実家の近くにドラッグユタカがあり、学生時代にアルバイトスタッフとして働いておりました。処方箋調剤も一般市販薬もあり、サプリメントや健康食品、日用品まで揃うドラッグストアではお客様や患者様からのお問い合わせも多く、患者様の相談に親身になる薬剤師さんの姿に魅力を感じました。何よりアルバイト勤務していたお店の雰囲気がとても良く、お客様と距離の近さが気に入りドラッグストアで薬剤師になろうと!決め入社しました。

ユタカファーマシーの研修はとても充実していると思います。薬剤師で入社した新卒者と 店舗スタッフやビュティースタッフといった一般職の新卒者と合同で行う新入社員研修や新入社員の薬剤師だけが集まっての薬剤師研修等。OTC薬の薬品の取扱い方や患者様への接客の仕方もみっちり教えてもらえます。配属後は「メンター」という先輩薬剤師の 指導者が新人一人ひとりに付き、全300項目の「職務能力達成シート」に従い、1週間毎に「出来る様になった事」「まだ出来てない事」を徹底チェック。この場で、分からない事は、先輩薬剤師の方に丁寧に教えて頂きました。一人前の薬剤師になる為の基本的な300の項目の課題を、一個一個、クリアしていけた事が、現在の日々の業務に活かすことができていると思います。

現在の店舗はほぼ調剤専門の薬局でもあるので、処方箋を貰ってそれに対する調剤を行って鑑査し、投薬するという仕事が主です。少しだけOTC薬も扱っているので、来店された患者様 からOTC薬が欲しいという相談があったら、お話しをお聞きし、対応しています。よく来てくださる 患者様から体調などの相談を受ける機会も多く、改善するためにビタミン剤をお薦めしたりすることも。患者様の体調や生活に対し自然に関わっていけることが楽しいですね。 一人ひとりの患者様に丁寧に対応させて頂き、薬剤師としてプラスαの提案をさせて頂く事が、地域の皆さんに元気に生活して頂く一助になればと思っています。

現在の店舗に配属されて間もない頃、処方箋の数がものすごく多く患者様のご来店もとても多かった日がありました。薬剤師として対応しきれるのか、本当に心配だったのですが、上司・仲間の薬剤師や医療事務のみんなで必死で頑張り、店舗全員で協力して、なんとか問題なく、すべての業務に対応することが出来ました。経験が浅い自分が役に立つのか、日々役に立っているのか。不安だらけの私でしたが、終わってみるとやり遂げられた事について、すごい達成感!少しですが、薬剤師として、自信が持てる様になりました。先にもお伝えしましたが、当社は研修が充実しています。自分が薬剤師として、何とか役に立てているのは、研修のおかげかなと、改めて感じています。

ユタカファーマシーの言葉に「おかげさま」という社是があります。お客様、患者様、地域の皆様のおかげで私は生まれ育った地元で薬剤師として働く事ができております。この感謝の気持ちをお返しする事を念頭におき、患者様ときめ細かいコミュニケーションをとり、より健康になっていただける事が最大の目標です。入社時は先輩薬剤師の姿を見て真似て実践してきました。現在は、薬局長の職位に就き部下や後輩社員がいます。患者様の為に何ができるのかを一人ひとりが自ら考え行動できるスタッフを多く育成し、地域になくてはならない、かかりつけ薬局になることが当面の目標です。