ペットに関するQ&A

更新2013年07月04日

バラインフルエンザウイルス感染症(ケンネルコーフ)ってどんな病気?

原因:
咳やくしやみによる空気感染で感染しやすい病気で、ウイルスと細菌の混合感染により発症します。

症状:
おもな症状はがんこな咳です。咳のほか、くしゃみ、発熱など気管支炎や肺炎の症状を示し、鼻汁が出て、咳のあとにたんがからみ吐くこともあります。
子犬の場合、食欲がなくなり衰弱して死に至ることもあります。

治療:
咳に対する対症療法が中心ですが、、病原体が細菌の場合には、抗生物質を投与します。
予防:
定期的なワクチン接種が有効です。
(生後2か月ごろに1回目、3か月ごろに2回目の混合ワクチン接種を受け、その後、年1回の追加接種を受ける)