増えたら戻す!リセット方式で
年末年始に太らない秘訣

年末年始といえば、食べたり飲んだりする機会が増え、気づけば体重が増加…。増えた体重は早めにリセットしてお正月太りを防ぎましょう。

ダイエット関連商品については、DRUGユタカの従業員へご相談下さい。

「お餅を食べると太る」って本当?

よく「お餅を食べると太りやすい」といわれますが、実は切り餅2個分だと、ご飯1膳分よりもカロリーは少ないくらいです。
「お餅=太る」というイメージが強いのは、お餅がおいしくて、ついつい食べ過ぎてしまうことが原因でしょう。

もち

お餅

切り餅2個(100g)当たり  約236kcal

ご飯

ご飯1膳(150g)当たり  約252kcal

太りにくいお餅の食べ方

お餅のカロリーはそれほど高くありませんが、血糖値の度合いを示すGI値(食後血糖値の上昇度を示す指標)が高いため、お餅だけを食べると太りやすくなります。お餅を食べるときは、食物繊維が豊富な食品や、酢の物・乳製品・大豆製品などと一緒に食べると、食後の血糖値の上昇が緩やかになり、太りにくくなります。

磯辺焼き

のりは低カロリーでヘルシーなだけでなく、のりに含まれる食物繊維は、糖質の吸収を緩やかにしてくれるため、お餅との相性も抜群です。

weight2

大根おろし餅(からみ餅)

大根には食物繊維が豊富に含まれており、GI値を下げる効果が期待できます。しかも大根は水分が多いので、便秘解消にもおススメです。

weight3

納豆餅

納豆はたんぱく質を豊富に含む低GI値食品です。大根おろしやポン酢をかけて食べるとさらに効果的です。

weight4

Point!

  • お雑煮やおしるこなど、柔らかくトロトロしたお餅は、GI値が高くなるので要注意です。
  • あんこもGI値が高く、あんこ餅も太りやすいので、食べ過ぎには注意しましょう。

食べる順番ダイエット(おせち料理編)

おせち料理も高カロリーな品から最初に食べてしまうと、血糖値が急激に上昇し太りやすくなります。おせち料理は次のような順番で食べるのがおススメです。

  1. 野菜や酢の物(昆布巻き・たたきごぼう・酢レンコン など)
  2. たんぱく質(エビ・タイ・かまぼこ など)
  3. 炭水化物や甘い料理(お餅・栗きんとん・黒豆・だてまき など)

食べ過ぎたと感じたら

ついつい食べ過ぎたり飲み過ぎたりしてしまったら、次のポイントを押さえて体重増加を防ぎましょう。

  • 前日に摂り過ぎたものを避けて食事をしましょう。
    (例)お餅を食べ過ぎた日の翌日はお餅を控える など
  • 高カロリーな食事や胃に負担をかける食事はなるべく控え、消化のよい食事を心がけましょう。
    (例)おかゆ・湯豆腐・煮込みうどん など
  • 豆腐などの大豆製品や魚・野菜・きのこを中心とした食事を心がけましょう。
  • 朝ごはんだけスムージーにするなど、置き換えダイエットで摂取カロリーをコントロールすることも効果的です。

むくみケアでお正月太りをセーブ

おせち料理やお雑煮などのお正月料理には、塩分や糖分などが多く含まれているので、お正月料理を食べて家の中でゴロゴロしていると、むくみ太りしやすくなります。ストレッチやお風呂でむくみをケアしましょう。

リンパストレッチでむくみケア!

リンパ液は全身を流れていますが、中でも脇の下・足の付け根・ひざの裏にある「リンパ節」をほぐすイメージでストレッチをすると、むくみ解消に効果的です。

脇の下

脇の下

  • 四つん這いの状態から両手を前に伸ばし、お尻を突き出した猫のようなポーズで脇の下を伸ばす。

足の付け根

足の付け根

  • 伸ばしたい足と反対側の足を1歩前に出し、そこから前に出した足の方へ腰を落とす。反対の足も同様に。

ひざの裏

weight7

  • 仰向けに寝て、ひざを曲げ、片足のひざの裏を中指で押しながら足を天井に向けて伸ばす。反対の足も同様に。

Point!

ストレッチをするときは、気持ちいいと感じる程度(約30秒間)を目安にして、2~3回繰り返しましょう。

体を冷やさないように注意しましょう

お風呂に入って汗をかくと代謝が促進され、むくみ解消が期待できます。汗をかきにくい人は、湯船の中に塩(大さじ3程度)を入れたり、発汗作用のある入浴剤を入れたりすると汗をかきやすくなります

塩分の排出を促す食材を摂りましょう

塩分の多い食事を控えたり、むくみ解消におススメな栄養素(カリウム・クエン酸・ビタミンE)を積極的に摂ったりしましょう。また、塩分の排出を促すには、水分を多めに摂ることも大切です。

カリウムを多く含む食材 アボカド・バナナ・ほうれん草 など
クエン酸を多く含む食材 レモン・グレープフルーツなどの柑橘類 など
ビタミンEを多く含む食材 かぼちゃ・プルーン・アーモンド など

この記事を読んだ方におススメ

どうやってケアしたらいいの?
冬の…

空気の乾燥がピークを迎える2月は、とくに肌トラブルが起こりやすい時期です…

2018.1.26  おススメ商品

意外と知らない?歯磨きの基本
正し…

毎日正しい歯磨きはできていますか?いつまでも自分の歯でおいしいものを食べ…

2018.2.26  おススメ商品

円形脱毛症について

ある日突然、頭にコインのような形と大きさの脱毛部位を見つけて驚いたという…

2018.4.22  健康と美容

thumbnail

健康・美容 にもおススメ!
チョコ…

甘くておいしいチョコレート。今回はそんなチョコレートの隠れた健康パワーを…

2017.1.26  おススメ商品

金属アレルギーについて

「ピアスで耳がかゆくなる」「ネックレスで首が赤くただれる」「手足の湿疹が…

2018.6.26  健康と美容

Ranking

女性の健康について
女性ホルモンとPM…

生理前になると、イライラ・肌荒れ・便秘など、心や体に不調があらわれません…

2017.2.26  おススメ商品

ストレスと胃痛について

通常、消化に必要な「胃酸」と、胃粘膜を守る「胃粘液」の分泌量はバランスよ…

2018.3.26  健康と美容

蓄膿ちくのう<…

「風邪が長引いているのか、鼻づまりがなかなか治らない」、「睡眠時に鼻がつ…

2018.2.26  健康と美容

ぎっくり腰とは?その正式名称は?

ぎっくり腰の正式名称は急性腰痛症といいますが、その名のとおり、いきなり腰…

2017.9.26  健康と美容

水虫について

水虫は白癬菌はくせんきんというカビの一種が、皮膚の角質層に寄生することに…

2018.5.26  健康と美容

Category

Keyword Search

Service

LINE@
公式アプリ