病院で薬剤師として勤務することで、様々な病気・疾病、処方内容を学びたく病院薬剤師を選びました。地域の中核を担う総合病院であったため、当初の目的通り多くの事を学ぶことができ知識も蓄えることができました。しかし、当時は現在の様にまだ服薬指導や病棟業務などが重点的に行われておらず、医師の処方した薬を安全、正確に調剤するということが主な仕事であったため、患者と直接関わることはほとんどありませんでした。そこで薬剤師としての視野も広げたいとの思いもありメーカーでの治験業務に携わることで医薬品業界についても色々と学ばせていただきました。その中でやはり自分の得た知識をもっと直接的に生かしたいと思うようになり、今までの経験を活かし患者様に薬や健康全般的なアドバイスをするには、ドラッグストアが最適だと思い、当時地元で多数店舗展開しているドラッグユタカに入社しました。

「薬剤師・スタッフ同士の仲の良さや学び合い、成長できる風土」があると感じています。ユタカ薬局では、ベテラン薬剤師、中堅、新人と複数の薬剤師で一つの薬局を運営します。ですから、難しい症例や疑問点があった場合は先輩や同僚に相談しながら、最適な解決策を導き出せる環境が良いと思います。また、患者様からのお薬だけでなく、健康相談も度々受けることがあります。健康食品やサプリメントなど、より専門的に対応を必要とする相談がある場合でも、ドラッグユタカには管理栄養士が多数配置されているため、共同し患者様のお悩みにスタッフが各人の専門性を活かしながら応対できるところもメリットです。

入社して3年目に滋賀県の近江調剤薬局の新規開局立ち上げに、管理薬剤師として携わりました。ドラッグユタカ店舗の真向かい単独の調剤店としてのゼロからのスタートでした。ドラッグ業務に専念し、病院での調剤業務を離れてしばらく経っていましたので調剤に対しての不安が先に立ちましたが、他店舗での研修など十分にサポートを受け、当時のマネージャーの指導のもと安心して開局に向けてスタートを切ることができました。開局時のスタッフも若手、中堅、ベテランととてもバランスが取れており、待合室・調剤室のレイアウトや患者応対のルール、調剤室内での業務の流れなど柔軟な意見を出し合って無事開局することができました。また最寄りクリニックの医師へ開局挨拶の訪問を行い、当薬局との関係づくりも経験しました。当初の予想を大きく上回る枚数の処方箋を応需し、スタッフみんなで嬉しい悲鳴を上げていたことを思い出します。
何もないところからスタートした薬局も今では、なくてはならない地域のかかりつけ薬局をしっかりと担い、ドラッグユタカの中でも上位の処方箋枚数を応需する基幹薬局にまで成長しました。ふと当時のことを思い返すと大変感慨深いものがあります。
このような機会を与えていただいたことは私の成長の分岐点であり、大きな財産となりました。

私は結婚・出産後も「薬剤師」を続けることを考えていましたので、復帰を前提に産休に 入りました。ただ“子供が小さい間は「家族」を優先した働き方をしよう”そんな強い思いがありました。朝や夕方以降は子供の世話や家族の食事を大切にしたいので、家庭と仕事が両立できるような働き方を模索していた際、頼りになったのが当社の人事。女性の人事スタッフが同性ならではの視点で、私の要望を聞き、復帰に向けてきめ細かくフォロー・提案してくれました。
ユタカファーマシーは女性の薬剤師が長期的に働ける環境に力を入れています。正社員雇用を維持しながらの「短時間社員」としての復帰や、子供の就学や自分の都合に合わせたパートとしての働き方等、復帰のパターンも複数。私も都合に合わせて、納得する働き方を選択させて頂きました。雇用区分にこだわる会社の都合ではなく、私にとってのベストの在り方を一緒に考えてくれた人事スタッフに感謝しています。おかげで、本当に一滴の不安もなく、復職することができました。現在、家族との時間を大切にしながら、安心して働くことが出来ています。

今は、日中は仕事に専念し家事・育児、仕事にメリハリがありとても充実しています。(仕事が終わってからの夕方からは大忙しですが・・・)私は仕事とプライベートの両立した女性薬剤師として働き続けることが目標です。近い将来、子供がもう少し大きくなったら正社員に雇用区分を切り替えて、より深く薬局運営に関わり充実した日々を過ごす事を目標にしております。また、今後の薬剤師は医療薬も一般薬も健康食品もあらゆることに応対する事で患者様から信頼・安心していただけると思っています。今では出産育児を経験したことで、乳児の薬の飲ませ方や授乳、離乳食なども実体験をもとにアドバイスできるようになりました。これからも蓄えた知識と経験を活かして地域の患者様にとって「“真”のかかりつけ薬剤師」になることが私の目標です。