寒い日におススメ! 風邪予防レシピ
サバときのこの 和風あんかけ

寒暖の差が大きくなり、体調を崩して風邪をひきやすい季節です。風邪予防には、体を温め、手洗い・うがい、マスクをするなど早めの対策が重要です。食生活でもバランスのよい食事をしっかり摂り、免疫力を高めて風邪に負けない体をつくりましょう。

 調理時間 25

food1711

栄養価(1人分)

エネルギー・・・・・・・282cal
たんぱく質・・・・・・・17.9g
脂質・・・・・・・・・・18.8g
炭水化物・・・・・・・・7.5g
塩分・・・・・・・・・・2.6g

材料(2人分)

サバ・・・・・・・半身(150g)
 ※1 酒・・・・・・・・・・・・・大さじ1
 ※1 しょうゆ・・・・・・・・・・大さじ1
 ※1 ショウガ(すりおろし)・・・少々
しめじ・・・・・・1/2パック(60g)
ニンジン・・・・・小1/3本(30g)
ショウガ・・・・・1片(2g)
長ネギ・・・・・・1/4パック(20g)
片栗粉・・・・・・大さじ3
揚げ油・・・・・・大さじ3
 ※2 和風顆粒だし・・・小さじ1
 ※2 水・・・・・・・・200ml
 ※2 しょうゆ・・・・・小さじ1と1/2
 ※2 みりん・・・・・・小さじ1

つくり方

事前準備

  サバは小骨を取って一口大に切り、バットに並べて※1 で下味をつけ、冷蔵庫で15分間おいておく。

1. しめじは石づきを取って小房にばらし、ニンジン・ショウガは千切り、長ネギは斜め薄切りにする。
2. 鍋に※2 を入れ煮立て、しめじ・ニンジン・ショウガを入れて中火で3分間加熱する。
3. しんなりしたら長ネギを加え、弱火にする。片栗粉(大さじ1)を同量の水で溶き、鍋に回し入れる。とろみがついたら火を止める。
4. 下味をつけたサバを冷蔵庫から取り出し、キッチンペーパーで軽く水気を拭いて、残りの片栗粉(大さじ2)をまぶす。
5. フライパンに油をひき、中火でサバがきつね色になるまで揚げ焼きにする。皿に盛りつけたら、3 のあんをかけて完成。

ユタカ管理栄養士のひとことメモ

体温が1℃低下すると免疫力は30%低下するといわれています。長ネギやショウガ、ニラなど体を温める食材を積極的に摂るようにしましょう。またタンパク質は体をつくるだけでなく、免疫細胞の材料となります。肉や魚、豆腐なども毎食摂りましょう。
作成者 日野 鮎美(管理栄養士)

この記事を読んだ方におススメ

皮膚掻痒そうよう

皮膚に赤みや湿疹などの症状はみられないのに、かゆみだけが起きる皮膚の病気…

2017.1.26  健康と美容

糖尿病について

厚生労働省が行った「平成28年国民健康・栄養調査」によると、国内の成人(…

2018.1.26  健康と美容

5月は紫外線に要注意!
UVケア徹…

紫外線の量は5月から急激に増え始めます。春から本格的にUVケアをして日焼…

2018.4.22  おススメ商品

あなたはダイエット派?ストレス解消派?<…

秋はウォーキングに最適の季節ですが、ただ歩くだけではもったいない!目的に…

2016.9.26  おススメ商品

2~3月は花粉飛散のピークです!

花粉症のピークは春だと思っている方は多いと思いますが、実はスギ花粉の飛散…

2017.1.26  おススメ商品

Ranking

女性の健康について
女性ホルモンとPM…

生理前になると、イライラ・肌荒れ・便秘など、心や体に不調があらわれません…

2017.2.26  おススメ商品

ストレスと胃痛について

通常、消化に必要な「胃酸」と、胃粘膜を守る「胃粘液」の分泌量はバランスよ…

2018.3.26  健康と美容

蓄膿ちくのう<…

「風邪が長引いているのか、鼻づまりがなかなか治らない」、「睡眠時に鼻がつ…

2018.2.26  健康と美容

ぎっくり腰とは?その正式名称は?

ぎっくり腰の正式名称は急性腰痛症といいますが、その名のとおり、いきなり腰…

2017.9.26  健康と美容

水虫について

水虫は白癬菌はくせんきんというカビの一種が、皮膚の角質層に寄生することに…

2018.5.26  健康と美容

Category

Keyword Search

Service

LINE@
公式アプリ