26  健康と美容

ストレスと胃痛について

通常、消化に必要な「胃酸」と、胃粘膜を守る「胃粘液」の分泌量はバランスよ…

2018.3.26  健康と美容

季節の変わり目は要注意
風邪の予防・対…

秋から冬にかけての季節の変わり目は、朝晩の気温の変化などから体調を崩し風…

2016.10.26  おススメ商品

皮膚掻痒そうよう

皮膚に赤みや湿疹などの症状はみられないのに、かゆみだけが起きる皮膚の病気…

2017.1.26  健康と美容

Category

Keyword Search

Service

LINE@
公式アプリ