美容・健康に関するQ&A

更新2013年04月19日

イチョウ葉って何?

イチョウ葉は、1960年代ドイツで研究が進み、脳代謝改善作用をもつとされる成分が開発されています。
主な特徴的成分は、フラボングルコシドとテルペンラクトンですが、その他の成分も関わって、血液流動改善、活性酸素除去、血小板活性化因子拮抗作用、神経保護作用を示します。
イチョウ葉抽出物は、アルツハイマー型、血管障害型、混合型の痴呆や、若年健康者の認知機能の改善、月経前症候群、高山病、老化に伴う黄班変性、糖尿病性網膜症の色覚改善などによいとして利用されています。