これからは、病気にかからない様「自分の体は自分で守る」セルフメディケーションの時代です。 管理栄養士の立場から、生活習慣病予防の為の健康食材・レシピの情報発信、健康相談会、育児相談会の実施等、幅広く活躍頂く場を頂いています。ビューティーアドバイザーのメンバーと協力して「乾燥肌対策」や「花粉症対策」をしたり、薬剤師の先生にアドバイスをもらいながら「メタボ対策セミナー」を行ったりと、スタッフと連携して自分達で考え、企画して何かを発信する場があるのは嬉しいかぎりです。店舗外でも地域に向けて、中学校での「食育セミナー」や老人ホームでの食事アドバイザーなど活動の場も広がっています。

現在、月に1度の育児相談会を実施しています。内容としては、体重の増減を見たり、離乳食のメニューを指導したり、おむつの選び方を教えてあげたり。特に新しくお母さんになった方は不安でいっぱいなものです。赤ちゃんは少し体調を崩しただけで、体重が減ってしまうこともあり、安心して子育てをして頂くために、まず不安や困っていることをお聞きし、「どうすればよいかを一緒に話し合う」というスタンスを大切にしています。
ひとり一人にきめ細かく対応させて頂く当社の育児相談会は、地域のママさん達に大好評!完全予約制で運営していますが、毎月予約が満員になってしまいます。また、育児相談会以外にも「食育」をテーマに、「親子のカップケーキづくり」のような参加する人に楽しんで頂けるようなイベントを企画し、開催しています。「食」「栄養」をテーマに、自分達が良いと思った事を企画し、どんどん実践出来る環境です。管理栄養士として自分の力を様々な場で試すことができています。

育児相談会に参加して頂いたお客様に、私の店舗異動を告げた時、「異動しないで!」というメールを頂戴したという出来事がありました。異動して申し訳ないという気持ちと共に、自分のことを信頼してくださっていたことが分かって、すごく嬉しかったです。自分の活動を通じて地域の方々に少しでもお役に立てているという実感がもてることは、大きなやりがいになります。

先般、私がユタカファーマシーで行っている日々の取り組みを「セルフメディ―ションアワード」という場で発表させて頂きました。準グランプリという結果を頂いたことに大きな喜びと同時に、ドラッグストアでの管理栄養士の価値や可能性を再確認しました。ドラッグストアに管理栄養士がいる事をご存じない方もまだまだ多いです。トータルヘルスケアを実践するユタカファーマシーだからこその、本当に地域に役立てる私達に出来る情報発信の仕方について、さらにアイディアを考えて、実践していきたいです。それを新たなユタカファーマシーの価値とする事を目標としています。