自律神経失調症について

自律神経失調症とは正式な病名ではなく、交感神経と副交感神経の2つから成り立つ自律神経のバランスが崩れた場合に起こる症状の総称です。
症状は主に「肉体的症状」と「精神的症状」があり、同時にいくつもの症状があらわれたり、時間帯や体の部位によって症状が変わったりするといった特徴があります。

そもそも自律神経とは?

自律神経とは、心臓を動かしたり汗をかいたりするような、自分の意思とは無関係に、自動的に体の機能を調節する神経のことです。自律神経は「交感神経」と「副交感神経」の2つに分類され、必要に応じて相互に切りかわって働きます。

自律神経によって調整される機能には、呼吸や代謝、鼓動、体温調節等に加え、精神状態の変化によってもたらされる身体反応(悲しい時の涙、驚いた時の鼓動、紅潮等)も含まれます。
そもそも自律神経とは?

自律神経失調症の原因と特徴は?

自律神経失調症の原因には、ストレスや不規則な生活習慣などがあります。特に、責任感が強く、完璧主義な人はストレスを溜め込みやすく自律神経のバランスを崩してしまいます。

自律神経失調症の原因と特徴は?
自律神経失調症だと思っていたら、他の病気だったという可能性もありますので、疑わしい場合はまず病院へ行ってきちんと診断をしてもらいましょう。

自律神経失調症の治療方法は?

自律神経失調症には、体と心の両方に働きかける治療が行われます。精神科医や心理療法士等のカウンセリングによる心理療法や、自己催眠の一種である自律訓練法が指導されることもあります。

薬物療法では、抗不安薬・抗うつ薬・ホルモン剤・ビタミン剤、場合によっては漢方薬が用いられますが、まずは規則正しい生活や、栄養バランスのとれた食事を心がけることが自律神経失調症の改善の第一歩です。
自律神経失調症の治療方法は?

自律神経失調症は女性に多い?

自律神経失調症は男性よりも女性に多く見られる病気です。その大きな理由として、女性ホルモンのバランス変動が挙げられています。
交感神経と副交感神経の働きは、大脳の視床下部でコントロールされていますが、この視床下部のすぐ近くにある脳下垂体では、様々なホルモンを分泌しています。

そのため、視床下部がホルモンの影響を受けて、自律神経の働きにも影響を及ぼすのです。
自律神経失調症は女性に多い?

この記事を読んだ方におススメ

朝食をしっかり食べて 1日を元気にスター…

朝食を毎日きちんと食べていますか?朝食を食べると、体がシャキッと目覚めて…

2017.3.26  健康と美容

チーズフォンデュ風
カラフルぎゅ…

見た目も豪華で食べごたえもあって、パーティーに最適♪ 話題の「ぎゅうぎゅ…

2016.11.26  健康と美容

忘年会シーズンに覚えておきたい
二…

年末年始にお酒を楽しく飲んでいただくために、二日酔いを防ぐ飲み方や、二日…

2017.11.26  おススメ商品

肌のお悩み別
秋のスキンケア

秋は老化が加速する季節です。夏のダメージは秋の間にリセットして、肌老化を…

2017.8.26  おススメ商品

10月10日は「目の愛護デー」
覚…

近年、パソコンやスマートフォンなどの影響で、目の疲れを感じる人が多くなっ…

2016.9.26  おススメ商品

Ranking

紫外線対策レシピ
フレッシュトマトの …

5月は、シミやたるみの原因となる紫外線の量が増加するため、紫外線対策にも…

2018.4.22  健康と美容

約10分でできるお弁当おかず
炊き込み…

冷凍おかずもアレンジ次第で栄養満点に!今回は忙しい朝でも時短でつくれるお…

2018.3.26  健康と美容

約10分でできるお弁当おかず
サンドイ…

冷凍おかずもアレンジ次第で栄養満点に!今回は忙しい朝でも時短でつくれるお…

2018.3.26  健康と美容

第19回 夏休みの思い出づくり 劇団こぐま座…

※ゴンちゃん・ライオンちゃんと一緒に撮影希望の方はカメラをご持参ください…

2018.4.1  イベント情報

医療費控除について

1年間に10万円以上の医療費を支払った場合は、納めた税金の一部が還付金と…

2018.1.19  暮らし

Category

Keyword Search

Service

LINE@
公式アプリ