夏に食べたい ひんやり冷たいレシピ 小えびとカラフル野菜の レモンジュレ仕立て

今回のテーマは「夏に食べたいひんやり冷たいレシピ」!いつものサラダもゼラチンを使えばワンランク上のオシャレなジュレサラダになりますよ♪暑くて食欲のない時も、ツルっとしたのどごしでおいしく食べられます。えびの代わりにホタテやささみなども合いますよ。

 調理時間 15
 ※冷蔵庫で冷やす時間は除く

小えびとカラフル野菜の レモンジュレ仕立て

栄養価(1人分)

エネルギー・・・・・・・211kcal
たんぱく質・・・・・・・8.8g
脂質・・・・・・・・・・12.9g
炭水化物・・・・・・・・15.6g
塩分・・・・・・・・・・1.3g

材料(2人分)

むきえび(小えび)・・・8尾(50g)
きゅうり・・・・・・・・1/3本(60g)
長いも・・・・・・・・・100g
トマト・・・・・・・・・60g
オクラ・・・・・・・・・4本
トウモロコシ(缶詰)・・大さじ2(40g)
お湯・・・・・・・・・・150ml
粉ゼラチン・・・・・・・2.5g
コンソメ・・・・・・・・小さじ1
塩・・・・・・・・・・・少々
レモン果汁・・・・・・・小さじ1
オリーブ油・・・・・・・大さじ2

つくり方

事前準備

 トマトは湯むきし、むきえび、オクラはそれぞれ塩ゆで(分量外)しておく。

1. お湯に粉ゼラチン、コンソメ、塩を入れて溶けるまでよく混ぜ、冷めたらレモン果汁を加える。
2. きゅうり、長いも、トマトは1cm角の大きさに切り、塩ゆでしたオクラは5mm幅に切る。
3. 器に2の野菜、トウモロコシを彩りよく盛り付け、1を注いで、中央にむきえびを飾る。
4. ラップをして冷蔵庫で1~2時間冷やす。ジュレが固まったら仕上げにオリーブ油を回しかけて完成。

ユタカ管理栄養士のひとことメモ

トマトやきゅうりなどの夏野菜には体を冷やす働きがあり、体に溜まった熱を放出してくれます。また野菜に含まれるカリウムは塩分を体外に排出し、むくみを取り、血圧を安定させる働きがあります。旬の食材は栄養も豊富ですので、季節に合わせて旬の野菜を取り入れるようにしましょう。
作成者 日野 鮎美(管理栄養士)

この記事を読んだ方におススメ

ハロウィン★おばけカボチャのカレー

~かわいい見た目でパーティーにもピッタリ!!~ ハロウィンとは、もともと…

2016.9.26  健康と美容

頑張れ受験生!
集中力を高めるポイ…

受験生にとって健康管理はとても大切なことです。十分な睡眠と栄養バランスを…

2016.12.26  おススメ商品

ストレスと胃痛について

通常、消化に必要な「胃酸」と、胃粘膜を守る「胃粘液」の分泌量はバランスよ…

2018.3.26  健康と美容

糖尿病にならないために!
気になる…

血糖値は高すぎても低すぎても体に悪影響をもたらします。毎日の食事や運動を…

2017.8.26  健康と美容

夏に向けて始動!
春の美肌づくり&…

肌を見せる機会が多くなる夏に向けて、つるつる&引き締めボディになりましょ…

2017.4.26  おススメ商品

Ranking

紫外線対策レシピ
フレッシュトマトの …

5月は、シミやたるみの原因となる紫外線の量が増加するため、紫外線対策にも…

2018.4.22  健康と美容

約10分でできるお弁当おかず
炊き込み…

冷凍おかずもアレンジ次第で栄養満点に!今回は忙しい朝でも時短でつくれるお…

2018.3.26  健康と美容

約10分でできるお弁当おかず
サンドイ…

冷凍おかずもアレンジ次第で栄養満点に!今回は忙しい朝でも時短でつくれるお…

2018.3.26  健康と美容

第19回 夏休みの思い出づくり 劇団こぐま座…

※ゴンちゃん・ライオンちゃんと一緒に撮影希望の方はカメラをご持参ください…

2018.4.1  イベント情報

医療費控除について

1年間に10万円以上の医療費を支払った場合は、納めた税金の一部が還付金と…

2018.1.19  暮らし

Category

Keyword Search

Service

LINE@
公式アプリ