細菌性食中毒の潜伏期間について

食中毒の原因には、細菌からウイルス・化学物質・自然毒と、様々なものがあります。今回は、夏場に多く発生する「細菌性食中毒」の原因菌の種類と潜伏期間についてご説明します。食中毒を疑われた際、思い当たる食材と潜伏期間を覚えておくと、早めの対処が可能となり、感染拡大を防ぐことができます。

細菌性食中毒にはどんな種類があるの?

細菌性食中毒には「感染型」「毒素型」があります。

感染型

食中毒菌に汚染された食品を摂取し、さらにそれらが体内で増殖することで発症します。特に魚介類や食肉、鶏卵などの生食は要注意です。代表的な菌に、ウェルシュ菌・腸炎ビブリオ菌・カンピロバクター菌などがあります。

感染型

毒素型

食品内で細菌が産生した毒素を摂取することで発症します。加熱殺菌・低温保存等で毒素の繁殖を防ぐことが重要ですが、食品を加熱しても、熱に強い毒素が食品内に残ると食中毒が起こります。代表的な菌に、セレウス菌・黄色ブドウ球菌などがあります。

毒素型

食中毒は食べてから何時間で発症するの?

「感染型」の場合は、菌の種類により、数時間~1週間程度と、潜伏期間にかなり差があります。

※表を右にスライドしてください

菌の種類 特 徴 潜伏期間
ウェルシュ菌 作り置きカレー等の加熱不足で感染。 6〜18時間
腸炎ビブリオ菌 主に刺身などの魚介類から感染。 10〜20時間
カンピロバクター菌 鶏肉の生食や加熱不足で感染。 1〜7日間
腸管出血性大腸菌
(O157など)
出血をともなう下痢があり、時に重症化による死亡例がある。 3〜9日間

「毒素型」の場合は、体内で菌が増殖していく「感染型」よりも早く発症する傾向があります。

※表を右にスライドしてください

菌の種類 特 徴 潜伏期間
セレウス菌 パスタ類、食肉を使ったスープ類などから感染。 30分〜6時間
黄色ブドウ球菌 作り置きのおにぎりやサンドイッチ、弁当が発生源になることが多い。 2〜4時間
ボツリヌス菌 食肉・魚肉・発酵食品の他、缶詰やレトルト食品から感染することも多い。 4〜36時間

ご家庭で食中毒を出さないために

細菌性食中毒は、原因菌の増殖を防ぐ心がけ次第で、予防が可能です。食中毒菌はあらゆる場所に存在するため、ご家庭では、手洗いの徹底、食品の適切な管理と十分な加熱、リスクのある生食は避ける等を十分心がけて、食中毒を予防しましょう。

この記事を読んだ方におススメ

認知症について

ご家族や身近な方で、物忘れが目立って変だなと感じることはありませんか?も…

2018.8.26  健康と美容

ハリツヤ髪を目指す!
秋のうるおい…

秋は抜け毛やパサつきなどのトラブルに見舞われやすい季節です。秋こそしっか…

2017.8.26  おススメ商品

夏に食べたい ひんやり冷たいレシピ 小え…

今回のテーマは「夏に食べたいひんやり冷たいレシピ」!いつものサラダもゼラ…

2017.6.26  健康と美容

夏バテ対策レシピ(滋養強壮)
緑黄…

夏は屋内と屋外の温度変化に体が対応できなかったり、冷たいものを摂り過ぎて…

2018.6.26  健康と美容

毎日の洗顔を見直そう
正しい洗顔で…

ニキビを治すために欠かせないのが正しい洗顔。正しい方法で洗顔をしてニキビ…

2018.7.26  おススメ商品

Ranking

女性の健康について
女性ホルモンとPM…

生理前になると、イライラ・肌荒れ・便秘など、心や体に不調があらわれません…

2017.2.26  おススメ商品

ストレスと胃痛について

通常、消化に必要な「胃酸」と、胃粘膜を守る「胃粘液」の分泌量はバランスよ…

2018.3.26  健康と美容

蓄膿ちくのう<…

「風邪が長引いているのか、鼻づまりがなかなか治らない」、「睡眠時に鼻がつ…

2018.2.26  健康と美容

暑くて元気が出ない方必見!
運動と食事…

暑い日が続くと、体がだるくなったり食欲がなくなったり、疲れが取れない日々…

2017.7.26  おススメ商品

水虫について

水虫は白癬菌はくせんきんというカビの一種が、皮膚の角質層に寄生することに…

2018.5.26  健康と美容

Category

Keyword Search

Service

LINE@
公式アプリ