お薬に関するQ&A

更新2012年12月18日

軟膏(なんこう)とクリームの使い分けは?

主に皮膚疾患の状態や使い心地によって使い分けます。
皮膚の状態から選ぶと、患部が湿潤(ジクジク)していたり、傷があったり、皮膚表面が荒れている場合には軟膏が適しています。軟膏には、皮膚の保護作用があり皮膚への刺激性が少ないですが、乳剤性のクリームは薬の吸収性が良い分、乳化剤に使用されている成分が刺激となることがあるからです。
使用感で選ぶと、軟膏のベトツキ感が不快な方はクリームタイプがおすすめです。クリームタイプはのびがよく、軟膏よりさらっとした使い心地になります。