細菌性食中毒の潜伏期間について

食中毒の原因には、細菌からウイルス・化学物質・自然毒と、様々なものがあります。今回は、夏場に多く発生する「細菌性食中毒」の原因菌の種類と潜伏期間についてご説明します。食中毒を疑われた際、思い当たる食材と潜伏期間を覚えておくと、早めの対処が可能となり、感染拡大を防ぐことができます。

細菌性食中毒にはどんな種類があるの?

細菌性食中毒には「感染型」「毒素型」があります。

感染型

食中毒菌に汚染された食品を摂取し、さらにそれらが体内で増殖することで発症します。特に魚介類や食肉、鶏卵などの生食は要注意です。代表的な菌に、ウェルシュ菌・腸炎ビブリオ菌・カンピロバクター菌などがあります。

感染型

毒素型

食品内で細菌が産生した毒素を摂取することで発症します。加熱殺菌・低温保存等で毒素の繁殖を防ぐことが重要ですが、食品を加熱しても、熱に強い毒素が食品内に残ると食中毒が起こります。代表的な菌に、セレウス菌・黄色ブドウ球菌などがあります。

毒素型

食中毒は食べてから何時間で発症するの?

「感染型」の場合は、菌の種類により、数時間~1週間程度と、潜伏期間にかなり差があります。

※表を右にスライドしてください

菌の種類 特 徴 潜伏期間
ウェルシュ菌 作り置きカレー等の加熱不足で感染。 6〜18時間
腸炎ビブリオ菌 主に刺身などの魚介類から感染。 10〜20時間
カンピロバクター菌 鶏肉の生食や加熱不足で感染。 1〜7日間
腸管出血性大腸菌
(O157など)
出血をともなう下痢があり、時に重症化による死亡例がある。 3〜9日間

「毒素型」の場合は、体内で菌が増殖していく「感染型」よりも早く発症する傾向があります。

※表を右にスライドしてください

菌の種類 特 徴 潜伏期間
セレウス菌 パスタ類、食肉を使ったスープ類などから感染。 30分〜6時間
黄色ブドウ球菌 作り置きのおにぎりやサンドイッチ、弁当が発生源になることが多い。 2〜4時間
ボツリヌス菌 食肉・魚肉・発酵食品の他、缶詰やレトルト食品から感染することも多い。 4〜36時間

ご家庭で食中毒を出さないために

細菌性食中毒は、原因菌の増殖を防ぐ心がけ次第で、予防が可能です。食中毒菌はあらゆる場所に存在するため、ご家庭では、手洗いの徹底、食品の適切な管理と十分な加熱、リスクのある生食は避ける等を十分心がけて、食中毒を予防しましょう。

この記事を読んだ方におススメ

いざというときのために!
家庭でで…

災害・非常時に備え、防災意識を高めましょう。 備えておきたい非常用持ち出…

2018.8.1  暮らし

花粉症と口腔アレルギー症候群について

日本で花粉症といえば、まずスギ花粉が連想されますが、ヨーロッパではイネ科…

2017.8.26  健康と美容

ガンコな汚れもスッキリ!!
簡単ぴ…

汚れを手早く落とすコツは、汚れの性質を見極めて、適した洗剤を選ぶことが重…

2017.11.26  おススメ商品

黄ばみ・泥汚れもスッキリ!
夏場の…

夏場は洗濯物が増える季節。汚れやニオイをスッキリ落とすお洗濯方法を覚えて…

2018.7.26  おススメ商品

手洗いと水分補給がポイント!
風邪…

風邪・インフルエンザが猛威を振るう季節です。しっかり予防・対策をして感染…

2017.10.26  おススメ商品

Ranking

DRUGユタカ 大垣本今店 OPENセール

2018.12.12  Webチラシ

介護情報

2018.8.26  介護情報

女性の健康について
女性ホルモンとPM…

生理前になると、イライラ・肌荒れ・便秘など、心や体に不調があらわれません…

2017.2.26  おススメ商品

蓄膿ちくのう<…

「風邪が長引いているのか、鼻づまりがなかなか治らない」、「睡眠時に鼻がつ…

2018.2.26  健康と美容

ストレスと胃痛について

通常、消化に必要な「胃酸」と、胃粘膜を守る「胃粘液」の分泌量はバランスよ…

2018.3.26  健康と美容

皮膚掻痒そうよう

皮膚に赤みや湿疹などの症状はみられないのに、かゆみだけが起きる皮膚の病気…

2017.1.26  健康と美容

季節の変わり目は要注意
風邪の予防・対…

秋から冬にかけての季節の変わり目は、朝晩の気温の変化などから体調を崩し風…

2016.10.26  おススメ商品

Category

Keyword Search

Service

LINE@
公式アプリ