お薬に関するQ&A

更新2013年01月07日

妊婦が薬を服用するときの注意点は何ですか?

母体に与えたくすりが胎児に及ぼす影響は、母体の体質、投与時の胎齢、胎児の遺伝子型、薬剤胎盤通過性、投与法などにより異なり、一定ではありません。しかし、妊娠期間中でも、例えば糖尿病や心疾患など、それらを治療しておかなければ妊娠の継続が困難な時には医師の指示のもとにくすりの服用が必要とされる場合もあります。
少し頭痛がするとか、風邪をひいたとかいって、家庭薬をすぐに飲むのではなく、かならず医師・薬剤師と相談してください。