介護に関するQ&A

ホームヘルパーってどんな仕事?

ホームヘルパーはお年寄りや障害者の家庭を訪問して、介護を行う仕事です。
資格は、1級、2級、3級と分かれ、全て講習を受けるだけで資格がとれます。
介護保険制度の導入により、業務が家事援助と身体保護に分けられ、身体の介護はヘルパー2級以上の資格が必要です。

介護福祉士の資格の取り方は?

介護福祉士は、老人ホームの寮母やホームヘルパーとして働き、高齢者及び障害者の身の回りの介護を行います。
資格は、介護福祉士の資格がとれる専門学校を卒業するか、3年の実務経験をするかして、国家試験を受けます。
国家試験は、ペーパーテストと実技の2つがあります。
合格後、登録が済むと介護福祉士として働くことができます。

介護の仕事につく方法は?

資格がなくても働きたい場合は、老人ホームなどをあたってみましょう。
3年の実務経験により、介護福祉士の試験を受けられるようになります。

おばあちゃんのボケ予防

お化粧をしてオシャレをすると、誰かに見てもらいたい気持ちが出てきます。
キレイになった自分を見て、元気になったり、まわりからほめてもらえるとうれしい気分になり、また、外出してみたくなったりします。
女性にとって、お化粧は、心のケアとして大切なものです。
また、毎日鏡を見て髪をとかしてもらうのも腕をあげるよいリハビリになります。

部屋の乾燥を防ぎたいのですが

冬場は乾燥しやすく風邪をひきやすい季節ですので、加湿を心がけましょう。
加湿器が無いお宅は、濡れタオルをハンガーに掛けておくだけでも違います。
また、水を入れた霧吹きを用意しておいて、部屋の中で時々、シュッシュッとするもの良いでしょう。