お薬に関するQ&A

更新2013年01月15日

タバコを止めるための貼り薬やガムは薬局にありますか?

禁煙補助剤として、ニコチンガム(商品名:ニコレツト)とニコチン貼付薬(商品名:ニコレットパッチ、ニコチネルパッチ、シガノンCQ、など)があります。貼付薬は以前は医師の処方せんが必要でしたが、2008年より、薬局でも薬剤師の指導のもと購入できるようになりました。
これらは、喫煙者に現れるニコチン離脱症状(禁断症状)を緩和するために、ニコチンを喫煙以外の方法で体内に補給しながらニコチン依存症から離脱(禁煙)させるための商品で、この方法をニコチン置換療法といいます。ガムはニコチンを口腔粘膜から、貼付薬は皮膚から吸収させるものです。ニコチン置換療法中はタバコを吸わないようにしてください。
ニコチンの過剰による体調不良(頭痛、めまい、吐き気等)を起こす可能性があります。
【ガムタイプ】
ガムには、1個の中に2ミリグラムのニコチンが含まれており、タバコを吸いたい時に1回につき1個、30分程度の時間をかけて噛むことで口の中の粘膜からニコチンが吸収され、禁煙時のイライラ感を和らげてくれる効果があります。
【貼るタイプ】
1日1枚、身体の一部に貼るだけです。禁煙の期間に応じて2〜3種類のサイズがあります。サイズが小さくなるにつれて、ニコチンの含量が少しずつ減っていきます。大きいサイズから始めて減量していきます。