細菌性食中毒の潜伏期間について

食中毒の原因には、細菌からウイルス・化学物質・自然毒と、様々なものがあります。今回は、夏場に多く発生する「細菌性食中毒」の原因菌の種類と潜伏期間についてご説明します。食中毒を疑われた際、思い当たる食材と潜伏期間を覚えておくと、早めの対処が可能となり、感染拡大を防ぐことができます。

細菌性食中毒にはどんな種類があるの?

細菌性食中毒には「感染型」「毒素型」があります。

感染型

食中毒菌に汚染された食品を摂取し、さらにそれらが体内で増殖することで発症します。特に魚介類や食肉、鶏卵などの生食は要注意です。代表的な菌に、ウェルシュ菌・腸炎ビブリオ菌・カンピロバクター菌などがあります。
感染型

毒素型

食品内で細菌が産生した毒素を摂取することで発症します。加熱殺菌・低温保存等で毒素の繁殖を防ぐことが重要ですが、食品を加熱しても、熱に強い毒素が食品内に残ると食中毒が起こります。代表的な菌に、セレウス菌・黄色ブドウ球菌などがあります。
毒素型

食中毒は食べてから何時間で発症するの?

「感染型」の場合は、菌の種類により、数時間~1週間程度と、潜伏期間にかなり差があります。

※表を右にスライドしてください
菌の種類 特 徴 潜伏期間
ウェルシュ菌 作り置きカレー等の加熱不足で感染。 6〜18時間
腸炎ビブリオ菌 主に刺身などの魚介類から感染。 10〜20時間
カンピロバクター菌 鶏肉の生食や加熱不足で感染。 1〜7日間
腸管出血性大腸菌
(O157など)
出血をともなう下痢があり、時に重症化による死亡例がある。 3〜9日間

「毒素型」の場合は、体内で菌が増殖していく「感染型」よりも早く発症する傾向があります。

※表を右にスライドしてください
菌の種類 特 徴 潜伏期間
セレウス菌 パスタ類、食肉を使ったスープ類などから感染。 30分〜6時間
黄色ブドウ球菌 作り置きのおにぎりやサンドイッチ、弁当が発生源になることが多い。 2〜4時間
ボツリヌス菌 食肉・魚肉・発酵食品の他、缶詰やレトルト食品から感染することも多い。 4〜36時間

ご家庭で食中毒を出さないために

細菌性食中毒は、原因菌の増殖を防ぐ心がけ次第で、予防が可能です。食中毒菌はあらゆる場所に存在するため、ご家庭では、手洗いの徹底、食品の適切な管理と十分な加熱、リスクのある生食は避ける等を十分心がけて、食中毒を予防しましょう。

 
ご家庭で食中毒を出さないために

この記事を読んだ方におススメ

冬場に流行する感染症について

冬場に流行る感染症といえば、「インフルエンザ」や「ノロウイルス」を思い浮…

2016.10.26  健康と美容

梅雨前から始めるのがポイント!
家…

気候が暖かくなって害虫の活動が活発になるこの時期。さらに梅雨の多湿で害虫…

2017.4.26  おススメ商品

あなたはダイエット派?ストレス解消派?<…

秋はウォーキングに最適の季節ですが、ただ歩くだけではもったいない!目的に…

2016.9.26  おススメ商品

二日酔いも怖くない!
お酒の上手な…

年末年始はお酒を飲む機会も増えますね。飲み過ぎに注意して楽しくお酒を飲み…

2016.11.26  おススメ商品

健康診断における基準値について

健康診断の結果の多くは、検査値と基準値を比較し、正常と異常ありに大別され…

2017.4.26  健康と美容

Ranking

年末年始のおもてなしレシピ
ホットプレ…

年末年始は家族や友人が集まる機会が多くなりますよね。そんなときは大人数で…

2017.11.26  健康と美容

健康・美肌・ダイエットにおススメ!
温…

わずかな体温低下を防ぐだけでも体内の細胞の働きが活発になり、病気を防いだ…

2017.10.26  おススメ商品

すっきり、気持ちいい!
目が疲れたとき…

細かい字を見たときや、パソコン作業などで目が疲れたときに、すぐできる疲れ…

2017.9.26  おススメ商品

あなたは知ってる?
リップクリームの正…

唇はとてもデリケートで、顔の印象を左右する重要な部分でもあります。今回は…

2017.9.26  おススメ商品

パパッと終わらせたい方必見!
ラクラク…

今回は、年末に向けて簡単にできる大掃除テクニックをご紹介します。ぜひ家族…

2016.11.26  おススメ商品

Category

Keyword Search

Service

LINE@
公式アプリ