入社時の配属先は京都の桂店にて勤務しておりました。入社3年目の現在では大阪のくずは店(調剤・ドラッグ併設店)にて調剤の管理薬剤師として業務に励んでおります。この店舗は面薬局として機能しており、各方面からの院外処方に対応しています。近くには総合病院や眼科・耳鼻科などの診療所があり、幅広い分野での薬や病気に対する知識を必要とされる店舗です。くずは店のような面薬局では、主に地域住民の方が利用されるため、ご家族全員の薬や健康相談を受けることが多く「まちのかかりつけ薬局」として機能していることを感じております。
私は管理薬剤師として、患者様に安全にお薬を渡せるよう近隣医院の医師との連携を図り、調剤スタッフとのコミュニケーションを密にとるように意識しています。また医薬品の卸・メーカーとの最新情報の収集にも勤めています。
ドラッグと併設している薬局なので、一般用医薬品、健康食品やサプリメント・食生活など多岐に渡る相談をお受けします。地域の皆様の健康と安全の手助けをさせていただくことを常に意識し仕事に取り組んでいます。

ユタカファーマシーには、薬剤師でありながら商品部(バイヤー)や人事部、開発部門など、多方面で活躍をする方々がおられます。そのような先輩方と近い距離で一緒に仕事ができる環境があります。薬剤師としてはもちろん、社会人として幅広い知識を身に付けられる。そして同時にそれを活かせる環境がユタカファーマシーにあると感じ入社を決めました。
私は本来ドラッグでの接客を希望していましたが、お客様の中には病院を受診されている方も多く、OTC薬を薦めるにも、調剤の知識は必要不可欠です。よって、調剤併設店を希望しました。薬剤師としての経験を積み、その経験値を高め、患者様の為に活かしていきたい。その思いは今も入社時と変わらず、業務を行う上でも持ち続けていこうと意識しています。

ある日、一組のご夫婦から相談を受けました。
「奥様が胃痛がすると言うので、病院で薬を出して貰ったが良くならない。どうしてだろう?」との相談。お話を伺うと、最近貧血気味で、鉄剤のサプリメントを買って服用しているとのことでした。さらに詳しくお聞きすると、なんと用量の三倍もの量を服用しておられたことがわかりました。原因はここかもしれない。その旨をご夫婦に伝えました。すると、一週間ほどしてご夫婦が来局され、「おかげさまで胃痛が無くなりました!本当に感謝しています。ありがとう」とわざわざお礼に来られるということがありました。私は、ご夫婦と一緒に原因を見つけ、解決できたことが本当に嬉しく思い、また患者様の話に耳を傾けることが、自身の仕事の第一歩だと改めて感じました。

私は入社当時、「あなたに相談したい」と言っていただけるような薬剤師になりたいと思っていました。これは入社3年経った今でも全く変わりません。しかし、現店舗に異動となり、管理者に就いてからは店舗やスタッフに対する思い入れも一層強くなり、今では自分だけではなく、「くずは薬局の薬剤師さんに相談したい。」と言っていただけるような薬局づくりも同時に目指したいと思うようになりました。もちろん、人としても成長し、将来自身の経験や体験してきた事を、後輩や薬剤師を目指す学生に伝えていき、一緒に患者様のために行動していく仲間を増やしたいと思っています。1つ1つ焦らず確実に今の役割を果たし、次のステップに繋げていけるよう日々の業務に取り組んでいます。

私が日々の仕事で患者様から感じることがあります。それは、処方されたお薬が自分に合っているのか。また、いつまで飲み続けなければいけないのか。などの不安の声です。私は、OTC薬やサプリメントをただ薦めるだけでなく、患者様が服用している薬についての不安や、服薬状況を把握し、さらには生活習慣をも考慮して安心して飲んで頂くことを意識しています。そのためには、患者様との信頼関係を築き、一緒に考え、いかに患者様とコミュニケーションをとるか、そして患者様に理解、納得して頂けるのかを意識し、自らが行動できる。このような、かかりつけ薬剤師として存在が求められていると感じています。