TOP MESSAGE

ユタカファーマシーの理念

今の世の中を見渡せば日本全国どこにでもドッグストアは存在し、薬や生活雑貨を買うのにお客様はおおよそ均一なサービスを受けられる時代になりました。そんな中でユタカファーマシーが進んでいく方向性は、商品の品揃えや安い価格の追求ではありません。ひとり1人のお客様に対して、より健康に、より美しくなっていただくことをテーマに地域社会に貢献できる企業となることだと考えています。

★補足:「モノ」のユタカさではなく、お客様の健康と美容に貢献し、「こころユタカ」になっていただくという想いを込め、2007年に営業理念を「ユタカな生活を応援」から「こころユタカな生活を応援」へ改変しました。

地域に根ざしたドラッグストアであるために

地域のお客様が、『気軽に利用でき、気軽に相談できる場所』それがドラッグユタカでありたいと考えております。医療費問題や高齢化社会が進む中、ドラッグストアは今後益々地域医療を担っていく業種です。家の近くのドラッグユタカには、薬剤師・管理栄養士・ビューティスタッフ・登録販売者という様々な分野の専門家がいて、自分のことや家族のことも相談できる環境がある。こんな地域を増やし、お客様がいつまでも健康で美しく人生を歩めるお手伝いをしていくことが、我々の考える地域密着型のドラッグストアです。

ユタカファーマシーが目指していくもの

ユタカファーマシーが展開する店舗の全てを調剤併設化していく方針です。その上で地域のお客様の「健康」と「美容」について、トータルに関わって行けるサービスの構築を目指しています。それぞれの専門性を集結させて1人のお客様・患者様をサポートする。それがユタカの専門性の強みです。商品の安さや品揃え以上に、『あの人がいるからユタカに行く』とおっしゃって頂ける方を増やしていきたいと思います。 また、地域の方々の需要を見ながら、営業時間の変更も実施しております。その地域になくてはならない存在であるためには、必要な時に必要な情報・商品を確実に提供することが重要です。そういった仕組みづくりも強化し、専門性と便利性を兼ねそろえたドラッグストアを目指します。

ユタカファーマシーが求める人材について

ユタカファーマシーと他のドラッグストアとの差別化を考えた際、一番大きなポイントは、ユタカファーマシーの「人材」です。いい商品やいいサービスを揃えるのは前提であるとして、お客様の生活スタイルに合わせてより親身になって提案してくれるスタッフがいる、そういうドラッグストアをお客様は間違いなく求めています。「健康」「美容」に携わるということは個人のパーソナリティとプライバイシーという根幹の部分に触れていくという事。薬剤師として管理栄養士として、各専門のプロのスタッフとして高度な職務能力を高めてもらうと共に、人としての魅力を最大限に高めてもらいたいのです。高い知識や専門性とお客様の為に親身になれる「人間力」をあわせもった人材、そうなりたいと努力する人材をユタカファーマシーは求めています。

ユタカファーマシーの目標

「配置薬」「医薬品研究」「医薬品開発」「医薬品販売」「調剤薬局・ドラッグストア」という5つの事業を併せ持つ複合型医薬品企業である株式会社富士薬品。そのグループ会社となったことで、可能性が大いに広がりました。グループメリットを活かし、お客様・患者様の身近な存在であり続けるための施策を考え、実行していきます。最終的に目指すものは、「売上NO.1」でも「店舗数NO.1」でもなく、地域に圧倒的に支持される「地域シェアNO.1」のドラッグストアなのです。