自己流は肌トラブルのもと!?
日焼け止めの選び方・使い方

日焼け止めを正しく使用して、日焼け知らずの白肌を目指しましょう。

紫外線対策関連商品については、DRUGユタカの従業員へご相談下さい。

とりあえずSPFとPAが高ければよいと思っていませんか?

SPF50+やPA++++などの日焼け止めは、紫外線防止効果が高いですが、日焼け止めに配合されている「紫外線吸収剤」は、肌の上で化学反応を起こして、紫外線をブロックしているため、紫外線防止効果が高いほど、肌に与えるダメージも高くなってしまいます。

NG

SPFとPA、どうやって使い分けたらいいの?

生活シーンに合わせて使い分けることが大切です。通勤や家事など、日常生活で使う日焼け止めなら、SPF10~20の日焼け止めでも十分に紫外線防止効果があります。逆に、海やプールでのアウトドアを楽しむときにはSPF50以上のものがおススメです。

生活シーンに合わせたSPF・PAの選び方

SPF

SPFは、肌が赤くなる日焼けの原因となるUV-B(紫外線B波)を防ぐ指標として使われます。

PA

PAは、肌のシミ・しわ・たるみの原因となるUV-A(紫外線A波)を防ぐ指標として使われます。

去年の日焼け止めを使っていませんか?

日焼け止めの保管方法によっては、雑菌が繁殖したり酸化してしまう場合があり、肌トラブルの原因になります。開封済みの日焼け止めは、ワンシーズンで使い切り、未開封のものでも3年以内に使い切りましょう。

NG
OK

余った日焼け止めの使い道

ワンシーズンで使い切れなかった日焼け止めや、肌に合わない日焼け止めは、シルバー磨きに再利用できます。柔らかい布に日焼け止めを染み込ませて、黒ずんだシルバーアクセサリーなどを拭くと、ピカピカになりますよ。

朝塗った日焼け止めの効果が、1日中続くと思っていませんか?

日焼け止めは汗や皮脂などで落ちてしまうため、2~3時間おきに塗り直すとよいといわれています。メイクをしていて日焼け止めを塗り直すのが難しいときは、顔の皮脂を軽くティッシュで押さえてから、パウダータイプやスプレータイプの日焼け止めを重ねる方法がおススメです。

NG
OK

乾燥した肌に日焼け止めを塗っていませんか?

日焼け止めは紫外線から肌を守る反面、肌に刺激も与えます。乾燥した肌に直接日焼け止めを塗ると、かゆみや赤み、乾燥の原因になる可能性があるため、必ず保湿をしてから日焼け止めを塗りましょう。

NG
OK

体に塗った日焼け止めの落とし方

肌に残った日焼け止めは、肌トラブルの原因になることがあります。体に塗った日焼け止めも顔と同じように、まずクレンジングで落としてから、ボディソープ等で洗いましょう。「顔用のクレンジングを、体に使うのはもったいない」という方には、体用に手頃な価格のクレンジングを1本用意するとよいでしょう。

この記事を読んだ方におススメ

動画でレッスン!夏のメイク術

2018.7.1  健康と美容

代謝を高めよう

加齢によって基礎代謝が低下すると、太りやすくなるだけでなく、エネルギー効…

2018.4.22  健康と美容

秋バテについて

秋といえば「食欲の秋」「スポーツの秋」「読書の秋」など楽しいことが目白押…

2016.9.26  健康と美容

皮膚掻痒そうよう

皮膚に赤みや湿疹などの症状はみられないのに、かゆみだけが起きる皮膚の病気…

2017.1.26  健康と美容

肩こり・腰痛改善に!
タオル1本で…

慢性的な肩こり・腰痛の原因のひとつは、筋肉が凝り固まって血行が悪くなるこ…

2017.1.26  おススメ商品

Ranking

女性の健康について
女性ホルモンとPM…

生理前になると、イライラ・肌荒れ・便秘など、心や体に不調があらわれません…

2017.2.26  おススメ商品

ストレスと胃痛について

通常、消化に必要な「胃酸」と、胃粘膜を守る「胃粘液」の分泌量はバランスよ…

2018.3.26  健康と美容

蓄膿ちくのう<…

「風邪が長引いているのか、鼻づまりがなかなか治らない」、「睡眠時に鼻がつ…

2018.2.26  健康と美容

ぎっくり腰とは?その正式名称は?

ぎっくり腰の正式名称は急性腰痛症といいますが、その名のとおり、いきなり腰…

2017.9.26  健康と美容

水虫について

水虫は白癬菌はくせんきんというカビの一種が、皮膚の角質層に寄生することに…

2018.5.26  健康と美容

Category

Keyword Search

Service

LINE@
公式アプリ